ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

Priori 3 LTEで炎天下ポケモンGOプレイ中にバッテリー温度超過のアラートが出た

 - FREETEL Priori 3 LTE

   

Priori 3 LTEを片手に、炎天下の中ポケモンを捕まえに行っていた時のこと。

なんか本体があついな~あついな~って思ってたら、
でたんですよ・・・。

priori3_kouon3

画面にこんなアラートが。

バッテリー温度超過

バッテリーの温度超過です。バッテリーの接続を外してください。

なにこれ、こんなの初めてみた。
こわいな~こわいな~・・

スポンサーリンク

 バッテリー温度超過が意味することと、対処法。

FREETELの公式サイトからPriori 3 LTEの「安全のしおり」をダウンロードして読んでみました。

すると、さっそくこんな注意が。

priori3_kouon2

まず、電池の方には

高温になる場所(火のそば、ストーブのそば、炎天下など)での使用や放置、保管をしないでください。破裂・発火・火災・発熱の原因となります。

と書かれていました。
そして本体の方にも

直射日光のあたる場所(自動車内など)、極端に高低温になる場所、湿気やほこりの多い場所に保管しないでください。発火・火災の原因となります。

と書かれていました。

モロでした。

この日は特に猛暑日という指定があったわけではないですが、
友人の車の外気は38℃を示していたそうです。

そんな炎天下にて、直射日光をモロに浴びながらポケモン探していたわけですから、そりゃ熱いわけです。

直ちに爆発するというような物でもないとは思いますが、
リチウム電池が破裂するという話はよく聞きます。

5℃~35℃で使う

安全のしおりには、さらにこんな記載がありました。

priori3_kouon1

極端な高温/低温/多湿はお避け下さい(温度5℃~35℃(ただし36℃~40℃であれば一時的な使用は可能です)湿度:35%~90%以下(結露なきこと)でご利用ください)。

5℃~35℃で使うことが推奨されていました。
この日の外気は33℃ぐらいだったとは思いますが、もしかしたら僕がポケモンに夢中になりすぎていたせいでPriori 3 LTEを握る手のまわりの温度が40℃をオーバーしていたのかもしれません。

ちなみに、真冬の北国とかでポケモンを探すのもアウトってことですね・・・。

なるべくすぐ外そう

僕はこの時、かなりゲームに熱中していたので、「スヌーズ」を押してちょっと様子をみようと思いました。

・・・が、すぐにまた同じアラートが出てくるので、鬱陶しくなって「解除」してしまいました。

でも、前述の通り、リチウム電池が破裂してからじゃ遅いですし、なるべくならすぐに電池を外して冷やすことをオススメします。

気になるのは、アラートのイラストが「電源から外せ」みたいな指示に見えること。

priori3_kouon3

うーん、これどういうことなんだろう・・・?って一瞬戸惑いましたが、
僕はそもそもこの時外にいて充電はしていませんでしたので、普通に裏蓋開けて電池パック外せって指示だと思います。

おわりに

こういうのって、あらかじめ余裕をもって設定されているものですから、
「アラートが出た!やばい、急いで外さないと!!」って焦る必要はないと思います。

だいたい食品の賞味期限みたいなものも、一週間ぐらい早めに設定されてるものです。

そもそもアラートってのは「そろそろやばいよ」って教えてくれているものなので、
「もうギリギリだよ!すぐやばいよ!!」ってのじゃー、遅いわけですね。

なので、冷静に対処(冷やす)すればOKかと。

ちなみに本体の温度があがるということは、CPUの温度も上がりますね。
一般的にPCではCPUの温度があがると処理性能が落ちる傾向にあったと思います。

そういやこのアラートが出てから、ポケモン捕獲時にアプリがホワイトアウト(フリーズ)するようになったなぁ・・・もしかしたら関係しているかもしれませんね。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です