ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

コーヒー素人がエスプレッソマシンを導入するメリットとデメリット

 - グルメ

   

saeco

我が家の奥底にしまわれていたエスプレッソマシンを先日引っ張り出してきました。
以前やっていた飲食店を閉店させて引き渡す際に「これだけは・・・」と持ち帰らせてもらったアイテムです。

「家にエスプレッソマシンがあるなんて、どれだけコーヒー好きなんだよ!このこの!」
と言われそうですが、僕はコーヒーについてはほとんど知識も経験もありません。

でもエスプレッソマシンって、実はそれぐらいの「にわかコーヒー好き」からも楽しめて、本格的にハマれる人にも使えるようなものなんじゃないかと思っています。

もし僕みたいなコーヒー素人で購入を検討されている方にオススメできるポイントとオススメできないポイントをまとめました。

スポンサーリンク

コーヒー素人がエスプレッソマシンを買うメリット

僕がコーヒーについて知っていることは、「なにかの豆を焙煎したものである」とか「カフェインが入ってる」とか、そんな程度です。
普段仕事をしている時に妻が淹れてくれるインスタントコーヒー(と甘いもの)が何よりの至福の時だったりします。

そんな安上がりな僕でさえ、エスプレッソマシンは導入した方がいいと思えるポイントがあるので紹介します。

手軽なのに香りも味わいも全然違う

まず、普段インスタントコーヒーを飲んでいる人なら、もうエスプレッソマシンを使って淹れただけで全然違うことに気づけます。
このためだけに導入してもいいぐらい。

エスプレッソマシンはコーヒー豆を挽くところからスタートしてくれるので、コーヒーが出来上がるまでの間にも部屋中にめちゃくちゃいい匂いが立ち込めます。

これだけでリラックス効果があるんじゃないかってぐらいw

そしてプラシーボ効果かもしれませんが、やっぱり挽きたての豆を使った美味しさがあるのかもしれません。
インスタントものとは違った味わいが楽しめます。

何よりもボタンを押すだけで豆を挽いてコーヒーを抽出してくれるわけですから手軽です。
しかも我が家ではかなり安いコーヒー豆を使ってるのに、高級なインスタントコーヒーよりも美味しいわけですから、こだわろうと思えばどこまででもいけそうな感じがあります。

濃さの調節ができる

我が家にある機種(Saecoのオデアジロ)は豆の量と水分量が、前面のボタンとつまみで簡単に調節できるようになっています。(しかも視覚的にわかりやすい)

なので、たとえば豆を多めに水分量を少なめにすればエスプレッソができますし、逆に豆を少なめ、水分を多めにすればアメリカンコーヒーができるといったわけです。

このおかげでブラックでも飲めるような味わいを作ることができました。
また、同じ濃さのものを安定して作れるというメリットもあります。

ラテが作れる

エスプレッソマシンにはたいていスチーマーが付いているので、ミルクピッチャーを用意しておけばラテを作ることも可能です。
僕なんかは買ったばかりの頃、ラテアートのハートが描きたくて何度も挑戦しました。

家でラテを作ると、次はハチミツを入れて見たりチョコソースやキャラソースを入れてスタバ風にしてみたり・・・カロリー摂取がハンパないことになる点は注意ですw

エスプレッソマシン導入のデメリット

エスプレッソマシンはあるだけで生活が華やかになりますが、相応のデメリットもあります。

本体が高い

まず、本体代金がそこそこ高いです。

我が家のは数年前の業務用のもので、数万円しました。

Saecoのマシンは入門用にもいいしそこそこ美味しいと言われて選んだものです。
当時本格的にやっていた知人は100万円超のエスプレッソマシンを使ってましたね・・・。

ただ、もっと安価なものだとデロンギの小さいヤツとかが1万円ぐらいで買えたりもします。

使ったことはないのでわかりませんが、豆を挽いてコーヒーを淹れてくれるなら少なからずインスタントよりは美味しくなると思います。

場所を取る

我が家にあるものはそこそこ大きいです。
それ専用の卓が欲しいぐらい。

広いキッチンがある家ならいいですが、我が家みたいに狭い場合にはキッチン以外の場所に置くことになりかねません。

エスプレッソマシンは水を使うものなので(そもそもコーヒー作るものなのでw)、水が飛んだら困るような場所には設置しない方がいいです。

そして意外と高さもあるので、存在感がパネェ感じにもなります。

音がうるさい

豆を挽く際のグラインダーの音がありえないぐらいうるさいです。
なので、夜中に子供が寝静まってからコーヒー淹れよう・・・って時はインスタントで我慢することになりますw

手入れが面倒

エスプレッソマシンは少なくとも1日1回は水のタンクとグラインダー部分、コーヒーのカスが溜まる場所、カップを置く台の下(水が溜まるところ)を清掃してあげた方がいいです。

これを洗った時の置き場もまた困るんですよね~・・・。

あとは1カ月に1度ぐらいに石灰を取るメンテナンスが必要になります。
家にあるお酢を使ってできるのですが、メンテナンス中は家がお酢臭くなるデメリットもw

ややぬるい

我が家のエスプレッソマシンだけの問題なのかわかりませんが、出来上がりの温度がややぬるいです。
ちゃんと計ったわけではないですが、80℃ぐらい。たぶん。

なので、猫舌の僕にはかなり飲みやすいんですが、アッツアツを飲みたい人には物足りないかもしれません。

それにしてもボタンを押して一瞬で水からあの温度になるのは不思議ですね~。

おわりに

というわけで、コーヒー素人がエスプレッソマシンを購入するメリット・デメリットでした。

ややデメリットを多く挙げてしまいましたが、それに負けないぐらいメリットが大きいというのは言うまでもないですね。

もしかしたらサイフォンとかを使ってじっくり淹れたコーヒーを飲みなれているような人からしたら「エスプレッソマシンはちょっと・・・」ってなるのかもしれません。
でも、本当に僕みたいな素人からでもしっかり楽しめるアイテムだなと思います。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です