ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

中古Androidの端末保護(Device Protection)は72時間待っても解除されない

 - スマホ・タブレット

   

中古でAndroid機をゲットした際に、Googleアカウントでログインしようとすると・・・

「この端末の所有者のアカウントを使用してログインしてください」
と表示されてそこから先へ進めない現象が起きることがあります。

これはDevice Protectionなる「端末保護機能」が働いているために起きており、一説には「72時間放置すれば解除される」とのことでした。

・・・が、結論から言うと、72時間待ったところで解除されることはありません。
少なくとも僕の場合はそうでした。

ではどうすれば良いのかというと・・・「メーカーに解除してもらう」「前の所有者に一旦ログインしてもらう」の二択ということになるそうです。・・・マジか。

ちょっとこのあたりについてまとめました。

スポンサーリンク

Device Protectionのかかった端末をゲットしたら・・・

AndroidのDevice Protectionは、たとえば盗難された端末などに有効に働く機能です。

Googleアカウントを端末上から削除せずにスリープ+音量の長押しなどでファクトリーリセットを行い、新しいアカウントを設定しようとするとこの機能が働くわけですね。
たしかにこれがなければ盗んだ端末を使いたい放題ですし・・・それを防いでくれると考えたら素晴らしい機能なんですよ。

ただ、今回のように中古の端末を購入した場合にも同様に働いてしまうのはなかなかネックです。

Device Protectionがかかっている時の画面表示

Device Protectionがかかっている状態だと、画面上には以下のように表示されます。

「この端末はリセットされました。続行するには、この端末で前に同期したGoogleアカウントにログインしてください。」

この状態で新しいGoogleアカウント(メールアドレス)と入力し、正しいパスワードを入れたとしても先へ進むことが出来ません。
ひたすらこの画面とパスワード入力画面をループすることになります。

元のアカウントがわからなければ、個人での解除は不可能

一説には「72時間は解除されない」という噂がありますが、どうやらこれは都市伝説みたいなものっぽいです。

現に僕は前回リセットされたという日付から3日放置しましたが、解除はされませんでした。

まぁ、端末保護機能の意味を考えれば当たり前のことで、「盗んだ端末も3日経てば新しくアクティベーションできる」なんてのはおかしいですからね。
※72時間というのは、Googleアカウントを解除しない状態でのファクトリーリセット→同じアカウントで再設定にかかる時間とかなんとか(ごにょごにょ)

というわけで、解除するためにはメーカーにやってもらうか、前の持ち主にログインし直してもらうしかないとのことです。

メーカーに解除してもらう

実はスマホのメーカーでは簡単に端末保護を解除できるんだそうです。
※・・・メーカーで簡単に出来るなら、ある程度の知識や技術がある悪い人なら解除できちゃうんじゃないかって気もしないでもないですが・・・

なので、メーカー側で端末保護解除を受け付けているのであれば、サクッと送ってやってもらうのが早そうです。

ただ、その際にかかる送料や手数料が上乗せされるので、せっかく中古で安価に購入した端末であれば本末転倒ということになりますね。
さらには最近流行りの中華スマホメーカーであれば少なくとも英語でのやりとりが出来なければなりませんし、海外への送料、期間を考えるとバカバカしいです・・・。

前の持ち主にログインし直してもらう

端末保護は「前の持ち主の許可なくリセットしてる」という状態なので、前の持ち主のGoogleアカウントで一旦ログインしてもらい、設定からGoogleアカウントを削除してリセットという手順を踏んでもらえば普通に使えるようになるそうです。

もし中古ショップなどでの購入ではなく、個人売買などであれば前の持ち主に事情を説明してログインし直してもらうというのが良さそうですね。

ただ、Googleアカウントはもちろん個人情報になりますので、そう簡単に教えてもらえないかもしれません。
それこそアカウントの不正利用を疑われる可能性がないとも言えませんし。

とはいえ、Device Protectionのかかった端末を販売した側にも責任はありますので、そこはしっかりと言及していきたいところです。

おわりに

今回僕は普段お世話になっているショップさんから試供品として借りたものに端末保護がかかっている状態でした。
そのため、その旨を説明して一旦返送することになりました。

Device Protectionなんて今回僕も初めて知りましたし、個人で売る方はもちろんのこと、スマホを扱う店員さんでも知らない可能性があるんじゃないですかね~?

できればファクトリーリセット時にもGoogleアカウントに再ログイン→削除という項目を設けるなどしてもらえると、新しく使う側としてはストレスがなさそうですね。

 

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ