ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

アフィリエイトで「どうやったら稼げないか?」はわかる。けど、「どうしたら稼げるか?」が難しい件

 - アフィリエイト

   

nayami

アフィリエイトサイトを作っていると、最中で「あー、ちがうちがう。こんなんじゃ稼げるわけない」って思うことが多々あります。

論理的に考えたら、そういった「稼げない要素」を潰していって残ったもので作ったサイトが「稼げるサイト」なんだろうけど、「稼げない要素」をどれだけ潰しても「稼げるサイト」に繋がらないのはなぜなんだろう・・・。

そういうわけなので、稼げるサイトの作り方は教えてあげることができないけれど、
「こんなんやってたら絶対稼げないよ!」ってのはいくつかあげられるので、稼げないサイトをシコシコ作っている人は参考にしてみてください。

僕自信への戒め的な記事でもあります。

スポンサーリンク

アフィリエイトで絶対に稼げないサイト

絶対に稼げない、なんて書きましたが、キャッチ—にしようとしただけのことで、稼げる人はどんな条件でも稼げちゃうだろうことを最初に言い訳しておきます。

ゴールに向けたスタートを切れていない

アフィリエイトサイトにおいてのゴールは、当然広告主の広告を踏んでもらうこと、そしてその先の何かしらの契約にコンバージョンすることです。

本来はこの”ゴール”に向けてスタートを切ることで、ゴールまで駆け抜けることができるわけですよね。

こういうのはすごろくとかゲームとかと一緒です。
「なんか適当に進んでたらゴールしてたw」ってのじゃないハズ。

でも稼げていないサイトはスタートを先に考えてしまい、ゴールを見ていないのではないでしょうか。

たとえば「学資保険についてのサイトを作ろう!」というスタートから考えてしまい、
なんとか「学資保険 ○○」というロングテールキーワードで検索上位にくるように頑張る。

「アクセスが集まってきたし、そろそろアフィリエイトリンクでも貼るかー」つって「FPに相談する」というゴールを設定する。

でも「学資保険 ○○」というスタートから「FPに相談する」っていうゴールは遠いんじゃないかと思うわけです。

なぜなら「学資保険 ○○」で検索する人の悩みは「FPに相談する」では解決しないからです。
むしろ、その人の悩みの答えはそのサイトに書いてあることが多いというか。

もし「FPに相談する」というゴールが先に決まっていたのなら、サイトを作る際にも「保険見直し リスク」とか、もっと直接的に「FP オススメ」とかで上位表示されるように設計しなければいけないんじゃないか?ということです。

「別にこいつの話は聞きたくない」と思われる

ウェブにて検索をする人というのは、少なからず「答え」を探しています。

たとえば「ハゲ 理由」だったら、なぜ禿げるのか?の科学的な答えや生物学的な答え、そしてその解消方法が知りたいというわけです。

そんな時に、いったい誰の言葉だったら聞きたいと思うか?というのはとても大切ではないでしょうか。

たとえば、極端な例ですが、
「稼げるアフィリエイトサイトの作り方!(1円も稼いだことありませんがw)」
みたいなの。

誰が読むねん、と。

他にも「プロギタリストの僕がオススメする豊胸術ランキングベスト5」とか。
「ギタリスト関係ないじゃん!!」ってなります。

じゃあ誰の言葉なら聞いてみたい、信用できると思うのかというと、
その悩みに対しての専門家やマニア、あとは経験者の話に他ならないわけです。

先ほどの「ハゲ」の件で言えば、「AGAの専門医が教える”禿げる理由”と対処法」だったら読んでみたいですよね。
これが専門家。

「育毛剤を何十本も試した僕がオススメする、本当に効く育毛剤」も見てみたいです。
育毛ステイサムという素敵なアフィサイトがまさにこれ。要するにマニアの意見です。

そして「20年間ハゲに悩んだ僕の髪の毛がふっさふさに復活した方法」みたいな経験談。
もちろん全員に効く分けじゃないだろうけど、とりあえず読んでみたいかなって思います。

つまり、なんとなくでも信用できそうな相手である、ということが演出できなければ、話を聞いてもらえないし信用してもらえないというわけです。

利用者が得できない

アフィリエイトサイト作りの初心者のうちにやりがちなのが、”自分の利益最優先”になってしまうということ。

本来、利用者がそのサイトを訪れることによって得られる何かしらの利益があって、
その結果として報酬を得られるのがアフィリエイトサイトであるはず・・・ですよね。

たとえば前述のハゲの件で言えば、たいていは「AGAの原因は5αリダクターゼや!」っていう情報を与えて、ハゲの原因を知りたいユーザーに得させるわけですよ。
でもって、「それを抑制できるサプリがあるよ!」っていう情報を与えることで、利用者はさらに得することができて、納得してそのサプリを買ってくれたら広告主が得をして、結果あなたも得できる、という構図です。

いや、もっと単純に言えば
「ハゲてる人ー!ここにハゲが絶対に直る毛生え薬があるよー!」って教えてあげたら、ハゲてる人からしたら「マジでー!?」ってなるじゃないですか。

でももし、「これ飲んでも効くかどうかはわからないけど、やってみないとそれこそわかんないですし、とりあえず買ってみてください。そしたら僕にも報酬が入るんで嬉しいですw」みたいなのだったら「え、なんでおまえの得のためにおれが買わなきゃいけないのよ?」って思われますよね。

これもまぁ、極端な例だけど、あくまで利用者が得できなければ、稼げるサイトになんてならないんじゃないかというわけです。
※得、にもいろいろあると思うので、そこを追及するのが難しいんだと思いますが。

おわりに

とまぁ、こんな感じで「こんなん稼げないだろうなぁ」というサイトの作り方はなんとなくわかるんです。

・・・が!
それをじゃあどうやって生かしていったらいいのか?
これらを排除したら何が残るのか?になかなか目が行かなくて困ってます。いま。

まったく稼げてないわけじゃないんですけどね・・・。
なんか突き抜けられないというか。(強がり)

もし稼げなくて悩んでいる人の何かしらのヒントになれば幸いです。

追記

あと思い出したんですが、

「年収3,000万円以上の人必見の、超稼げる投資方法」みたいなヤツもたいていの人は見向きもしないですよね。

なんていうか、「自分事じゃない」というか。
もっと庶民的でないと、アフィリエイトサイトっていうのはダメなんじゃないかと思ってます。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です