ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

THE W 2021を観た感想!異種格闘技すぎて審査が難しそうw

 -

   

先日行われた「THE W」の2021年版決勝戦を観ました。

毎年、年末が近づくとこの手の「笑いの祭典」がいくつか待ってるわけなんですけども。
僕はキングオブコントとかM-1、R-1をかなりの確率で見逃すのですが、なぜかTHE Wだけは毎年運良く観れてるんですよねえ。不思議。
(もしかしたら前番組からの続きで見てるとか、そういうアレなのかもしれないけれど)

さてさてTHE W・・・放送終了直後からネットがザワついたそうですが・・・w
わからんでもないというか、、、いや、もう結構序盤から「何を基準にしたらいいん!?」って感じではありましたよね。

面白かったかつまらなかったかでいうと個人的には面白かったものの、やっぱりなんとなくスッキリしない感じがあったのは「異種格闘技すぎる」ってところだったのかな~??なんて思いました。

そんな感想をダラダラ書かせてください。

スポンサーリンク

異種格闘技すぎる

THE Wって「女性であること」というのが出場条件で、そこにプロアマも問わないし、漫才だとかコントだとか・・・そういう枠がないんですよ。

M-1でマヂカルラブリーさんのネタが「漫才か否か?」みたいな問われ方をしていたけれど、もう既にそのレベルにいないというか。
面白ければなんでもOK・・・という時点で、要はバーリトゥード(何でもあり)なのです。

そんな状態で各種バラバラのファイターたちがリングに上がるわけですから・・・審査員も毎回困惑してるっていうw

たとえば漫才vs漫才という勝負なら「どちらが巧みだったか?」とかね。
有効打をどれだけ打てたか・・・みたいな評価基準もあると思うけれど、THE Wはそういう基準がないんですよ。

ってなると、結局のところ「審査員の好み」で優勝が決まる仕組みなわけで、、、

しかもそれが「スポーツカーとカレー、どっちが好き?」みたいな話(粒度やジャンルがバラバラ)になってくるので、あれ・・・本当に審査員も地獄なんじゃないかなと思いましたw

決勝戦は3組ともすごかったなぁ・・・

んで、今回の決勝は3組ともすごくて。
僕なんか深夜にも関わらずゲラゲラ笑っちゃってたんですが・・・やっぱ異種格闘技だったなぁとw

天才ピアニストさんは正統派のコントで面白かったし。
Aマッソさんは例のプロジェクションマッピングを使う新しい漫才だったし。
優勝したオダウエダさんはやりたい放題やってたしw

なんだろう、「どれが一番面白かったか??」というのはやっぱり決められないよなぁ。
そうなると審査側としても本当に好みで決めるとか、「一番にする理由」みたいなのを無理くり作らないといけなかったんでしょうねえ。

ってか、プロジェクションマッピングて。
かたやでっかいカニの作り物っていうアナログな武器で勝負してんのにw

これ、本当にルール整備がなされなければどんどん新しい戦い方が出てきそうですよね。
ステージに100人立ってもいいんだろうし、むしろ映像だけ流して誰もステージに立たないってことも可能なのかもしれないし・・・(それと面白いかどうかは別なんだろうけど)

女性限定である意味

ただね~毎回思うのは「女性限定」っていう意味はどこにあるのかな・・・ってところで。

別にそれを差別だなんだはもう言いませんけど、じゃあここに男性が出場したら無双できるのか?
それとも男性と女性では笑いの軸が違うのか??(だとしたら審査員に男性が多いのはどういうことか???)
女性にしかない武器、戦い方があるのではないか???

などなど、やっぱり考えさせられたかなぁ。

結局は「審査員がどの目線で審査をするか?」という基準が「M-1」なのか「キングオブコント」なのか「THE W」なのか・・・ってことなのかしら。
で、芸人さんはその審査員に向けて仕上げてくる・・・みたいな。

そうなると、むしろ男女関係なく「面白-1 GP」みたいな異種格闘技が生まれてもいいのかもしれないですな。

おわりに

というわけで、THE W今年も楽しませて頂きました。面白かったです。

次は日曜日にM-1ですなー。
見逃さないようにしたい。

   

 -

   

スポンサーリンク