ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

トイザらス25周年アニバーサリー2階建てバスのレビュー。重厚だけれどいろいろ残念な部分もある記念品

 - ミニカー

   

tru-25th-bus-6

1991年に日本国内1号店がオープンしたトイザらスは、2016年の今年が25周年のアニバーサリーイヤーです。
人知れずなのか大々的に公表したのか、25周年記念のイベントが行われていたり、記念品が発売されていたりするので店舗に行くと「日本に来てもうそんなになるのか」と感じる方もいるのではないでしょうか。

僕も子供の頃に「こどもでいた~い ずっとといざらすき~っず」という歌が流れた時、歌詞がよくわからないながらも「トイザらス行ってみたい」と思ったのを覚えています。
それからもう25年近く経っているということですね~。シミジミ。

そんな日本トイザらスの25周年記念アイテムである「2階建てバス」をひょんなことから(息子が)入手することになったので、レビューします。

スポンサーリンク

トイザらス25thAnniversary2階建てバスのレビュー

以前からそういう記念アイテムが出ているという噂を聞いてはいたものの、売っていそうなコーナーを見ても25周年記念アイテムは発見できずにいました。
特に買おうという予定はありませんでしたが、どんなものか見てみたいと思っていたんです。

で、先日ふと食事をしに行った施設に併設しているトイザらスへ立ち寄った際、他の物を買うためにレジに並んでいると、2歳になる息子が「あ!!ロンドンバス!!」と指さした先に

tru-25th-bus-1

これが山積みになっていました。
買い忘れのないようにちゃんとレジ前で売られてたんですね~。気づかなかった。

FASTLANEブランドで、25th ANNIVERSARY BUSと描かれた箱入りのバス。
息子が手にとってしまった瞬間、悩む間もなく「お待ちの方どうぞ」とレジへ通されることに。

その日はちょうどババ(息子にとっての祖母)が一緒だったので買ってもらえることになりました。

開封して見ていきます。

サイド

tru-25th-bus-2

実際には既に開封して息子が散々遊び倒したあとで夜中に拾い上げて撮影していますw

横から見るとこんな感じ。
dreamsЯusと描かれているので、「ドリームズラス号」なんでしょうか。

25周年のロゴやトイザらス的なキャラクターが目立ちますね。

非常に残念なことにこのペイントがタンポ印刷ではなく「シール」である点があげられます。

tru-25th-bus-7

もう既に左上らへんが剥がれかかってますw
保管状態をきちんとしておかなければ数年後にはただの赤いロンドンバスに変わっていそうですね~。
・・・それはそれでいいのかもしれませんが。

tru-25th-bus-4

逆サイドはこんな感じ。
こちらもいい感じに25周年ロゴとトイザらスっぽいキャラクターが映えてますね。

向こう側のシールの裏側がこちら側の窓から見えちゃうのが本当に残念です。
これ用に設計されたバスではなく、既存の2階建てバスにあてがうようにシールを作って貼った感じ。
アニバーサリーアイテムとしては若干のショボさを感じてしまいますね・・・。

サイズ感はタイヤサイズで判断して貰えると思います。3インチミニカーを横に2台、縦に1.5台程度といったところ。
ボディはダイキャスト製なので重量はかなりしっかりとしていていい感じ。

フロント・リア

tru-25th-bus-3

実際の2階建てバスのスケール感はわかりませんが、正面から見るとかなり縦長の印象があります。

大き目のウィンドウがバスっぽくていいですね~。

フロント・リア共にライト類はタンポ印刷がされており、ディテールアップに貢献しています。
またフロントのナンバープレート部分には「25TRU」と印刷されていて、25周年記念アイテムであることを強調しています。
※TRUはToys”R”Usの略称

ただし、こちらもまたトイザらスロゴはステッカーが貼られているだけなので取り扱いに注意が必要です。
・・・子供が遊ぶ時点で綺麗に保つのは無理だと思いますがw

トップ・ベース

tru-25th-bus-5

ボディトップには☆マークとЯマークが散りばめられています。
これはトイザらスの象徴ともいえる2つで、これだけを見てもトイザらスのアイテムであるということがわかるようになっていますね。

ちなみに日本語名が「トイザらス」と「ら」だけ平仮名なのは当時日本へトイザらスを連れてきた藤田田氏が「ToysЯUs」とRが反転していたのを日本的に解釈して表現したものなんだとか。
さすが大きなことを成し遂げられる人は頭の回転とセンスが違いますね~。羨ましい。

これまた残念なことにボディトップのマークもシールが貼られているだけ。

ベースには写真からではわかりにくいですが「REALTOY」と「Made in China」の刻印があります。
FASTLANEはREALTOY社が製造するトイザらスのオリジナルミニカーブランドということみたいですね。

全体的な感想

個人的にはファーストインプレッションとして、ケースを持った際に「重っ」と感じたこともあり、重厚感があるミニカーという印象が強いです。

ただ、当初の期待を裏切るほどのステッカーっぷりにガッカリしたのも事実。
というのも25周年の記念アイテムということから過度な期待をしてしまっていたことや、トミカなら2台、ホットウィールなら3台、ファストレーンなら7台が買える金額であることからの商品自体の落差が大きかったから。

ミニカーを集めている方からしたら「FASTLANEのミニカー1台に700円」というのがいかに高額かをわかっていただけるのではないでしょうかw

そのため、「ダイキャスト製で質自体は良さそうだけど、ステッカーやブランド名で損した気分にさせられてしまう可能性がある記念アイテム」という感じかもしれません。

おわりに

というわけで、トイザらスの25周年2階建てバスのレビューでした。

なんだかんだ言っても息子はかなり気に入っていて、今朝も起きがけに「赤いバス!ロンドンバス!」と騒いだかと思ったら発見して「えへへー」とか言っていたので相当ですw

記念アイテムなので本来は箱ごと保存しておく「大人向けアイテム」なのかもしれませんが、息子とこのバスがどう育っていくのかは今から楽しみだったりします。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です