ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

無料でネットショップが作れるBASEを辞めた理由

 - ネットショップ

      2016/01/21

BASEというツールを使って無料でネットショップを作ってみましたが、
売上が立つ前に閉店させました。

以下、その理由と他に使ったサービスについて書いていきます。

スポンサーリンク

BASEを辞めた理由

ネットショップをやる以上は、売れなければ意味がないです。
これはリアル店舗でも同じです。
売れないお店なんて必要ない。

もし、「お店を作った」という事に満足したいのであればBASEいいです。
超オススメ。オシャレだし。

あとは商品点数が極端に少ない人。2点とか3点とか。

そういう方にはオススメです。
BASE公式サイト

でも、売りたかったらちょっと違うかな、というのが本音です。
以下理由。

検索機能がない

ページ内で商品を検索する機能がありません。
顧客が買い物をすることを想定した時に、
パッと見で見つからなければ検索ボックスを使うことは想像できます。

BASEは検索機能が見当たりません。
(もしかしたらあるのかもだけど、僕には見つけられなかった)

下手したら、サイトにたどり着いてくれたユーザーをそのまま帰してしまい兼ねません。

※商品点数が極端に少なければ検索する必要がないので要らない。

また、ブラウザの検索機能を使おうと思いましたが、
ページ下部の読み込みがスクロールして順次行われるので、
ページ最下部にある商品をトップ画面から検索すると「一致なし」ってなっちゃう。

HTML編集にお金がかかる

使い勝手が悪いレイアウトしかないのにも関わらず、
HTMLの編集には900円/月がかかります。
全然無料でネットショップじゃないです。

たとえば、検索機能のないBASEで商品を効率的に売りたい場合、
カテゴリー表示機能に頼るしかないわけです。

が、カテゴリー表示部分は「CATEGORY」って書いてあるんです。
でも日本人を相手に売るんだから「カテゴリー」の方が見やすいですよね。

それを編集しようと思ったら、900円/月です。
費用対効果が悪すぎる。

さらに編集できるHTMLも通常ホームページを作る時に触るような物じゃないし、
画面上のエディタでいじるぐらいしか出来ないので使い勝手が悪すぎます。

※高度なことも出来るらしいけど、その勉強をする時間がもったいないです。
僕の目的は「売る」ことであって「綺麗なショップを作る」ことではないから。

とりあえず開店する状態に持っていくまで時間がかかり過ぎる

商品を登録するだけなら、そこまで時間がかかりませんが、
ちゃんと顧客が信用して買っていってくれるサイトに仕上げようと思ったら
時間がかかり過ぎます。

何度も言いますが、僕の目的は売ることなので、
売ることに早く結びつかないのは時間の無駄。

いちいち「カテゴリー設定アプリを入れてー」「アクセス解析アプリを入れてー」って、
やってらんないです。

問い合わせに対する回答が遅すぎる

僕が問い合わせた、基本仕様に関するメールの返事が1週間以上返ってこないのには驚きを隠せません。

緊急で問い合わせたいことじゃないし、気長に待ってますが、
もしこれが緊急事態だったとしたらアウトです。

サポート体制がしっかりしていないんだと容易に想像できます。

自動返信メールや、自動の「ショップが完成しましたね!」みたいなメールはバンバン来てウザいです。

※2016/1/16追記:

後日電話で問い合わせたら、サポートメールは送ってくれていたらしいです。
同じメールアドレスからの他のメールは届いていたのに、なぜかサポートの返信メールだけが3通全て届いていませんでした。
こちらの記事に詳細を書いてます。
BASEのHTML編集Appsを30日間のお試し期間中にキャンセルする方法

管理画面UIが長期間使用に向いてない

長期間使用していけば、それなりに商品点数も増えていくと思います。
が、商品点数が増えれば増えるほど、ショップページが見づらくなるだけでなく、
管理画面も使いづらくなります。

どういうことかと言えば、
商品一覧ページに全商品が表示されてしまうなどを想像して貰えればわかりやすいかと思います。

これも商品点数が少なければ問題ないんですが、
ショップで生計を立てていこうと思うには不十分すぎます。

顧客とのやりとりがダイレクトじゃない

これは一見メリットのように感じますが、
機能が整備されていないせいでデメリットになっていると感じました。

例えば、顧客は特にログインして買う・マイページがある、などではない為、
オーダー後のキャンセルを画面上から行うなどが出来ません。

※たしか、キャンセルの場合は一度購入してもらって、返金とかだった気がする

じゃあその時の購入にかかる手数料はどうなるの?ってとこはかなり疑問。
おそらく問い合わせてもメールの返事は来ない。

どの決済にせよ手数料がかかる

他の「無料でネットショップ」系のサービスは、
クレジットカード決済以外はお金がかからないのが普通です。

だからこそ「無料で~」を謳えるわけで。

もちろんクレカ決済がなければほとんど売れないとは思いますけどね。
BASEは銀行振り込みだろうとコンビニ払いだろうと手数料がかかります。

振込やコンビニ払いの場合は、購入者も手数料を支払わなければなりません。

テストができない

BASEでショップを作ったときに、
購入時にどんなメールが来るのか?とか
カートに入れたらどんな感じなの?とか、そういうテストが出来ません。

店舗を「開店」状態にして、
テストユーザーとして自分が実際に購入手続きを踏まなければ確認できないんです。

言ってしまえばぶっつけ本番。
初めて使ったツールで、いきなり本番で物を売るのはなかなか勇気がいります。

プレビューが観れない

普通はネットショップの見栄えなんかを確認しながら作っていきたいですから、
プレビュー表示があって然るべきだと思うんですが、ありません。

デザイン編集からデザイン中の画面で確認するしかないです。
商品登録をして、デザイン編集を見て・・・みたいなのを繰り返すことになります。超ストレス。

総括

つまり、まとめると、

  • 顧客目線のショップが出来ない
  • ショップ運営以外の部分の手間がかかり過ぎる
  • サポートがやばそう

こんな感じです。
遊び感覚でしかやれないと思いました。

おわりに

ちなみに、こちらの記事ではShopstarというサービスと比較しました。
無料でネットショップが作れるサービスの比較|BASEとShopStarを比べてみた。

ShopStarは検索ボックスがあるなど、若干ユーザー目線寄りです。
メールの返信も割と早かったです。

ただ、商品登録件数が30点を超えると有料になってきますし、
クレカ決済の率も若干高いです。

安価なもので、商品点数少な目でやれるお店なら、ShopStarもオススメです。

Shopstarはこちらから。
※2016/1/16追記:ShopStarは年内にサービスを停止するそうです。

その他、Amazonのネットショップサービスと、FC2のネットショップサービスを使ってみましたが、
どれも一長一短ですね。

僕はFC2が無料だと機能こそ制限されるものの一番使いやすかったです。
Amazonは配送料の指定がカス過ぎて使いづらいです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です