ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

てるみくらぶの弁済金が決まったよ!我が家は15万円が5,000円!

 - 日記

   

部外者の方たちにしてみたらすでに忘れ去られた存在かもしれません。
今年の3月に発生した「てるみくらぶの経営破綻」による弁済金がようやく決定しました。

我が家は15万円の旅行代金に対して約5,000円(3.3%程度)という内容でした。

当初、1,000円とか1,500円とか言われていたのを思うと・・・頑張ったほうだよね!

とは、ならないです。

タイーホとかしなくていいから、残り14万5,000円返してよ・・・。
だってこれ経費にならないんでしょ・・・?雑損??なるの?

僕らはまだ15万円程度で済んだからダメージが少ないですが、100万とか200万突っ込んでた人は絶対納得できないですよこんなの。
とにかく3桁行っちゃった人に優先的にでもいいから全額返してあげて欲しいです。

スポンサーリンク

果たして「てるみくらぶ」は詐欺だったのか?

僕はずっと「いやこれ、詐欺とは質が違うでしょ」みたいなスタンスで来てたんですが、結局社長は詐欺の容疑で逮捕という流れになりましたね。
利用者を騙していたという詐欺罪ではなく、銀行などにウソの決算書類を出して「融資金額をだまし取ろうとした」という点がタイーホの決め手だったみたいです。

まぁこれ、まったくもって許せる要素はないですけど・・・結局のところ経営手腕の優れた人が介入して、自転車操業だったとしてもガンガン回せていれば、結果的には詐欺にならなかったんですよね。
いや、詐欺になったんだとしても、誰も痛い想いをしないで済んだというか。

だから「ただ経営がへたくそだったんでしょ」ってのが、我が家での総意だったんです。

・・・が、結局のところ手腕の優れた人を採用するでもなく、経理担当者と共謀して美味しい汁を吸っていたっていうじゃないですか!
そうなってくると話は別ですよね。。。

融資受けといて贅沢はないよね

実は僕、その昔に飲食店の経営をやってたんですよ。
で、すっごく苦しい時期があって、銀行に融資の相談に行ったことがあるんです。

もちろんウソの決算書類なんて出さなかったけど、ちゃんと事業の再生計画を立てて相談にいったおかげで追加融資をしてもらえました。

要するに、銀行だって「ちゃんと立て直せるよね」ってのがわかればお金を貸してくれるってことです。

・・・で!
その時の僕ら家族って、もうめちゃくちゃ質素な生活してたんですよ。
洋服とか1年に1着買えるかどうか、みたいな。
パンツだってビロビロに伸びてから買い替える・・・か悩む、みたいな生活です。

もちろん社員の士気を高めるためにも派手な生活を装わなければならないというのはあったと思いますが、ぶっちゃけ装うだけでいいんですよ、そんなもん。
役員年収数千万とか、何に使ってたの?ってみんなに怒られるのは仕方ないんじゃないかと。

騙そうなんて気はなかったと言うけれど

今回、逮捕直前に行われた債権者への説明会において、この期に及んでまだ山田元社長は「騙そうという気はなかった」という事を話していたそうです。

僕も、この期に及んでまだ彼女の話はウソじゃないと信じています。
きっと、騙してやろうなんて気はなかったんでしょう。

おそらくは「頑張ってたらいつか上手くいく」みたいな楽観的な気持ちだったんじゃないでしょうか。

ただ、騙す気持ちがあろうとなかろうと、結果的に上手くいかなかったのは事実なわけで。
うまくいかなかった時に「騙すつもりがなかった」という理由で逃げることはできないってことだけは理解しておいてほしいなと思います。

おわりに

というわけで、5000円かえってくるよ!というところから、てるみは詐欺だったのか?というところに発展したお話でした。

まー、結論から言えば、銀行に対しては完全なる詐欺ですな。
僕ら消費者に対しては、詐欺だったのかどうかはグレー・・・ってところかと思います。

ただ、もう詐欺かどうかなんて僕らとしてはどうでもよくて、なんとか頑張って僕らへの借金を返してよね!?ってところだったんですが・・・もうこれ以上粘っても面倒なので我が家は5,000円を受け取って終わりにするつもりです。

そのうえでどうしても納得いかないのは、5,000円受け取るために90円だかの切手を貼らなければならない点ですね。。。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です