ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

布袋寅泰がボウイ以前に結成していたバンドBLUE FILM(FLY AWAY)のデモテープは存在するの?

 - 音楽の話題 ,

      2018/03/30

僕がBOØWY(ボウイ)を聴くようになったのは、解散から数年経ってからでした。

今は亡き父がパチンコの景品でとってきてくれたのが、CDアルバム「LAST GIGS」で、
そこから全アルバム・全楽曲を貪るように聴きまくり、果てにはデモテープ・海賊版にも手を染めました。

当時デモテープを管理していた人からヒムロックと松井さんが組んでいた「デスペナルティ」の海賊版は頂く事が出来、CHU-RU-LUの原曲を聴いた時には鳥肌が立ったってなもんです。

で、そうなってくると当然「HOTEIの方はどうだったのよ」ってなるわけですよね。
ボウイの曲も半分は布袋さんが作曲しているわけですから。

デスペナルティを聴けた僕は俄然「BLUE FILM」も気になって仕方なくなってしまったわけです。

スポンサーリンク

存在するらしいけど・・・

デモテープを管理していた方に連絡を取ると、

「あるよ」

とのことでした。
ただ、(だいぶ昔の事なので記憶が曖昧ですが)「キミにはまだ渡せない」みたいな事ではぐらかされて、結局聴くことはできませんでした。

当時、インターネットもなかった時代ですから、
英語の辞書でBLUEFILMについて調べたりして悶々とする日々を送ったり、
カラオケでたまたま見つけたBLUEFILMというアーティストの曲を入れてみたら、とんでもなくエロチックな曲だったとか、

そんな感じで結局未だに出会えていません。
※インターネットがこれだけ蔓延っても音源の存在にふれた情報すら見当たらないです。

本当にその人が持っていたのかどうかも不明。
その人は遠方の人だったので、その後は連絡先もわからなくなってしまい、真相は闇のままです。

おわりに

もし、あるのなら聴いてみたいBLUE FILM。

でも僕が好きなのは3rdアルバムの「BOØWY」で、
これはほぼヒムロックが作曲してるんですね。

そう思うと、ボウイ時代の楽曲はヒムロックの方が僕好みだったのかもしれないわけで、
BLUE FILMは知らないまま、幻のままであったほうが良かったりするのかなぁ・・・うーむ。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ