ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

目玉商品が買えないプライムデーのためにプライム会員になる必要はない。けどプライムやってみって話。

 - ショッピング ,

   

2017年もAmazon Prime会員限定イベントのプライムデーが開催されます。
今年で3回目だそうです。

昨年初参戦してみて「正直、人気商品は買えない」と痛感したため、特にプライムデーのためにプライム会員になる必要はないと思っています。
・・・が、今年はなんと6/30~7/2の間に登録した人のみ、通常年会費3900円が2900円になるというキャンペーンが行われているので、この機会にプライムを無料体験してみて、ちょっと良かったらやってみる、というのもありではないでしょうか。


Prime会員 2900円キャンペーン

日本のプライム会員価格3900円というのはそもそも破格で、僕も通常の価格でも不満はありません。
それが月換算で242円という安さになるのなら余計です。

というわけで、プライムデーとプライム会員の特典についておさらいしておこうと思います。
プライム会員はとりあえず30日間は無料体験ができるので、プライムデーに参加したあとで続けるかどうかを決めるということも可能です。

スポンサーリンク

プライムデーのおさらい

プライムデーは年に1度だけ行われる、プライム会員のためのお祭りです。
2015年、2016年ともに7月に1日限定で行われましたが、2017年は7月10日18時から30時間・・・つまり2日に渡って行われるセールになります。

セール品は毎時間ごとにセールページに掲載され、先着順での購入となるため、処理性能が高いマシンとある程度の回線速度が必要です。

今年はセールだけでなく、7/9~7/11にメルセデス・ベンツ・コネクション東京において何やらイベントも行われるそうで、Amazonプライムファンの方はぜひ駆け付けたいですね。
先着100名に記念品の贈呈と、試飲試食、PS4のゲーム体験、ベンツ乗車体験などがあるそうです。
[参考]プライムデースペシャルイベント

目玉商品は、買えません。

こんな言い方をすると語弊があると思いますが、目玉商品となるものはまず買えないと思った方がいいです。

毎年Macなどのいわゆる「客寄せパンダ」的な商品がプライムデー用に用意されます。
今年も確実に出てくると思われます。

が、前述の通り「先着順」での購入となり、発売開始時間にそのページに行っても、だいたい「100%がショッピングカートに入れられました」という表示になっていて買えません。
※100%がショッピングカートに入れられましたという表記は、「用意した台数のうち100%がすべて”誰かの”ショッピングカートに入りました=売り切れ」という意味。

ただ、ショッピングカートに入っているだけなので、そこからキャンセルされることもあるため、「キャンセル待ちに登録」という方法を用いることもできます。
それでも購入できる方が稀と思った方がよさそう。

こうした目玉商品は転売目的の人たちがチートツール的なものを用いて開始早々に抑えているんじゃないですかね~・・・(被害妄想)

なので、まぁ買えないと思った方が精神的に楽ですw

普通に安価な商品もある

ただ、目玉商品以外にも普通に安価に展開される商品もあるので、一応目を通してみるというのはありですね。
僕も昨年FireタブとFire TV Stickを購入しました。
[参考]Prime day 2016で何買った?僕はFire TabletとFire TV Stickちゃん!

こうしたAmazon商品をはじめ、いろいろと安価になっているものがあります。
さすがに発売から数分経ってしまうと売り切れますが、目玉商品でなければ発売時刻と同時に消えるということもない(はず)なので、事前に目星をつけておくといいでしょう。

僕は今年は20インチぐらいのベゼルレスモニターが出てくれたら・・・それを狙っていきたいところです。

プライム会員特典のおさらい

このプライムデーに参加するためには、事前にプライム会員になっておかなければなりません。

プライム会員は通常年会費3900円がかかるサービスですが、ただただ3900円が発生するというものでもありません。
それなりの特典がしっかりとついているからです。

月額325円のサービスに満足できるか否か

プライム会員になることはもはやプライムデーや買い物のためのものだけではありません。

もちろん「当日おいそぎ便が無料」のように買い物に便利なものもあります。

「お急ぎ便なんて必要ない」って思う人も多いと思いますが、いざって時に使えるのと使えないのとでは便利さが全然違うというか。
普段から使う必要なんてないんですよ。本当にどうしても急ぎで必要なものがあって、地元には売ってない、買えないって時に本当に役立ちます。
お急ぎ便の使い方って、これが正しいんじゃないでしょうかw

でも、プライムの真髄はここにあらず。
僕はPrimeビデオとPrimeミュージックこそプライムのサービスの根幹なんじゃないかと最近思い始めています。

特にPrimeビデオには独占配信となる番組が数多くあり、これらが見られるだけでも価値があるなと。

ただ、どちらも「好きな映画が見られる」「好きな音楽が聴ける」というような便利な代物ではありません。
もし、「自分が観たい映画を好きな時に見たい」のなら他の動画配信サービスの方が適していると思います。
同様にPrimeミュージックよりもGoogle Play MusicやAWAの方が優れています。

それでも、月間325円という安さでそのどちらもが使い放題というのはかなりお得。

とりあえずは30日間・・・いや、キャンセルするかもしれないと思ったら余裕を見て20~25日間ぐらいこうしたサービスを試してみるのがオススメです。

なければないで問題ないサービス

Amazonプライムというのは、今プライム会員でない方にしてみたら、なければないで特に問題ないサービスであるともいえます。

だって現時点でそのサービスを受けずに過ごしているわけですからね。

逆に言うと、一度享受してしまうと、なくてはならない・・・いや「ないとちょっと寂しい」ぐらいの感じがあるというもの。

まぁ、なのでちょっとした「ぜいたく品」って感じですね。
ディズニーランドに行くのと同じ感覚ですw

おわりに

というわけで、2017年のプライムデーの情報についてでした。

最近アマゾンっていろいろあったせいか、なんだかあまり買い物に関してはワクワクしなくなっちゃったというか・・・ヨドバシとかビックカメラの方をよく使うようになっちゃったんですよね。僕も。

自分で出店してみてわかったけれど、手数料が結構高いんですよ。
なので出店者側もなかなか安価な商品を出しづらいのかなーと。

安くなければAmazonを積極的に利用する必要ってないですしね。
いままではそこに「Amazonだから安心」ってのがあったと思いますが、それが諸々の問題のせいで崩れてきてますし。

そんな僕もとりあえずプライムは3年目に突入しているわけですし、プライムデーを機にプライム会員を検討するのはいい機会と言えるのかもしれません。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です