ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

ホットウィールは1:64なのか?極端なデフォルメとは

 - Hot Wheels

   

ホットウィールのメインレーン、公称スケールは1:64です。
これはトミカとかと同じスケール(のはず)。

正確には、「高速ホイールを履いた3インチスケールのミニカー」ということなので、
だいたい全長8センチぐらいで統一されています。

ホットウィールの解説なんかを見るとよく、

それまでのミニカーが造形や車内など、実車を忠実に再現している模型的要素が強かったのに対し、ホットウィールは玩具として見た目の『かっこよさ』を前提としたのが最大の特徴である。そのため車種のほとんどが派手な外板塗装やエアロパーツが装備されているほか、極端なデフォルメを行ったものもある。

(Wikipediaより)

と書かれています。

「極端なデフォルメ」ってどういうことだろう?って気になりませんか?
僕はこれが長らく理解できなかった。

むかしビートたけしがテレビで、「実際の車はミニカーに比べて縦長なんだよなァ」って言ってたけど、
そういうことなのかな?とか。

今回、いろいろと買ってみて「あ、こういうことか!」とわかったので紹介します。

スポンサーリンク

ホットウィールのスケール感の違い

あれこれ言うより、この写真を見て貰うのが一番だと思います。

hw_scale

左上がFORDのF-150というフルサイズピックアップトラックです。
これはなんとなく1:64っぽいイメージはありますよね。

問題はそのつぎ。

右に並ぶのはスクールバスです。
アメリカでよく見かける、あの黄色いやつ。

school_bus

これですねー。

これとピックアップが、タイヤのサイズから車体サイズまでがほとんど同じっていうw
もうこの時点でありえない感じです。
バスが極端にデフォルメされているわけですね。

そして次、下の段左のハーレーFAT BOY。

ハーレーと言えば大型バイクという事は誰でも思いつくと思いますが、
さすがにスクールバスよりデカいバイクはありえませんw

最後に、右下のKNIGHT DRAGGIN’というHWオリジナルデザインカーに乗っているフィギュア。
もしこれが左のハーレーに乗ろうもんなら、「足が届かない」どころの話じゃ済みません。

というわけで、スケール感にはかなりのバラ付きがあることがわかりました。

1:64スケールではなく3インチに合わせてるわけだから当然です。

そもそも基準のF-150は1:64なのか

FORDのFシリーズはだいたい全長が5,000~6,000mmなわけですから、
1:64で考えると、78~93mm。

’15 FORD F-150の長さが75mm程度だったのを考えると、
若干小さめですね。

って思うと、ピックアップトラックですらスケールは微妙ってとこで、
もしかしたらセダンとかに合わせてるのかな?

おわりに

というわけで、良く聞く「極端なデフォルメ」はこういうことだったのかも、という話でした。

そもそもが子供がレースする為のマシンなわけですから、
こだわるポイントは「本物かどうか」じゃないのは頷けます。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です