ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

ペアリング済みなのに接続できない。Bluetoothキーボードでやったことまとめ。(Windows10)

 - スマホ・タブレット・ガジェット , , , ,

      2016/07/28

DSC_0121

普段の作業環境(Windows10)でBluetoothキーボードを使っています。

先日、外出先でiPadとキーボードを使いたかったので、
iPad Air2にペアリングして、使いました。
とても便利。

で、家に帰ってWindows10にペアリングしなおしたら、
「ペアリング済み」表示から接続状態にならないという現象が起きました。

なんどペアリングしなおしてもダメだったんですが、
色々やっているうちになぜか繋がりました。

僕がやったことを備忘録的に書いておきます。

スポンサーリンク

ペアリング済みから接続状態にならない時にやったこと

まずは現状を冷静に把握する事だと思い、
色々と試してみました。

僕の場合はパスコードの入力は出来て、
「ペアリング済み」にもなるので、
キーボード自体が壊れているとか、
電波が影響しているなどではなかったと思います。

どれが効くかはわからないので、片っ端からやってみる事をオススメします。

PC側のBluetoothオンオフ

btonoff

[スタート]→[設定]→[デバイス]からBluetoothの設定を開き、
一番上の項目、「Bluetooth」をオフにします。

その瞬間、今まで使えていたBluetoothマウスも使えなくなり
一瞬焦りましたw

これで1分くらい待って、再度オンにしてみるというもの。

マウスの方は「ペアリング済み」→「接続済み」とすぐになったものの、
キーボードの方はダメでした。

この時点で、「2.4GHz帯の電波が干渉してしまって使えない」
というわけではないのかなと判断できました。

キーボード側の電源オンオフ

キーボード側に不良があるのでは?と思い、
キーボードの電源をいったん落とし、
1分後ぐらいに再起動してみましたが、ダメでした。

さらにその状態から再度ペアリングしてもダメ。

Wi-Fiを切ってから接続

2.4GHz帯の干渉じゃないと判断したくせに、
なんだか弱気になってこれもチェックしてみました。

※Bluetoothも2.4GHzの無線通信なので、Wi-Fiが同じ帯域を使っている場合、
影響を受けてしまうことがあるそうです。

が、これもダメでした。

新しい電池に交換

買った当初、電池が不足してきていた時に
キーボードの挙動がおかしくなっていたのを思い出したので、
電池を新しいものに交換しました。

フル充電の電池でもダメでした。

先に接続されているBluetooth機器のデバイス削除

なんかドライバーの登録順が間違っていたりするのか?
とか勝手に考えて、マウスの方のデバイス削除をしてみました。

マウスのデバイス削除
→キーボードのデバイス削除
→キーボードのペアリング
→マウスのペアリング

の順番でやってみましたが、
どちらもペアリングは出来、
マウスのみ「接続済み」に。

Bluetoothドライバーの再インストール

これはもしやPC側のBluetoothドライバーが悪さしてんじゃないかと思い、
ドライバーの再インストールを試みました。

devicemng

[コントロールパネル]→[デバイスマネージャー]と開くと、
現在のPCとの接続状況を確認できます。

僕の場合はこの画像のFOXCONN-T77~というやつが
Bluetoothドライバだったみたいです。

検索するとWIDCOMMというドライバーを入れればいいみたいだったので、

http://ja.broadcom.com/support/bluetooth/update.php

widcomm

このページから「WIDCOMM® Bluetooth Windows® Software」をダウンロード。
ダウンロードしたファイルを展開して、再インストール。

ダメでした。

iPad Air2側のBluetooth設定から当該機器を削除

そこで僕が思ったのは

「待てよ・・・さてはPCとペアリングしたくせにiPad Air2に浮気してんじゃないの!?」

という事でしたw

で、とりあえずiPad Air2のBluetoothをオフ。
当然のようにダメだったので、

[設定]→[Bluetooth]から当該の機器の設定情報を削除しました。

もちろんダメでした。

Windows10を復元

もうこうなったら、正直やりたくなかったけど、
使えていた時の状態までWindowsを戻してしまおうと思いました。

この日の朝までは使えていたわけですから。

[コントロールパネル]→[セキュリティとメンテナンス]→[回復]から「システムの復元を開く」を選択。

システムの復元を実行しても、ドキュメントや画像、その他の個人データには影響はありません。最近インストールしたプログラムとドライバーは、アンインストールされる可能性があります。

願ったり叶ったりじゃないですか。
消されちゃ困るファイルもあるわけですよ。

というわけで、ここまで見たので安心して
復元ポイントを選択して復元しました。

かなり時間がかかりましたが、ダメでした。

デバイスとプリンターから設定

ペアリングの設定を「デバイスとプリンター」からやってみてはどうかと思いました。
(普段は[スタート]→[設定]→[Bluetooth]からペアリングしています)

tuika

[コントロールパネル]→[デバイスとプリンター]から上記のような画面が表示されるので、
「デバイスの追加」をクリック。

追加できそうなデバイスを探し始めるので、
キーボードをペアリング待機状態に。

そこからペアリングしてみましたが、やっぱりダメでした。

※ちなみにこのとき、「デバイスとプリンター」がやけに重くて開きませんでした。
で、タスクマネージャー(タスクバーを右クリック→メニューから「タスクマネージャー」)を開き、
「プロセス」から「デバイスとプリンター」を探し、「タスクの終了」で強制終了させたら・・・

Windowsのエクスプローラーが終了してしまい、再起動を余儀なくされました。

Bluetooth Support Serviceというサービスの関係で遅くなっているという方もいましたが、
僕は数分~十数分待ち続けたら表示されました。

【参考】Windows 7 を利用しています。「デバイスとプリンター」を開くと上に緑のバーが表示され進んでいくのですが、いつまでたっても内容が表示されません。 | Microsoft コミュニティ

キーボード、マウス、その他用のドライバー(HID)にチェック

デバイスとプリンターを開いたので、
ついでだから当該機器のプロパティを見てみました。

btproperty

この「サービス」タブにある「Bluetooth サービス」の
「キーボード、マウス、その他用のドライバー(HID)」に
チェックが入っている状態が正しいのですが、その時は外れていました。

なので、チェックを入れて「適用」。

そうすると若干Bluetoothまわりがザワついて、
キーボードのペアリングが再度始まったりしたんですが、
結局ダメ。

サポートに丸投げ

ここまでやって全然ダメだったので、
メーカーHPからお客様サポートへ丸投げしてみました。

ただ、回答まで4営業日かかるとのこと。
(ちなみにBuffalo製品です)

当日が土曜日だったから、土、日、月、火、水、木・・・かな。
もう諦めて新しいキーボードを買ってみようかなと思いました。

最終的に使えるようになったんだけど、原因わからず

結局ここまで試して全部ダメでした。

「使えねー記事」

って思ったかもしれません。
本当に申し訳ないです。

でも僕も結局原因がわからず、
最後にやったのが

「もう一度iOSと接続して、本当にキーボード側の故障じゃないのか確かめよう」

と、iPad Air2とペアリングしてみることでした。

プロじゃないから原因の特定に至らないまでも、
現状の把握はしておこう・・・そんな気持ちだったんだと思います。

このときの状態は、iPad Air2には当該機器のBluetoothペアリング情報は無し。
Windows10側もペアリング情報無し。

iPad Air2にペアリングすると、やっぱり使えました。

で、その状態でiPad Air2のBluetoothをオフにせず、
キーボード本体をペアリング待機状態にし、
Windows10側でペアリング。

パスコードを入力したら、なんなく動きました。
ここまでかかった時間5時間・・・。
なんだったんだ・・・。

おわりに

結局どれが原因だったのか、
どれが決め手だったのかはわからないまま動くようになりました。

なので、もし同じような状態になった方は、
これらのことをあれこれを試してみる事で、
うまく原因にマッチしたら使えるようになるのかもしれません。

一応ほかにやれそうな事として、

などもありましたが、僕には敷居が高く手を出せませんでした。

ちなみに、接続できなかった時は
[デバイスとプリンター]から当該機器のプロパティを見た時、
「ハードウェア」タグの「デバイスの機能」というボックスには
何も表示されていないか、当該機器のみ表示だったのですが、

check1

 
接続がうまくいったらこんな感じに、色々表示されていました。(画像左)

  • Bluetooth HID デバイス
  • HIDキーボードデバイス
  • HID準拠コンシューマー制御デバイス
  • HID準拠システムコントローラー
  • デバイス識別サービス

これらです。
このあたりからも原因が探れそうですね・・・。

さらにこの[デバイスの機能]から当該機器のプロパティを見ると
「イベント」タブに

ドライバー管理により、デバイス インスタンス ID BTHENUMDEV_0CFC8510031C7&26109F70&0&BLUETOOTHDEVICE_0CFC8510031C 用のドライバー bth.inf_x86_3dc4a51bb42e1645th.inf をインストールするプロセスを次の状態で終了しました: 0x0。

こんな感じのが表示されていました。
0x0ってエラーは致命的だのなんだのって話もありましたが、
正常に動いている状態でも、最新のインストールプロセスはこれだったので、関係なさそうです。

あとはデバイスマネージャーに表示されている項目も

devicemng

下の3つがありませんでした。(これは正常な状態)

誰かのお役に立てれば幸いです。

ちなみに、当該のBluetoothキーボードはこちらです。

BSKBB22というシリーズのブラックを使っています。
一か月ちょっと使用していますが、今日までは全く問題なく使えていました。

もともとはiPad Air2用に買ったんですが、
やっぱり物理キーボードがあるのとないのだと全然違いますね。

2,000円未満でこの使い勝手なら買いですよ。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Comment

  1. たかのつめ より:

    こんにちは
    僕も繋がらなくて、方法を探していてこちらにたどり着きました。
    僕の場合は、タスク バーのアクション センター(吹き出しマーク)を開き、接続を選び、ペアリング済みのデバイスの中から使いたいモノを選ぶと繋がりました。

    ご参考までに。

    • kaketayo より:

      たかのつめさん

      えっ、そんな簡単に!?w

      Bluetooth周りはブラックボックスで、同じようにやっても再現しない事が多い気がするので、いろんな方法を試すのがいいのかもしれませんね。
      情報ありがとうございます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です