ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

iPad Air 2の電池減りが早かった理由は個人的な設定のせいでした【iOS9.1】

 - iPhone・iPad ,

      2016/07/28

ipad_zoom

先日、iOS9.1にしてから電池の減りが早くなったような事を書きました。
iOS9.1×iPad Air 2、動作は軽くなったけど、バッテリーがみるみる減っていく・・・

えー、iOS9.1さん、(並びにWeatherNewsさん)どうもすみませんっしたぁ!!

電池の減りが早かったのは、個人的に設定していた「画面を暗くする仕様」のせいでした。

スポンサーリンク

そもそも何をやっていたか

「画面を暗くする仕様」と言われても、何のことだかわからないと思います。

実は、最近「ブルーライト」に敏感になりまして、
PCのモニターの輝度も落としてみたり、いろいろやっていたわけです。

で、寝る前にあまり強い光を浴びてはいけないということで、
iPadも何かできやしないかと調べたところ、
画面を通常以上に暗くできる設定がある事を知りました。

たしか、[設定]→[一般]→[アクセシビリティ]→[ズーム機能]で、
[ズーム領域]をフルスクリーンズームに、[ズームフィルタ]を低照度に設定、
ズームの倍率を1倍にする、みたいな感じで画面にフィルタをかける事で暗くなります。

これによって、確かに画面を一番暗くした状態よりも暗くできるので、
寝室とかで重宝してたんです。

※ちなみに寝室にスマホを持ち込むやつはハフィントンポストでダメ認定されてました。

フィルタの下の画面がめっちゃ頑張ってた

で、暗い部屋ではちょうどいいんですが、
明るい部屋だと、画面が暗いわけですよ。

そこでたぶん、画面の照度を上げてたんだと思います。
そこそこMAXに近いところまで。

おそらくiPadは頑張って明るくしていたせいで、
すぐに電池が無くなっていたのではないかと思います。

・・・でも実際には明るくなってないんだから、関係あんのかな?って思いますが、
その機能をオフにしたら、電池もちが良くなりましたので、たぶんこれ。

1日で100%→20%とかだったのが、2日で100%→20%になったし。

おわりに

というわけで、妙なことはやらないという教訓になりました。

ブルーライトが嫌だったら遮光フィルムを買うかメガネをするかです。
そして寝室には持ち込まないことです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です