ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

2歳児を連れてイクスピアリのレインフォレストカフェ!ゾウやゴリラに出会えるテーマレストラン

 - グルメ, 子育て日記

   

先日ふと思い立って、レインフォレストカフェに行く為だけにイクスピアリに行ってきました。

レインフォレストカフェは熱帯雨林のテーマレストランで、海外でも観光地になるような場所にチェーン展開しています。
日本ではこの舞浜イクスピアリにしかありません。

動物のオーディオアニマトロにクスに囲まれながら食事をするレストランなので、2歳になった息子も楽しめるかと思って連れて行きました。

スポンサーリンク

2歳児とレインフォレストカフェのレビュー

ちょうどいまはハロウィンシーズンなので、店内もハロウィン的な飾り付けがされていました。

rainforest-halloween3

入口からジャック・オ・ランタンが出迎えてくれています。

rainforest-halloween1

地面にもハロウィンを連想させる模様がプロジェクターで映し出されていました。

rainforest-halloween2

至る所にこうしたハロウィンの飾りが置いてあって楽しいですね~。
・・・って、この額縁のやつ、うちにもある!!w

店内は熱帯雨林!

レインフォレストカフェは前述のとおり熱帯雨林のテーマレストランなので、ハロウィンシーズンでなくとも店内は見ごたえがあります。
まずは一面に広がるジャングルや熱帯魚の水槽なんかが目に入りますね。

rainforest-halloween5

息子が着席するとランチョンマット代わりにアドベンチャーマップが目の前に置かれました。
これによると店内には少なくとも8つの動物が隠れているみたいですね~。

子供がいなかった頃は店内をウロチョロする子供を見て「おいおい店員は何も言わないのかよ」みたいに思ったこともありましたが・・・「店内を探検してみよう!」と書いてあるとおりお店側が推奨しているんですね。

そうだったのかー・・・

というわけで、息子を連れて探検してきましたw

rainforest-halloween6

僕らが座った席の目の前には象の親子がいました。
一定期間ごとに「パオオーッ!」と啼いて動き出します。

息子は食事をしながらこっちに釘付けでした。

rainforest-halloween8

ちょっと離れたところにはゴリ・・・猿?の親子も。
彼らも一定時間ごとにウッホウッホ言って動きます。これは結構怖いですね~。
息子も普通に怖がってました。

rainforest-halloween7

そして店内のどこからでも見える位置に目立つように立っている謎の石像。
これ、以前にラスベガスのレインフォレストカフェに行った時も同じのがいました。

なんか、えっ、ジャングルの自然っぽい感じに比べて急に人工的っぽさと神々しさとが相まってかなり不自然なんですが・・・w

でもあれかな。ドラえもん「のび太の大魔境」のバウワンコ的なあれかな。

店内ではこれぐらいしか見つけられませんでしたが、実は上のショップにも動物がいるので、この地図はショップとレストラン合わせて探検しよう的な意味かもしれません。

rainforest-halloween9

ショップにいるワニと、

rainforest-halloween10

トレーシーツリーです。

もれなく急に動いたりするので注意。

キッズメニュー

rainforest-halloween11

キッズメニューはどれも1,000円前後で5種類ありました。
また、ハロウィン期間だけ限定のハロウィンキッズプレートなるものも。

我が家ではフライドポテト大好きな息子のために、フライドポテトが乗っているチャティリオキッズピザをオーダー。

ピザはナンみたいなパンで出来ていて、最初からカットされているので食べやすかったです。
また、1切れ息子からもらいましたが、ふわっふわで美味しかったです。

rainforest-halloween12

サイズ的にはこんな感じ。
決してボリュームは大きくないけれど、うちの息子は小食なので食べきれませんでした。

ちなみにお代わり自由のソフトドリンクと、持ち帰れるオリジナルのプラカップ付きです。

大人ランチ

平日は大人向けにもお得なランチが用意されていました。
僕らは今回、直前で同じイクスピアリにあるメキシコ料理の店と迷ったほどテクスメクスに飢えていたので、ランチプレート1つとナチョスをシェアするという方式をとりました。

rainforest-halloween15

ランチプレートはこんな感じ。
ハンバーグが乗っているもの、ローストビーフが乗っているもの、その両方が乗っているものという3種類と、ステーキのプレートがありました。

でもこういう選択肢の時ってたいてい一番安いヤツ(ハンバーグのプレート)か、両方乗ってるヤツを選びがちです。
ぼくらも例に漏れず、両方乗ってるヤツ(リゾートプレート)をオーダー。

ハンバーグ、ローストビーフに、エビフライ、ウィンナー、トマトソーススパゲッティにチキンライス・・・って、昔ながらのお子様ランチみたいですね~。旗も立ってたしw

全体的に普通に美味しかったんですが、ハンバーグだけ微妙でしたね。
なんか肉の味も薄かったし、変な香辛料の味が強くて僕らの口には合いませんでした。

ハンバーグのプレートにしなくてよかった・・・。

rainforest-halloween16

ナチョスはこんな感じ。
トマト感の強いチリコンカンも、ハラペーニョもサルサもみんな美味しかったです。
テクスメクス食べたい!って時にはいいですね~。

あとはランチにもドリンクがつかないので、

rainforest-halloween13

やっぱこれでしょー。
まだまだ暑かったのでキリンフローズン生を頂きました。

そして妻は、

rainforest-halloween14

ジャングルカクテルをオーダーしていました。
これぞレインフォレストカフェと言った感じのドリンクですね~。

ちょっと価格が高め?

これでしめて6,000円ぐらい。
ランチにはアルコールを入れたとしてもちょっと価格が高いかなと思うかもしれません。

料理のボリュームもそこまでなければ、クオリティも高くはないですしね。
普通に(ハンバーグ以外は)美味しかったですけど。

でもこれ、結局はレインフォレストカフェというテーマパークを利用している代金・・・つまり入場料が上乗せされていると思ったらどうでしょう。

たとえば大人500円、子供300円という入場料に、それぞれ1,380円のプレートと680円のキッズプレートをオーダーしたんだと思えば、そこまで高くないというか立地を考えても妥当かなと思えてきます。

それこそディズニーランドのジャングルクルーズだって昔はチケット買って乗ってたわけだしね!
それと似たようなものかなー。

入場にお金がかからないため、利用者はどうしても料理の価格とクオリティやボリュームで判断してしまいそうなところが残念な部分ではありますね。

おわりに

というわけで、2歳児を連れていったレインフォレストカフェのレビューでした。

2歳児からすれば相当不思議な空間だったと思いますし、いい体験になったかなと。
大人になるまで覚えてはいないでしょうけどね。

ちなみに前述のとおり、レストランの上はショップになっていて、レインフォレストのオリジナルグッズやジャングル・アニマル系のグッズが販売されています。

rainforest-halloween17

レストラン利用者にはショップの割引チケットをくれるみたいなので帰りにこちらも寄ってみるといい発見があるかもですよ!

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です