ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

八柱駅北口の台湾タピオカ専門「鯨」で黒糖タピオカミルクティーを飲んだよレビュー

千葉県松戸市の八柱駅前にできた「台湾 タピオカ専門 鯨」さんにて黒糖タピオカミルクティーを購入しました!

いやー、なぜこの駅に?
しかも北口という少し静かな方の駅前でひっそりとした感じで・・・。

↑ここです。
なんか2019年の終わりぐらいにミニスーパー旭なるお店が出来て、そのあとで横にいつのまにか鯨さんがいた気がする。

こんなとこ、誰が買いに来るんだよ!って思ってたんですが、一時期はしっかりと女子高生たちが並んでたりして・・・ちゃんと情報って行き届くようになってるんだなぁと思ったり。

ま、そんなこんなで鯨さんのレビューです。

スポンサーリンク

鯨のタピオカじゃーい

鯨先生、こんな感じの店構えです。
基本的には店頭に誰も人が立っていないんですが、カウンターの前まで行くと中から出てきてくれます。

どこかで見ているのか、なんかセンサーみたいなのが反応しているのか・・・。

いずれにしろメニューはカウンターのところにしかなく、それを見ていればいつのまにかスタッフさんが来てくれる感じ。

鯨のメニュー

こちらがメニュー表。
おそらくフラッグシップ的なアイテムは左上の「黒糖タピオカミルクティー(550円)」だと思います。

おすすめって書いてあるし。

その隣のくじらミルクティー(M:460円、L:550円)も写真からすると何やらタピオカが入ってそう。
※ただ中華文字の表記は「普通奶茶」(普通のミルクティー)となっていたので本当に入ってるかは不明w

その他メニューは写真にもタピオカがないのでタピオカのないドリンクなんだと思います。
個人的には「ドラゴンスームジー(火龙果奶昔)」が気になるところ・・・!

どうやらドラゴンフルーツのシェイクだそう。

・・・でも常温って書いてあるなぁw

オーダー方法

オーダー方法はいたって簡単で、欲しいアイテムを「これ」つって、甘さを「控えめ」「ふつう」「甘め」、氷の量を「なし」「少なめ」「ふつう」「多め」から選ぶのみ。

今回は甘さ「ふつう」、氷「少なめ」でお願いしました。

その後お会計をしてからミルクティーを作りに行ってくれます。

1~2分後には出来上がってきました。

飲んでみた感想

というわけで、こんな感じのを頂きました~。
これが黒糖のタピオカミルクティーです。

僕というより息子がタピオカ大好物で、すぐに「飲みたい飲みたい」言うんですよねえ。

タピオカ部分が黒糖なのかと思っていたら、普通にミルクティーのカップに黒蜜がかけてあって、そこにタピオカを入れてミルクティーを注いである感じでした。
それゆえ、めちゃくちゃに甘いです。

僕はギトギトに甘いヤツも大好きなので全然アリですが、苦手な人は「控えめ」推奨ですね。
あと黒糖の味が結構強いので、黒糖が好きじゃなかったら普通のミルクティーにした方が良いと思います。

タピオカは粒が大きめ。
微妙にストローよりも大きく、ちょっとストローに詰まりがちなため、勢いよく吸って喉に詰まらせないよう注意しましょう。

おわりに

というわけで、台湾タピオカ専門「鯨」さんのタピオカミルクティーでした。

・・・って、なぜに鯨!?

   

 -

   

スポンサーリンク