ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

meiji THE Chocolateのサンプルレビュー。これはまさにクラフトチョコレートだ!

 - スイーツ

      2017/02/19

先日スーパーでこんなものを頂きました。

the-chocolate1

MeijiのTHE Chocolateという商品のサンプルです。

THE Chocolateは「カカオが、チョコレートをおもしろくする。」というキャッチコピーで展開される商品で、カカオの産地や量だけで4つの異なるキャラクターのチョコレートを展開する、すげーやつです。

今回初めてサンプルを頂いて知ったのですが、これはもはや「クラフトチョコレート」ですね!
しかもビールのように難しくなく、気軽にその味わいの違いを楽しめる点が素晴らしいです。

そんなTHE Chocolateを味わった感想について、以下に記しておきます。

スポンサーリンク

THE Chocolateを食べたレビュー

Meijiのチョコレートといえば、京橋にある例の店を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
100% Chocolate Cafeです。

56種類の異なるアプローチのチョコレートを選ぶことができるというコンセプトは、今回のこのTHE Chocolateに通ずるものがあるような気がします。

ただしTHE Chocolateの異質なところは「カカオ」で表現しているということ。
これはまさにクラフトビールが麦芽とホップだけで多彩な味わいを生み出すのにそっくりです。

食べ終わる頃には「カカオが、チョコレートをおもしろくする。」という言葉に頷けるようになっているはずです。

4つのキャラクター

THE Chocolateには4つのキャラクターが存在しています。

the-chocolate2

力強い深みの「Comfort Bitter」。
濃密な深みと旨味の「Velvet Milk」。

the-chocolate3

華やかな果実味の「Elegant Bitter」。
優しく香る「Sunny Milk」。

the-chocolate4

今回はサンプルなので、1枚ずつ4種のチョコレートが楽しめるようになっていました。
それぞれにカカオの使用料、ミルクの使用料と共に、感じられる味覚の分布図が載っています。

実際の商品ではチョコレートの形にすらこだわっているようです。

さて味わいですが、一つひとつをしっかり意識して食べなければ、このバリエーションには気づけないかもしれません。
が、丁寧に解説してある文章やパラメータを見ながら味わうと、舌がよりその味を感じようとしてくれるのか、キャラクターの違いが明確にわかるようになります。

僕は特にElegant Bitterを食べた際「えっ、これシトラス系の香料入れてるよね!?」と感じたのが驚きでした。

クラフトビールでもホップのキャラクターで、実際には入っていないマンゴーの香りがする、なんてのが存在します。
人間の味覚や嗅覚をうまく騙した、上手な商品だなと思います。

マリアージュのすすめ

公式サイトでは、フレンチレストランのシェフがTHE Chocolateとワインのマリアージュを提案してくれています。
マリアージュ、つまりチョコレートとワインを結婚させるということです。

チョコレートをかじりながらシェリー酒やブランデーを飲むというのは想像がつくと思います。
ワインとチョコレートのマリアージュもその派生と考えればいいんでしょう。

僕は残念ながら今回は全種インスタントコーヒーとマリアージュさせてしまいましたが、特に喧嘩することもなく(あたりまえ)めちゃくちゃ美味しかったです。

おわりに

というわけで、明治のTHE Chocolateのサンプルについてのレビューでした。

これは本当にすごいです。
チョコレート界のIT革命やぁ~!って感じです。

実際の商品の価格も容量もわかりませんが、一度試してみる価値はあると思います。

わかりやすいのはやっぱり果実味のElegant Bitterと、ナッティな味わいのするSunny Milkでした。
オススメです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です