ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

プーケットで空港からタクシーに乗る際に気をつけたいこと

 - プーケット旅行記

      2019/02/12

phuket

僕はアジアンリゾートが大好きで、中でもプーケットがすごく好きです。

ただプーケットって、空港からメインストリートのあるパトン地区までが結構遠いんですよね。
なのでツアーで申し込んでいない限りは送迎サービスを別途手配するか、空港に待機しているタクシーを使うことになります。

僕らもパッケージツアーではなく航空券とホテルを別々に手配して旅行したことがあり、そのときには空港からタクシーを利用させてもらいました。

※ちなみに航空券+ホテルならDeNAトラベルのようなサービスを使うとグッと旅費が安くなりますよ~。
海外航空券+ホテルがお得!<DeNAトラベル>

プーケットの国際空港にいるタクシーのお兄ちゃんは基本的に日本語堪能です。
そして思ったよりもタクシー代が安いんですよ。

なんだったら日本から送迎のサービスを申し込むより断然安い。

なのでこれを利用しない手はないんですが・・・注意した方がいいなと思うことがあったので紹介します。

スポンサーリンク

事前に”ちゃんと”料金の確認をする

あたりまえだと思われるかもしれませんが、海外でタクシーに乗る際には「事前の料金確認」が必須です。
僕はこれを怠ったがゆえ、危なくボッたくられるところでした。

まぁ、相場がわからないのでいくらだったらボッたくりだったのかはわかりませんけどね・・・。

僕らが搭乗することになったタクシーのお兄ちゃん(ケン)は
「ホテルどこ?」
「そこなら800Bでいいよ」
みたいな感じで声をかけてきました。

800Bは当時のレートだと2,400円ぐらい。
正直言って、アジアでタクシーに乗るのには高すぎるかとも思いましたが・・・その前の飛行機で「ぐったりするできごと」があったため、

「じゃ、それで」

と、乗ってしまいました。

早くホテルに着いて休みたかったんです。

中國東方航空と上海航空で向かったプーケットが半日無駄になった話

道中ケンは終始ご機嫌で、
「日本は何ていう歌手が今流行ってんの?」
「その人の曲かけてあげるよ」
といってiPhoneをオーディオに繋いだりしていて、なんとなく楽しかったのを覚えています。

(本当は疲れてたから若干鬱陶しかったけどw)

「帰りもボクが送ってあげるよ!」
とも言ってくれて、「帰りのタクシーを手配する手間がなくなった。助かったなぁ~。」なんて思ったものです。

もちろん(前金だから当たり前なんだけど)遠回りをしてお金を稼ぐ、というようなこともありませんでした。
※僕らは目的地のホテルにも以前泊まった事があるので、道順も把握していました。

とにかく「タイの人は基本的に日本人に優しいよなぁ~」なんて呑気に考えていたわけです。

ケン豹変

問題はホテルに着いてから。
僕がありがとうと言い800Bを払おうとすると態度が急変

「1人800Bだよ!2人なんだから1,600B!」

えぇー・・・!?
いやいや、そんなこと聞いてないですよ・・・。

僕らにとっても寝耳に水という感じだったので、
「800Bしか払うつもりはないし、帰りのタクシーは他の人に頼む」
と伝えました。

すると・・・
「じゃあ800Bで良いから、必ず帰りも呼んでよ!」
「前金で300B払ってね」
とのこと。

・・・800Bでいいんかい!!

結局前金で帰りの分の300Bを支払い、
「もしもヤツが帰りに迎えにこなかったとしても、1,600B取られるところだったのが1,100Bになったから良しとしよう。もうそんなことよりも旅行を楽しもう!」
と開き直ることにしました。

必ず「2人で800Bか」を確認する

ケンは最終日の夕方、ちゃんとホテルの前に来てくれていました。

もうその時はホッとして、なんだか嬉しくなっちゃいました。
当然のことなんだけどw

ただ、帰りのタクシーでケンは見事に無言でした。
行きはあんなにペラペラ話してたくせに!!www

でもね、もう帰りの空港まで送れば残りの500B貰える事は決まってるわけだし、
それ以上のサービスはしなくていいと思ってます、僕は。

海外の人の、そういう余計なサービス心がないところも海外旅行の楽しみの一つだと思うんですよね。
日本はサービス提供者がペコペコしすぎなんだきっと。

というわけで、教訓としては、
「乗る時にきちんと”1人あたり何Bなのか”をちゃんと確認する」
ということですね。

そもそも800Bが高いんじゃないかと僕は思ったんですが、価格を調べていた妻いわく「空港からそのホテルまでは800Bが相場」との事でした。
・・・ケン、ありがとう。

おわりに

きっと海外旅行に関わらず、人は

「だまされた!」

って思った瞬間にすごく嫌な気持ちになるんだろうなと思います。

今回だって、ケンが騙すような事をしなければもっと帰りのタクシーだって楽しかったかもしれないわけですよ。
いや、別に騙してなくて1人あたり800Bっていうのが正当な金額だったのかもしれないけれども。

でもどうせ同じ金額払うならこっちも笑って払いたいもんですよね。
ケンも片道で1,600B欲しかったのなら最初から1,600Bって言えば良かったんじゃないかなぁ・・・。

以上がタクシーに乗る時に気をつけたいことでした。
誰かのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ