ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

Hot WheelsのFord Thunderbird(T-Bird)まとめ

 - ミニカー

      2018/12/09

hwparts4

僕がHot Wheelsを買うことになったきっかけ、
それはFord Thunderbird(以下T-Bird)のミニカーが欲しかったことからです。

そんなT-Birdに何種類か存在していたのでまとめました。

スポンサーリンク

T-Birdの種類まとめ

ホットウィールで存在するT-Birdを車の年式別に見ると、

  • ’57 T-Bird
  • ’58 Thunderbird
  • ’63 T-Bird
  • ’67 Custom T-Bird
  • TNT-Bird
  • T-Bird Stocker

こんな感じです。
※ちなみにT-BirdはFord Thunderbirdの愛称

TNT-Birdはおそらく’67 Custom T-Birdの亜種だと思います。
T-Bird Stockerは後期サンダーバードモデルなので、よくわかりません。

僕が注目しているのは、’57~’67のT-Birdです。

’57 T-Bird

1955年から登場した初代T-Bird。
なかでも’57のモデルは、テールライトがすごい事になってて、
これぞアメリカンゴールデンエイジ!と言わんばかりのデザインです。

Hot Wheelsでは、一口で「’57 T-Bird」と言っても、1969年、1978年、1996年にリリースされた3バージョンの金型が存在します。

69年生産の極初期型モデルに値する’57 T-Birdは、その年で生産が終了したオープンカーモデル。
そして96年生産の’57 T-Birdは96年,97年と2年に渡って販売されて終了したオープンカーモデル。

これに対し、78年生産の’57 T-Birdは2011年まで新作が出るなど、いまだ現役バリバリのルーフモデルです。

なので、今後’57 T-Birdを入手できるとしたら78年生産のモデルになりそうですね。欲しい。

’58 T-Bird

1955年から1957年までが1st editionのT-Birdでした。
1958年からは2nd editionと言われるシリーズにモデルチェンジされています。

初代T-Birdの成功を受けて、新たに4シーターモデルとして登場した2nd editionがこの「’58 T-Bird」です。

フォルムは’57までの1st Edition T-Birdに比べて四角く、「Square Bird」なんて呼ばれていたりします。

Hot Wheelsでは2004年に上位シリーズで登場し、2005年にベーシック入りを果たしたあと、
ミックスパックで確認できました。

2004年デビューと比較的新しい金型なので、まだまだ新作が期待できなくもないのかなと思っています。

’63 T-Bird

2nd editionが1958~1960で終わり、
1961~1963は3rd edition「Bullet Bird」「Rocket Thunder」と呼ばれるシリーズです。

僕はこのT-Birdとの出会いがアメ車への憧れの始まりであり、
ホットウィールとの出会いでもある思い出の一台。

Bulletの名の通り、弾丸のようなデザイン。
2シーターのオープンカーでむちゃくちゃカッコいいです。

Hot Wheelsでは1998年に登場以来、2013年まで展開されてますので、
今後のラインナップにも期待です。

Custom T-Bird

’67~’71の5年間にわたり、5th editionと呼ばれるシリーズが続いたT-Bird。
その’67年モデルがベースになっているのがこのCustom T-Bird。

とはいえ、Hot Wheelsでは1968年に登場した伝説の一台のみで、
その後一切登場していないそうなので、お目にかかる事はなさそうです。

おわりに

素人目線だと「フォードのサンダーバード欲しいんだよなぁ」って思うけど、
サンダーバード1つ取ってもいろんなバージョンがあるわけです。

’70 T-Birdも出てくれないかな、とか
’63のトノカバー外れて4シーターになってるモデルとか、
ルーフがついてるのとかでないのかな、とか

夢が広がりまくりんぐです

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ