ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

おっさんが今更聴いて泣きそうになったBiSというアイドルグループ

 - アイドル

      2018/11/13

最初に謝っておくと、僕はまだ30代後半だ。
おっさんと呼ぶにはおこがましい年齢かもしれない。

でもあれだ、40代や50代になったら「ナイスミドル」になるわけだから、
そこは今「おっさん」でいいのかもしれない。

そんなおっさんな僕ですが、ふとたまに「アイドル」を聴きたくなるんです。

今年はなんか前半からBerryz工房にハマって、BABY METALに流れて、でここ数日急にBiSを聴きまくっています。

BiS、ヤバイです。
こんなに一生懸命で、こんなに誤魔化してないアイドルいる?

どうしてまた「解散してしまったアイドル」に手を出してしまったんだろう。
もう彼女たちはいないわけだし・・・すごくやるせない気持ちでいっぱいになります。

というわけで、ちょっと興奮冷めやらない状態でBiSを聴いたレビューを書こうと思いました。

スポンサーリンク

おっさんがBiSを聴いた感想を書く

BiSは「Brand-new Idol Society」の略で、「新生アイドル研究会」という意味。

僕は何年か前にテレビのCMで「DIE」という曲のPVを観たのが初めてのBiSとの出会いです。
当時はものすごく忙しくて、全然興味を見いだせなかったんですよ。

その時の記憶が脳の片隅に残っていたのか・・・今になって「聴きたい!!」と思うようになってしまったのです。

で、聴いてみたらマジでパネェ感じ()だった、っていう。

もうね、妻に「生まれ変わったらドルヲタになる」と宣言して「ふーん」と呆れられたほどです。
息子がまだ何もわからない年齢で良かった。

BiSの魅力は「完成されてなさ」

僕みたいな”にわかモン”が偉そうに言う事ではないですが、BiSの魅力って「完成されてなさ」じゃないかと思うんです。

例えばハロプロとかAKBグループとかって、結構ガチじゃないですか。
歌い方とかも、物すごく上手に歌うというか、安心して聴いていられる感じ。

でもBiSって、LIVEで歌ってるのとかを聴くとなかなか危ういんですよ。
※音源版はさすがのクオリティですが。

プロ意識がめちゃくちゃ高い人たちだから、もしかしたらわざとなのかもしれないけれど・・・なんか「大丈夫かな・・」って心配しちゃうような歌い方だったりするんですね。
しかも人数が6人とかなので誤魔化しも効きづらい。

だからBiSのライブを鑑賞する時の気持ちって、「完成されたエンターテイメントを鑑賞する」というよりは「おゆうぎ会をみんなで応援する」っていう感じに近いのです。

未完成だからこそ一緒に育っていくんだ!

で、男たるもの、女性を魅力的に感じる時って2つのパターンがありますよね。

1つは超完璧な美女で、普段はお高くとまっているような人が、自分の前だけでは甘えてくる・・・みたいなギャップ。
もう1つは、「おれが支えてやらなきゃダメだ」っていう保護者的な目線によるものです。

未完成のアイドルって、うまいことこの2つを刺激してくるんですよ。
そりゃハマるわけだ・・・。

やっぱり完成されちゃってるものっていうのは、そのもののすばらしさに身をゆだねるしかありません。
つまりファンとしても受け身であることが基本だと思うんです。

でも未完成であれば、ファンも一緒に成長していくしかない。

これってまるで「子供が生まれて初めて親になる」ようなものじゃないですか。
そりゃ彼女たちの一生懸命な姿を追っていたら、男なら応援したくならなきゃ嘘だって!

というわけで僕も短期間ながら彼女たちの解散までの流れを追い、「青春っていいなぁ・・・」と泣きそうになってしまったのでした。

にわかな僕がヘビロテしている5曲

さてさて・・・なんかキモイ感じの「BiSへの想い」はこれぐらいにして、にわかファンの僕がヘビロテしている3曲を紹介します。

nerve

2011年発売の2ndシングル「nerve」。

当時はまだテンテンちゃんなどが加入していなかったので、個人的には最新のバージョンがオススメです。(1期最終メン推しなので・・・)
※テンテンコちゃんの声ってめちゃくちゃ癖になりますね・・・。

映像で見るとこれ、サビのダンスがももクロのアレのオマージュなんですよね?

この辺りが「アイドル研究会」とされる所以なのかな。
「普通のことやってても売れない」っていうプロっぽい戦略を感じました。

※のちにこの曲、バンもん!のちゃんももがライブでカバーしてたような気がします。

DIE

僕がたまたまテレビCMで観たっていう曲。
2013年のちょうどメンバー入れ替わりらへんでリリースされたシングルなんですね。

これもPVが秀逸・・・というか、よくわかんないw
でも曲が頭から離れず、ついつい口ずさんじゃう感じです。
プーちゃんの声と良く合ってますね。

サビのドラムのまわし方が個人的に大好き。

FiNAL DANCE

2014年の解散前にリリースされた最後のシングル曲です。
イエモンファンなら必聴w

BiSは普通にカバーアルバムでイエモンのプライマル。をカバーしていたりするので、この歌詞もリスペクトと捉えてOKなはず。

てか、歌詞だけじゃなくて歌メロも厳密にはアウトだけれどもw

それを抜きにしてもアゲアゲで楽しい感じの中に、「これで終わり」っていう感じの切なさが入っているナンバーで、もし僕が当時BiSのファンとしてこの曲をリアルタイムで聴いていたら絶対に泣いてたと思う。

そんな曲です。

ODD FUTURE

そして僕が一番推したい曲はこれ。
松隈ケンタという才能に身震いするほど切ない曲ですよ!

英語の歌詞を日本発音っぽく歌ってるのとかも「あえて」なのかなぁ・・・とか考えさせられちゃう。

タイトルのODD FUTUREはどんな意味なんですかね。
OFWGKTAというヒップホップグループの名称を取って、それっぽくしただけなのかな?

第68回ちばてつや賞大賞漫画の「ODD FUTURE」はここから取られてるみたいですね。

http://www.moae.jp/comic/chibasho_oddfuture

PVはとくにウィポンバージョンがオススメ。

やっば。。。

もう一曲は絞れん!

僕がヘビロテの5曲って書いたけど・・・もう一つは絞れませんでした。
「BiSBiS」もいいし「レリビ」もいいし、「PPCC」もたまんないし・・・ああ、「primal.」もいいよね。

いやむしろこの辺の曲、上のDIEと交代してもいいなぁ・・・。

ちなみにここで書いた3曲はすべて、最後のベストアルバムに入っています。

おわりに

アイドルのレビューなんてやるもんじゃないですね。
とくに僕みたいな”にわか”がやるとすぐにボロが出てきそうで。

・・・でも、書かずにはいられなかったんやぁ!!

ちなみに解散してしまって悲しい悲しいと思っていたBiSですが、2016年7月に「復活」を遂げています。

すごい!

とはいえメンバーはまだプールイちゃんだけみたいですが・・・新曲のPVを見る限り、これはBiSHでもない、LFAJでもない、まさしくBiSが復活するんだ!と思える感じがしました。

「普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?」と言っていたBerryz工房だって、10年やった結果、20代前半でアイドルを卒業していっているわけで。
20代後半になろうとするプーちゃんや、これから集められる新メンバーがどんなアイドルになっていくのか?は純粋に楽しみですね!

※追記

BiSはその後新生BiSとして復活を遂げ、旧メンバーはBYSとしてYouTuberになっています。
ありがたやありがたや。。。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ