ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ローソンストア100で「100円タピオカミルクティー」が発売されたので飲んできたよ!

 - その他グルメレビュー

   

ローソンストア100でタピオカミルクティー(180g)が発売されると聞いて、さっそく買いに行ってきました!

昨今のタピオカドリンクブームのせいで僕もちょいちょい「飲みたい!!」ってなるんですけど、なかなか手軽に買えるお店ってなかったので・・・それが100円で買えるなら腸ねん転するぐらいヘビロテできちゃうんじゃないかと思わせられますね。
※といっても普通のコンビニで200円ぐらい出せば飲めたと思うけど。。

まぁとにかく100円っていうのは魅力なんですよ。

さて、早速飲んでみた結果なんですが・・・「思てたんと違う・・・」っていうのが正直な感想です!
何がどう違ったのか・・・?以下に記しておきますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

100円で買えるタピオカミルクティーがこちらです。

というわけで、買ってまいりました。
ローソンストア100のタピオカミルクティーです。

タピオカミルクティーって、テレビでいとうあさこさんも言ってたけど、もう日本でも3回目ぐらいのブームなんですよね。

僕としては今から10年前ぐらいに知人がEasywayっていう台湾のお店の移動販売車でタピオカドリンクを売っていた記憶が強く残っています。
当時はねえ・・・今ほど行列を作るような代物でもなくて、渋谷で出店しても全然売れない・・・みたいな感じでした。

Easywayのタピオカドリンクって(思い出補正かもしれないけど)めちゃくちゃ美味しかったんですよ。
なので、時代が時代ならバブリーな想いをできたんじゃないかと思うと、なんだか惜しいですね。

原材料にはタピオカ粉も?

原材料表示は以下のようになっていました。

乳等を主要原料とする食品、ブラックタピオカ(異性化液糖、こんにゃく精粉、タピオカでん粉、寒天)、異性化液糖、紅茶/増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、香料、乳化剤、pH調整剤、ソルビトール、植物炭末色素、リン酸塩(K)、トレハロース、水酸化Ca、(一部に乳成分を含む)

おそらくは一番に来ているのがミルクティのミルクの部分で、次にブラックタピオカ、でもって紅茶、甘味・・・といった感じですね。
ブラックタピオカには一応「タピオカでん粉」と書かれているので、これがいわゆる「キャッサバ」とかいうヤツなんじゃないかと思います。

ただ、それよりもこんにゃく精粉の方が多めに入っているってことみたいです。

内容量は180gで、カロリーは一本あたり86kcalとのこと。

これはタピオカ・・・か!?

パッケージは透明のボトルではなく、タピオカミルクティーが描かれた白いプラスチックだったので、中身が見えるようにグラスに移してみました。
おお・・・黒い宝石がしっかり入ってるでぇ~!!

さっそく太いストローで吸ってみたところ・・・ん?

あれ・・・なんだこれ・・・
なんか、思てたんと違う。。。

タピオカってもっとモチモチした食感だと思うんですが、これはどうも「こんにゃく」感が強いというか・・・すごく歯切れがよいのです。
ブラックこんにゃくゼリー、みたいな?

個人的には、本当にこれをタピオカと呼んでいいのか・・・?と不安になりました。

ミルクティの方はソルビトールに一抹の不安を覚えたものの、普通に美味しかったです。

おわりに

タピオカミルクティの魅力は果たしてタピオカそのものにあるのか、はたまたミルクティにあるのか。
それともそれらが合わさって初めてタピオカミルクティたらしめるものになるのか・・・。

僕にはその辺はよくわかりません。

ただ明らかなのは、今回のタピオカが今までに飲んできたタピオカミルクティに入っていたものとは明らかに違う代物だった、ということ。

ちなみに、もうすぐ5歳になる息子は「ぱぴおか、おいしいねえ~」とか言いながら一人で一本飲みきって、さらに僕の分にまで手を伸ばしてきました。(死守)
いつものタピオカだとモチモチしすぎてて幼児やお年寄りは喉に詰まらせてしまう危険性もありそうですが、ローソンストア100のタピオカミルクティならモチモチ感がないですし、粒も小さいですし、その危険性が少ないのかもしれないですね。

ま、何はともあれ・・・100円で手軽に飲める”タピオカみたいなヤツが入った甘いミルクティ”としてはあり、なのかな!

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ