ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

さようなら、AppleMusic。むちゃくちゃ良かった。

 - デジタル・IT

   

僕のAppleMusicの試用期間が先日終わりました。

結論から言うと、むちゃくちゃ良かった。

じゃあなんでさようならなのかと言うと、
僕にとっては月980円が高いからに他ならなかった。。。

それでも音楽聴き放題のサービスはすごく魅力的です。
そんな話です。

スポンサーリンク

さよならは突然に

applemusic

昨日まで「For You」なんて言って、
僕の気持ちいいところをついてきてくれてたAppleMusic。

試用期間が過ぎてしまった今日会いに行ったら
「どちらさま?」とでも言うかのように

applemusic2

「AppleMusicとは・・・」みたいな画面になってました。

まぁ突然に、と言っても
事前に「自動で継続はしません」っていう設定にしていたんですけどね。

良かったところ

やっぱり何といってもFor Youですね。

詳しいアルゴリズムは知らないですけど、
「今日はなんとなく聴いたことないのが聴きたいなぁ」
と思って起動すると、

なんとなく気になってたけど聴いた事なかったアーティスト

なんかがスッとあがってきているわけですよ。
あとは、「昔聴いたけど、イマイチぴんと来てなくて、もう一回聴きたいと思ってた」みたいなのとか。

僕個人の話で恐縮ですが、
ZEPの「天国への階段」と、9mmの「ハートに火をつけて」、
あとはRHCPの全アルバムにRAGE AGAINST THE MACHINEあたりは
すごく嬉しかった。

あ、あと朋ちゃんの「ROSIER」が聴けたのも良かったw

良くなかったところ

絶妙なラインナップです。

例えば、The Yellow Monkeyと吉井一哉がないのに、
URGH POLICEがあるとか、
布袋さんはあるけど、吉川晃司はないとか。
橘高文彦はあるけど、筋肉少女帯はないとか。

そういうところが絶妙すぎましたw

あとは、インターフェイスがわかりづらかった。
直感的じゃないというか。

アルバム画像をクリックしたら、アルバムの情報が見たいのに、
アルバムの曲が再生されちゃうとか、そういうの。

総合的に、僕はあり。

「さようなら」とか言っておきながら何を言ってるんだとお思いでしょうが、
総合的に見て、僕はAppleMusicはありだなーと思いました。

月980円、夫婦なら一人740円。
6人家族なら250円弱です。

これで家にいる間も有線放送が流れているような感じですし、
My Musicにダウンロードしてオフラインで使えるなら
普通のミュージックプレイヤーを年間12,000円弱で買っている感じ。
しかも音楽聴き放題。

じゃあなんでさようならなのかというと、
僕自身があまり外出しないからなんですね。

外出しないと、音楽聴く機会があんまりないというか、
実際今回のAppleMusicも上記の曲を聴く時に起動したぐらいで
毎日つけっぱって事もなかった。

だから、状況次第では使っただろうという意味を込めての「あり」でした。

他の音楽聴き放題サービスを知らないので、比べてどうという事は言えませんが
素晴らしいサービスだと感じました。

おわりに

「MyMusicにまだ曲入ってんじゃん!」

と思って再生しようとしたら

applemusic3

そらぁそーや(by かりめろ)

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です