ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

キメマスター!と有頂天トラベラーが僕の胸を締め付ける理由・・・きっと田淵のせいというお話。

 - 音楽

   

2017年に大躍進したアイドルグループ「バンドじゃないもん!」。
彼女たちをメジャーデビュー曲の「キメマスター!」で知ったというにわかファンも少なくないと思います。

僕もそのクチです。

これですね。
なぜか偶然見つけてしまって、一度見たら最後・・・グッと引き込まれてしまいました。

Youtubeのコメ欄にある、

本当意味わかんない。歌詞の意味も曲も意味わかんない。メンバーの統一感もなくて意味わかんない。でもなんなの?不思議と惹かれる…何コレ何コレ…最高やん……

この一文が本当にすべてを物語っているというか・・・魅力ってそういうもんだよなーと思ったのを覚えています。

※このコメントに対するレス「下げて下げて最後に一気に上げる感じ好きやで」も最高ですw

アイドルに多少の理解がある人で、まだこのPVを観たことがない人は是非一度見て欲しい。
そしてどっぷりバンもんにハマってほしい・・・。

そう願わずにはいられないのです。

・・・で!

どう考えてもバンもんのためにあるようなこの曲。
他のアイドルや楽曲提供者じゃ絶対にこなせない曲だと思うんですが、僕は初めて聴いた時になぜかUNISON SQUARE GARDENを思い浮かべたんです。

本当になぜだかわからないんだけど。
もしかしたら曲の疾走感とか、癖、音作り的な部分が似ていたんでしょうか?

で、作曲者を調べてみたら「Q-MHz」っていう楽曲プロデュースチームだったんです。

で、ですね。
よくよく調べると、Q-MHzのメンバーにはUNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんがいたんです。

これ、鳥肌モンじゃないですか!?

もしかしたらキメマスターの肝となる作曲者は田淵さんだったのかもしれないなと思いました。
きっと田淵楽曲と波長が合うんじゃないかなって。
※違ったらただの赤っ恥だけどw

そんなことを考えていたある日のこと、僕は偶然とある楽曲と出会うのです。

スポンサーリンク

田淵楽曲っていう前提のまま話をすすめるよ!

きっかけは息子が観ていたYoutubeの「Kan & Aki Channel」でした。

※余談ですが、彼はもう本当にかんなちゃんとあきらちゃんの大ファンで・・・「僕もかんあきちゃんになりたい」とよく言っています。
息子よ・・・残念ながら君はかんあきちゃんにはなれないんだ。・・・というかかんあきちゃんて誰だ。

この動画で二人が「おどってみた」をしているのが、プリプリちぃちゃん!というアニメのエンディングテーマ「有頂天トラベラー」という曲でした。

パーッパパーッパッパッパパッパ♪というイントロフレーズが頭から離れず、たまらずプリプリちぃちゃん!を検索したものです。
[参考]プリプリティーチャーのサジェストからSEOを考えた、という話

そして本家プリプリちぃちゃん!のエンディングを見ているうちに、なんだかすごくモヤモヤした感情が芽生えてきたわけですよ。
なんだろう、なんか青春時代に何かを置いてきたかのような・・・なんともいえないもどかしい気持ちです。

当初は「ウッソ・・・もしかして僕、佐伯夕花に恋しちゃった・・・!?でも向こうはまだ中学生だぜ・・・??」なんて思いました。

でも、どうやら違うみたいなんです。
だって佐伯夕花で画像検索とかしてみても、別にカチリとも来なかったし。

じゃあこの気持ち・・・いったいなんなんだ!といろいろ調べているうちに、答えが見つかりました。

有頂天トラベラーの楽曲提供者、Q-MHzだったんですよ。

もうね、「うわあああああー!!!!」ってなりました。
僕が恋していたのは佐伯夕花ちゃんじゃなく、きっと田淵智也さんだったんだ。

モヤモヤの答えは、僕の破れた夢にある

実は僕、学生時代にバンドをやっていて、当時の夢は「プロのアーティストになる!」というものでした。
めちゃくちゃ演奏はへたくそだったけど、とにかくみんなでバンドをやるのが楽しくて仕方なかったんですね。

で、下手くそなりに曲を作ったりして、オリジナル曲でライブをやったりして・・・結局プロにはなれなかったんです。

プロになれなかったというか、途中で夢半ばにあきらめてしまったんですね。
他に大切なものが出来た、というか。

そのせいで未だに「バンドを続けられなかったこと」というのが僕の人生の後悔として残っています。
なので、バンドで素敵な楽曲を演奏している人たちがとても輝いて見え、そのぶん自分の胸を締め付ける材料にもなっていると。

そうか、だから有頂天トラベラーやキメマスター!を聴くといつも悔しいのか。
と、妙に納得できたのでした。

おわりに

というわけで、勝手に作曲者を田淵先生一人に絞って勝手なことを書かせていただきました。

キメマスター!や有頂天トラベラーが好きでユニゾンを聴いたことがない人は、とりあえずオリオンとか、リニアブルーとか、桜のあとあたりを聴いてほしいです。
逆にユニゾン好きな人はキメマスター!や青春カラダダダッシュ!、METAMORISERあたりを聴いて欲しい。

ほんと、こんなにも僕の胸を締め付ける楽曲たち・・・もっとたくさん作ってくれ!!って感じです。
そんなおじさんの戯言でした。

素敵な曲に撃たれて眠りたい。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です