ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ジャンプ+でヤムチャが無双する(と思われる)ドラゴンボール特別読み切り

 - 漫画 ,

      2017/08/09

いつもジャンプ+を楽しく読ませて頂いてます。

昨日も何気なくアプリを開いたところ

yamcha1

DRAGONBALL外伝 「転生したらヤムチャだった件」
という読み切り漫画がありました!

今回のが「前編」とのことなので、おそらく前後編の二話構成なんじゃないかと思われます。

ドラゴンボール超でも最近ヤムチャが活躍する回があったとかいう話を友人から聞きましたが、ヤムチャは今やドラゴンボールいちの愛されキャラと言っても過言ではないですね。
そんなヤムチャを題材にした漫画って・・・(同人以外で)今まであったでしょうか。

内容を少しだけ紹介します。

スポンサーリンク

転生したらヤムチャだった

この漫画の主人公は、ヤムチャではありません。
そう「転生したらヤムチャだった」というだけあり、転生前は普通の(モテない)男子高生。

スカートがみじかい女性を「間近で見たい」と階段を駆け下りていたところ、足をひねった影響でそのまま転落し、意識を失ってしまいます。

ウーロンや武天老師さまに勝るとも劣らない、スケベ心が理性を上回って行動してしまうヤツです。

そんな名も無き男子高生が次に目を覚ますと、あたりはドラゴンワールドで、自分はヤムチャになっていたという設定。

場面はピラフ一味との戦いを終えたあとの朝から始まります。

ヤムチャのifストーリー

本編ではヤムチャはピラフ戦を終えたあと、女性恐怖症を克服し、ブルマと西の都に移り住むことになります。

yamcha3

これが本編。

yamcha2

こっちが外伝w

外伝ではドラゴンボールの世界のその後を知っている青年がヤムチャの中身なので、必要に応じて「過去を変えないように」演技をしていくわけです。

・・・が、ふと気づきます。

「ヤムチャ、栽培マンの自爆で死ぬやん」と。

主人公はそのターニングポイントがまさにこのタイミングだったと考えるわけです。
事実、悟空はこのあと武天老師さまのもとへ行き、クリリンと出会い、修行の末に天下一武道会ですごい実力を発揮しますし、一人でレッドリボン軍の基地に乗り込んでいったり、挙句にはピッコロ大魔王まで倒すわけです。

「西の都に行くべきか、悟空と共に行くべきか・・・」

ここで一つのパラレルワールドが生まれるわけですね。
西の都に行けば、通常のドラゴンボールが展開されます。

悟空と修行に向かったヤムチャはどうなるのか?というifストーリーが、この外伝の内容となっていました。

ちょっとだけネタバレ

本日時点では前編までしか公開されていません。
前編のラストはヤムチャがやられキャラとして確立されるくだんのベジータ襲来シーンになっています。

ヤムチャに全く歯が立たない栽培マンは5匹まとめてヤムチャに抱き着き自爆。
・・・が、爆発の煙が晴れたところにヤムチャはしっかり立っていました。

前述のとおり、ストーリー展開を知っているヤムチャは先にナメック星へ行き、最長老様に潜在能力を高めてもらっていたようですw

「今の知識のまま子供の頃に戻れたらなぁ・・・」なんて思うことはよくありますが、まさにそれですね。
将来を知っているというのはチートだというのがよくわかります。

この転生したヤムチャが抱える問題は「ヤムチャが強かった未来」を知らないということかな・・・。

おわりに

というわけで、ドラゴンボール外伝「転生したらヤムチャだった件」でした。
今ならスマホアプリ「ジャンプ+」で無料で読むことができますので、ドラゴンボールファン・・・いや、ヤムチャファンは是非是非。

 

 

 

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です