ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

サーフボードがカリフォルニアっぽい、CUSTOM ’62 CHEVY(2015年Qアソート CFL86)

 - Hot Wheels ,

   

62chevy1

2015年QアソートのCUSTOM ’62 CHEVY (GREEN)です。
SurfPatrolシリーズの7/10、イエローカラー(CFK29)と同じTOYナンバーの車種です。

スポンサーリンク

CUSTOM ’62 CHEVY (GREEN) ファーストインプレッション

62chevy4

まず、色味は「GREEN」と書いていますが、
実際は「Dark Turquoise(ダークターコイズ)」カラーです。

ブルーグリーンって感じ。

ルーフトップが白で塗られています。

この車種の特徴は、荷台がクロームで出来ていることと、
取り外し可能なサーフボードが付いていること。

2008年から愛されてきたモデルで、
年代によってはサーフボードがついていないものもあります。

サイドには「Hot Wheels CUSTOMS」とペイントされていて、
なんとなく全体的に海辺を連想させます。

62chevy2

顔の塗り分けは相変わらずと言ったところですが、
グリルの造形が意外としっかりしてそうなので、スミイレ次第では化けそうな感じです。

62chevy3

おしりにはしっかりとシェビーのロゴが浮き出ています。
なにこれカッコいい。

実車はどうなってるんだろう?と思って、「62 chevy pickup」で検索してみましたが、
当時の車種はここにロゴではなく、大きく「CHEVROLET」とペイントしてあるものばかりでした。

何と言っても後ろからみてもサーフボードが際立ちますね~。
このあたり、カリフォルニアデザインって感じです。

サーフボードを積んだモデルは他にもありますが、
2015年の同じSurf Patrolシリ-ズのSURF CRATEの場合は取り外しができません。

62chevy5インテリアパーツと一体化されてます。

ホットウィール本来の遊び方を考えると、
こういう小さい部品がレースに差し支えるんじゃないか!?と思います。

てことは、CUSTOM ’62 CHEVYは完全に大人向けのウィールなんだなと予想できますね。

’62 CHEVYについて

62年式のCHEVYと言えば、C/Kシリーズの初代モデル(’60~)のことです。
そういわれたらWikipediaに載っていた初代C/Kがまさにこいつと同じ顔していました。

これがのちにシルバラードなんかに変わっていくんだと思うと胸熱です。
無骨なデザインがたまらない、’83 CHEVY® SILVERADO™

全体的に丸みを帯びたように感じるデザインも60年代を思わせます。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です