ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

スーパードライのエクストラコールドを飲んだ感想。なぜビールは冷たい方が美味しいの?

 - ビール

   

先日訪れた牛角で、はじめてアサヒスーパードライのエクストラコールドを飲む機会を得ました。

存在自体は知っていながらも、なかなか飲みにいかない性分のためか、数年越しに夢が叶った感じですw

そんなエクストラコールドを飲んだ感想と、そこから派生したお話を書こうと思います。

スポンサーリンク

エクストラコールドのレビュー

extracold

オーダーして、ワクワクしていたところに運ばれてきたのは銀色のタンブラーでした。
僕がよく見るエクストラコールドの広告(グラスがキンキンになってるヤツ)とは違いましたが、「EXTRA COLD」というロゴが入っているので正解っぽいです。

エクストラコールドは、アサヒスーパードライの亜種で、氷点下2℃~0℃という「水だったら氷ってるよ!」っていう温度で飲めるビールです。
その性質からか、夏場になるといろんなお店で展開されています。

僕はスーパードライなら冷えてたら冷えてるだけ好きなので、これは期待せずにはいられませんでした。

・・・が!
一口飲んでみると、思ったより冷たくなかったことにガッカリします。

でも二口、三口と飲み進めたところで「アッ!冷タイ!」となりました。
おそらく泡が冷たいビール部分を閉じ込めていたのではないかと思われます。

ただし、「エクストラ」というほど「コールド」ではありませんでした。
うーん、こんなものなのか、それともこの店の提供具合が悪いのか・・・。

そればかりはもう一度違うお店で飲んでみるしかありませんね。

ビールはなぜ冷えてる方がいいのか

ではなぜエクストラコールドってそんなに冷やす必要があるの??って思う方もいるかもしれません。

夏場だから冷を取るため、ということが理由の1つに挙げられるかもしれませんが、
おそらくそれだけではありません。

答えは温度と味覚の関係にあります。

人間の味覚は、温度が高くなるにつれて味を感じやすくなるように出来ています。
つまり冷たくなると味がわかんなくなっちゃう。

だから揚げたてのコロッケってすごく美味しいし、
冷めちゃったご飯って、なんだかおいしくないわけです。

で、ビールには適正な飲み頃温度というものがありまして・・・
ハイアルコールなエールビールだと10℃とか、ベルギーのホワイトビールなら3℃とか。

高い温度で飲むビールは、香りや味わいを存分に楽しむものとして存在しています。
逆に低い温度の物は、いわゆるのど越しを大切にしたり、スッキリしたものが多いかなと。

日本で飲まれるビールはこういうのど越しスッキリ系の物が多いので、低い温度の方が美味しいわけなんです。

やっぱり温度が高いとホップの苦みも強く出ますしね。
グイッと飲むためには、冷たければ冷たいほど美味しいんじゃないかと。

スーパードライは新しいビール

ビールって、100種類ぐらいのスタイルに分かれています。
僕らがよく知っているのはそのうちの数種類ぐらい。

特に日本ではよく飲まれるラガービールとして「ピルスナー」というスタイルのものが有名です。
いわゆる金色の、のど越しスッキリなアレです。

・・・が、実はアサヒのスーパードライは「ピルスナー」にいれていいのかどうか微妙なところなんですね。
こんなにドライでキレッキレなビールはもう、新しいビールなんじゃないかと。

そう思うと、飲み頃温度も「ピルスナーと同じ」というわけにはいかないわけです。

もしかしたらスーパードライに関しての適正温度が氷点下2℃だったのかもしれませんね。

どんな飲食店でも導入できるというわけではない

ちなみに、僕が飲食店を経営していたとき、酒屋さんに「エクストラコールドを入れたい」とお願いしたことがあります。

・・・が、今回僕が初めて飲んだということからわかる通り、その願いは叶いませんでした。

叶わなかった理由は2つ。
1つはビールの回転が少なかったこと。

ビールは開栓してからの賞味期限が、2~3日といったところです。
厳密に言えば、それでも品質は落ちています。

当時うちの店では5リットルの樽を賞味期限内でまわすのがやっとでした。
もちろん賞味期限を過ぎても飲めないわけじゃないんですが、やたらと不味くなります。

最近も「ビアバー」でありながら不味い樽生を提供しているお店があったりしてビックリしますw

つまり、回転させられなければ、ビールの品質が下がったものをお客に提供する恐れがあるわけです。
そうなるとアサヒ側としてもエクストラコールドの価値が下がることに繋がりますね。

だから回転しない店には入れられないわけです。

もう1つは設備的な問題。
エクストラコールドを提供するためのビアサーバーは、かなり大がかりなもので、
これをバーカウンター内に設置できなければならないというわけでした。

エクストラコールドを提供するためには、そこそこ高いハードルをクリアしなければならないということです。

おわりに

というわけなので、エクストラコールドが飲めるお店に出会えたら、それはラッキーなことと考えた方がいいかもしれません。

・・・とはいえ、大手でビアサーバーの清掃や賞味期限をしっかりと守っていないお店もあるのでなんとも言えませんが。

今回僕が飲んだのは「エクストラ」ではないコールドなスーパードライでしたが、
それでも普通に冷たくて美味しかったので、なかなかオススメの一杯ではあります。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です