ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

なにこれ超欲しい!iPad Proと同じ厚みの激薄ワイヤレスキーボード

 - iPhone・iPad

      2017/08/09

画像はhttps://www.indiegogo.com/projects/wekey-pocket-the-pocket-sized-wireless-keyboard#/より引用

画像はhttps://www.indiegogo.com/projects/wekey-pocket-the-pocket-sized-wireless-keyboard#/より引用

クラウドファンディングサイトのIndiegogoでめちゃ薄のワイヤレスキーボードが資金を集めています。
見た限りめちゃくちゃ薄くて持ち運びに便利そうですね。

iPad Air 2を使うようになってから、持ち運ぶときにはワイヤレスキーボードを一緒に持ち歩くようになりました。
ワイヤレスキーボードが1つあるだけで、iPadがただのタブレットではなくなるからです。

ただ、僕が持っているワイヤレスキーボードは、普通のコンパクトキーボードサイズのもので、
しかも折りたたみも出来ないのでめちゃくちゃかさばるのがネックでした。

これぐらい小さく薄いキーボードなら持ち歩くのも全然苦痛じゃなさそうです。

スポンサーリンク

 Wekey Pocket

画像はhttps://www.indiegogo.com/projects/wekey-pocket-the-pocket-sized-wireless-keyboard#/より引用

画像はhttps://www.indiegogo.com/projects/wekey-pocket-the-pocket-sized-wireless-keyboard#/より引用

極薄のワイヤレスキーボード「Wekey Pocket」の投資ページはこちらです。
https://www.indiegogo.com/projects/wekey-pocket-the-pocket-sized-wireless-keyboard#/

色は2色展開で白と黒。
Early bird(最初の100人ずつ)なら本体代金$58に配送料別途で購入可能。
本日時点ではEarly birdもまだまだ余裕があります。

その薄さはなんと6mm。ほぼiPad AirやProと同サイズ。

広げた時のサイズは12.2インチ×3.4インチ。
だいたい30センチ×8センチってところで、普通のコンパクトキーボードの奥行きが短くなった感じです。
ただ左側に電池がありそうな部分の余白があるせいでキーピッチは若干狭そうですね。見た感じの印象ですが。

重さは95g。
1円玉95枚分です。1円玉を95枚持ったことがないからわからないけど、相当軽いぞきっと。
持ち運びに超便利そうですね。

ワイヤレスの接続形式はBluetooth、充電はMicro USB。
フル充電状態から、1日2時間使用で2ヶ月は持つみたいです。

OSサポートはAndroid、iOS、Windows。
OS切り替えショートカットもあるみたいなので、複数デバイスで使いたいときにも重宝しそうです。

おわりに

$58というのが貧乏人にはちょっと高いですね。
$1あたり107円で計算しても6,000円超えてきちゃうわけで。
それに海外からの送料がかかるわけですからね・・。

そう思うと、Logicoolの薄たいワイヤレスキーボード買えちゃうもんなぁ。

あとは打鍵感が若干気になりますね。
薄いとそれだけキーボードを打った気にさせてくれるのかどうかが不安というか。

価格と打鍵感、あとはキーピッチがクリア出来たらすっごい欲しいなー。

クラウドファンディングは本当にすごい仕組みで、どんどん新しい良い物がでてくるので見ているだけで楽しいです。
そりゃ大手もどんどん潰れていくわけだ。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です