ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ドキュメンタルに出演している芸人さんの先輩後輩関係まとめとエピソード2の感想

 - バラエティ・テレビ , ,

      2017/08/09

Amazon限定コンテンツ、松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」のエピソード2が公開されました!

やばいですね~・・・途中膠着状態に入った部分もありましたが、僕もダイノジ大地さんばりにほぼずっとニヤニヤしながら見ちゃいましたw

そこでふと気になったのが、芸人さん同士の先輩後輩関係です。

野生爆弾くっきーがとろサーモン久保田さんに強く当たってるのとか、東京ダイナマイトの二郎ちゃんが「お前〇〇するか?」みたいに誰かに言っていたのとかを見て、誰が先輩で誰が後輩なのかをハッキリさせたうえで観たいなと思いました。

というわけで先輩後輩関係についてのまとめと、エピソード2の感想です。

スポンサーリンク

ドキュメンタルに出ている芸人さんの先輩後輩関係

ドキュメンタルに出演している芸人さんは以下10名。

  • ジミー大西
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 宮川大輔
  • くっきー(野生爆弾)
  • 大地洋輔(ダイノジ)
  • ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
  • 久保田和靖(とろサーモン)
  • 斎藤司(トレンディエンジェル)
  • 川原克己(天竺鼠)
  • アントニー(マテンロウ)

芸歴としては、この名前順で考えて問題なさそうです。

名前 誕生日 年齢 活動時期
ジミー大西 1964.1.1 52歳 1982-
藤本敏史(FUJIWARA) 1970.12.18 45歳 1989- NSC8期生
宮川大輔 1972.9.16 44歳 1990- NSC9期生
くっきー(野生爆弾) 1976.3.12 40歳 1994- NSC13期生
大地洋輔(ダイノジ) 1972.7.13 44歳 1994-
ハチミツ二郎(東京ダイナマイト) 1974.11.20 42歳 1996- NSC東京1期生
久保田和靖(とろサーモン) 1979.9.29 37歳 2003- NSC22期生
斎藤司(トレンディエンジェル) 1979.2.15 37歳 2004- NSC東京10期生
川原克己(天竺鼠) 1980.1.21 36歳 2003- NSC26期生
アントニー(マテンロウ) 1990.2.9 26歳 2009- NSC東京15期生

こう思うと、二郎ちゃんが「大地くん!」とか言ってたのはなんか違和感がありますねw

また、アントニーさんが相当若くしての参戦であることもわかります。
一番先輩のジミーちゃんと比べたら親子ぐらいの差があるんですね・・・。

ちなみにエピソード1で語られてましたが、ジミーちゃんが松ちゃん(NSC1期生)の数か月先輩だそうです。
また、NSC東京1期は大阪15期と同期みたいです。

東京と大阪、年齢差、吉本に所属した時期などなどから先輩後輩関係が微妙になっている方もいるでしょうね~。

エピソード2の感想(ネタバレあり)

さて、ではここからエピソード2を観た感想です。

内容を知ったところで面白さは変わらないと思いますが、若干のネタバレがあるので知りたくない方はご注意を。

・・・。

・・。

・。

では感想を書いていきます。

エピソード2ではついに脱落者が出てしまいましたね。
開始一時間ぐらいまでは松ちゃんもイエローカードをちょいちょい出してゆるい審査でしたが、ついにジミーちゃんが飲んでいた水を吹き出して笑ってしまい退場となりました。

いやー、第三者から見ると「え!?こんなので笑っちゃうの!?」というようなシーンでも、本人たちは何らかのツボにハマっちゃって抜け出せなくなるような事があるんですねw

これで借金してまでかき集めた100万が飛んだんだと思うと、芸人さんの世界ってすごいなと思います。

そして二人目は狙い撃ちされて沈んだ大地さん。
あれは可哀想だったw

集団リンチ、フルボッコを耐えたあとでスナイパーに撃ち抜かれた感じでした。

次の脱落者は?

笑いのデスゲーム、残りのメンバーは8人です。
次に脱落するのは誰でしょうね~。

斎藤さんかくーちゃんかなぁ・・・。
やっぱりこれ、ゲラな人がきついですよね。

この50分だけでめちゃくちゃ笑ってしまった僕は絶対参加できないですw

斎藤さんはあんまり笑うイメージなかったんですが、結構しょーもないところでハマっちゃいそうというか・・・自分で仕掛けて自爆しそうな感じもありますね。

逆に笑わなさそうなのは・・・川原さんとアントニーさんですかね。
二郎ちゃんも笑わないかなと思ってたけど、エピソード2で普通に笑っちゃってたしw

フジモンとか大輔さんは勝手に自滅しそうな感じだよなぁ・・・。

ただ、「一番笑わなかった」というだけで「一番面白い」ということにはならないと思うので、今後残ったメンバーがどう仕掛けて笑わせていくのかが気になりますね!

おわりに

というわけで、エピソード3が早くも気になる内容のエピソード2でした!
先輩後輩関係がわかると、より楽しめるようになると思います。

ちなみに、当初「全員ほぼわろてるで」と松ちゃんの指摘を受けていただけに、「これ6時間も持たないで早く終わっちゃうんじゃないか」と懸念されましたが、なんだかんだイエローカード制度とかで長持ちさせてくれているので、もうちょっと楽しめそうですw

気になる続きですが、このペースだとエピソード3は12/13とか14とか、それぐらの日になるのかな??
今から楽しみですね!

 

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です