ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

【帰国後の虚無感】海外旅行ロスをこじらせすぎて、仕事を辞めてしまった男の話

 - 旅行

   

”旅行ロス”って知ってますか?

ペットロスなどのように、終わってしまった旅行を嘆くが余り、他の事が手に着かないなど
精神が若干不安定になってしまう状態です。

今日は旅行ロスで仕事を辞めてしまった哀れな男の話を書きます。
あ、最初に言っておきますが、僕のことです。

スポンサーリンク

旅行ロスをこじらせて仕事を辞めた話

それはまだ僕が海外旅行に行き始めたばかりの頃でした。
結婚式と新婚旅行を兼ねて、2週間近く海外に滞在し、
なんとなく生活リズムも旅行の感覚に慣れてしまってからの帰国。

リゾートでこんがり焼けた僕を待っていたのは、とてもつまらない仕事でした。

しかも新しい配属先で、上司は真面目一辺倒。
海外旅行に対する理解もない、コテコテの日本人。

僕はたちまち「なんでこんなヤツの下で働かなきゃならんのだ」と思うようになりました。
※それは僕の方が仕事が出来ないし、キャリアも低いから当然のことだと、今ならわかります。

結果、僕はその年のうちに退職願を出し、翌年には仕事を辞めることになります。

何故そんなことになったのか

これだけ聞いても、旅行ロスと仕事を辞めることに繋がりがないように思うかもしれません。
でも本人からしてみたら、明らかにそこには関係があったんです。

まず、海外の文化に慣れてしまった(たった2週間だけどw)ことにより、
日本人の要領の悪さが目に付くようになりました。

例えば、遅刻をしてはいけないだとか、職場での服装だとか、そういう些細なことから、
仕事の進め方全般に至ってすべて「なんでこの人たちはこんな無駄なことをやっているんだろう」と思うようになってしまったんです。

つまり、旅行先での生活に依存してしまっていたわけですね。

「ぼくだったらもっと上手に仕事ができるのにな」

そんな風に考えたら、なんとかして独立開業してやろうと心が動き出し、
結局行動に移ってしまった、ということです。

こんな感じで仕事を辞めてもうまくいくわけがない

僕が仕事を辞めた原因は旅行ロスにより、上司に不満が溜まってしまった事なわけですが、
現実から逃げようとして仕事を辞めたって、そりゃうまくいくはずがありません。

ましてや独立開業するんなら、「嫌な事から逃げて独立しました」なんて人に仕事をオーダーしたい人なんかいるわけがないんです。

※「あなたの役に立ちたくて独立しました」ってのじゃないとダメ。

新しい職場には絶対にまたダメなヤツがいますからね。
これは海外で仕事をしたって同じだと思う。

旅行ロスにならない為に・・?

というわけで、旅行ロスにならないようにするのが一番なんですが、
多くのサイトでいろんな事が書かれてるけど、結局は

旅行先に依存しない

ってことだと思うんですよ。
要するに、その旅行体験をすごくラグジュアリーなものだと感じないようにするとか、
あくまで自分の仕事が何かを把握したうえで、今は旅行に来ているだけなんだと言い聞かせるとか。

まぁ、それが出来りゃ苦労しないんですけどね・・。

おわりに

海外旅行での旅行ロスをこじらせると、最悪「海外に住みたい」とか思うようになります。
まさに僕が今そんな感じ。
【関連】海外移住を妨げる原因を考えた時に邪魔になるのは古い習慣じゃないかという話

仕事もなければ英語も話せないのに、とにかく海外に住むという事に依存してしまっている。
自分で言うのもなんだけど、これは結構危険な状態だと思います。

だから、なんとかしないとなーと思ってます。

旅行って、行くまでは「まだか、まだか」と心待ちにするのに、
そこから行けるまでの期間と、行って終わる期間の長さに差がありすぎなんですよね。
もっと、遊園地みたいに、今日決めて今日行って、ってのが出来たら旅行ロスもなくなるかもしれないのになー。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です