ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

マクドナルド史上、かなり「アタリ」に分類されるビーフ&パイン。パイナップルが絶妙過ぎる。

 - ハンバーガー

   

今日、息子が「ママに超絶甘えデー」だった影響で、ママがお昼ご飯を作る時間を取れず「なんかパンでも買ってくる・・・」と落ち込んでいたので、急きょ「マックにムーミンの絵本貰いに行こうぜ!」となり、ビーフ&パインバーガーを食べてくることになりました。

結論から言うと、これ、みんな食べておいた方がいいです。
個人的にはマック史上でビッグマックに次ぐぐらいの美味しさだと思いました。

レビューです。

スポンサーリンク

マクドナルドのビーフ&パインバーガーレビュー

mcdonalds-beefpine2

ハンバーガーにパイナップルというと、どうしても「酢豚にパイン」を思い浮かべる人が多いと思います。
そして「おれダメなんだよねー」みたいに拒絶してしまいがち。

マクドナルドは今回、そんな禁断のパイナップルバーガーにチャレンジしました。

というのも、パイナップルを金メダルに見立てたから・・・。
・・・必勝必勝って、オリンピックだったのか!!(今さら)

さて、そんなパイナップルバーガーですが、実はだいたいの人は「食わず嫌い」だと思っています。たとえば、シャコが虫みたいで苦手とか、ウナギが蛇みたいだから無理とか、そういった類の。

「ご飯ものにフルーツ入れんなや!」みたいな感じかと。

ただこれ、あくまで日本人の感覚に過ぎないんですね。
諸外国ではフルーツが入ったおかずなんてアホほどあります。

もし「甘い物がごはんに合わない」というのなら、デミグラスソースやケチャップとかもNGってことに成りかねません。
カレーだってリンゴとハチミツ入れたらコクが出るんだから!

マックのパイナップルは絶妙だった!

mcdonalds-beefpine3

開いてみると、パティ、チーズ、パティの上にパイナップル、ベーコン、そしてソースが入っていました。

パイナップルがやけに白いのが気になりましたが、これはタイ産のものだからなのか、その保存方法によるものなのかはわかりません。
ただただ、飲食店をやっていた身からすると、マックほどの効率化を重視したファストフードで、アボカドやパインをメニューに入れ込むのはすごいなと思います。

さて、僕は自分が経営していた飲食店で「ハワイアンバーガー」と銘打ってパイナップルとベーコン、そしてBBQソースを挟んだハンバーガーを提供していました。

実はこれ、かなりの人気メニューでしたし、最初は疑ってかかっていた人も一回食べたら虜になるような代物でした。

ただ、一つだけ難点があって、それはパイナップルの酸味がアレを想像させてしまうということです。
アレというのは、胃からこみあげてくる、アレです。

それで若干苦手という人がいたのも事実。

東京の名店FIREHOUSEではパイナップルではなくベイクドアップルを挟んでいたような記憶がありますが、
これはもしかしたらそういった酸味を抑えるためだったのかもしれません。

では今回のマクドナルドのパイナップルバーガーはどうだったのか?というと、
白いパイナップルのおかげなのか、単なる奇跡なのか、嫌な酸味が全くありませんでした。

パイナップルの甘味と触感が、ビーフとチーズ、そしてオリジナルソースとよく合っていて、見事な仕上がりになっていたと思います。

※このオリジナルソースがまたスパイスが効いていて、その昔のポテピリバーガーを彷彿とさせて美味しかった・・・!

ついでにアミアミポテトもマックフィズ ゴールドキウイもレビュー

さて、そんな最高の出来だったビーフ&パインのセットでオーダーしたアミアミポテトとマックフィズも感想を書いていきます。
※クーポンを使ったらこの組み合わせでした。

mcdonalds-beefpine4

アミアミポテトもパッケージに「必勝!」と大きく書いてありました。
手前の白い部分を上にひっぱり上げて、ボックスを開くことができます。

これは・・・、おっとっとやぁ!!

mcdonalds-beefpine5

開くとこんな感じ。
これはいわゆる「スパイシークリスカットフライ」なるものです。

なみなみになっているカッターでジャガイモを90°ずつ回転させながらカットすると、こういう形になるんだとか。

それにクリスプポテトのようなスパイシーな衣をつけて揚げたものです。

揚げたての時に食べると、めちゃくちゃジャンキーで美味い。
ただ、通常のフライドポテトと同様に冷めるとそこそこ残念な感じになってしまいますね。
(とはいえ、通常のフライドポテトよりは全然マシですが)

mcdonalds-beefpine1

マックフィズ ゴールデンキウイは、それこそパインバーガーよりも好き嫌いがわかれそうな味わいです。
見た目はめちゃくちゃ綺麗なんですけどね。

どんな味かというと、まぁ、キウイなんですがw
でも、確かに南国を感じさせてくれる味でした。

なんとなく僕は、アジアのリゾートでふらりと入ったカフェで飲む、現地の果物のフレッシュジュース、みたいな感じに思えました。

なので、そういう雰囲気で飲むもんなんだ!って思えたら美味しいのかもしれません。

ただ、やっぱり果汁1%なだけあって、飲んでいくうちになんとなく「偽物くせー」って思えてきます。

おわりに

というわけで、必勝系メニューのレビューでした。
がんばれニッポン!

ちなみにマクドナルドって「ハワイアンバーガー」とか言いながらロコモコ風のやつを出してたと思うけど、
もしかしたら今回のビーフ&パインをハワイアンバーガーとして売った方が良かったんじゃないの??って感じがしました。

もし業績が良かったらレギュラーメニューに加えてやってください。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です