ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

「釣りタイトル」で稼ぐアクセスはニュースサイト()にとって損失ではないのか?

最近、ニュース記事をよくスマホで見ているんですけど、やたらと読者を騙そうとするタイトルが多くてちょっと気になってます。

たとえば今日唸ってしまったのがこちら。

[参考]離婚を報じられ…『スッキリ』加藤浩次「色んな意味で身軽になったんだから」苦笑い「そ、そうですね」話題– いまトピランキング 

gooの「いまトピランキング」という、なんか他所のニュース記事を再編したようなヤツにあったものです。
これ・・・なんとなく加藤浩次さんが離婚したかのような書き方じゃないですか。

でも記事を読んでみたら全然違ってて。

内容は「デイリースポーツ onlineにこんなん書いてあったで~」っていうものだったんですけど、その元ネタになっているデイリーさんでは

[参考]加藤浩次、日テレ安村アナへ「いろんな意味で身軽に…」離婚報道イジり?/芸能/デイリースポーツ online

こういうタイトルの記事だったんですね。
わかります??

前者は「加藤さんが離婚したのかも」という感じに思えるのに対して、後者は「安村アナの離婚を加藤さんがイジった」ってのがわかるタイトルになってます。

これねえ・・・なんか悪意を感じるんですよ。
悪意というか、「加藤浩次 離婚」で検索する人を引っ掛けたいとか、ニュースのヘッダーを見た時に(今回の僕みたいに)「えっ、加藤さん離婚したん!?」って思う人を誘導したいとか、そういう裏の意図があるんだろうなって。

・・・それか単純にタイトルを付けた人のおつむがアレだったか・・・。

実際に検索してみたらこんな感じ↑だったので、まぁ前者(裏の意図あり)なのかしら。

これってすごくタチ悪いと思うんですよ。
公共のトイレで女性と関係を持つとか、チャットで下半身露出するとかと同じぐらいタチ悪いなって。

まぁー・・・こんなのって今に始まった話じゃないですけどね。
僕らもネットが無かった頃に散々東スポの一面に騙されてきましたし。

でもなんていうか・・・大丈夫?ちゃんと考えてる!?と思ってしまったのです。

スポンサーリンク

「ノーパン始球式」も気になったよね。

ちょっと前にはアイドルやらの名前をあげて「始球式でノーバン」みたいな釣りタイトルも話題になりましたよね。

あれも僕なんかは「えっ・・・ノーパンで?大丈夫?見えちゃった・・・?」と心配になって、3回ぐらいは騙されましたから。
※ノーパン(パンツ履いてない)じゃなくてノーバン(バウンドなし)だったんです。。。

もうね、観た瞬間ガッカリするっていうか、「あ、パンツ履いてた良かった」って思って記事なんか読まずに即閉じるわけですよこんなん。

でもそれっていったい何の意味があるんでしょうね?
その一瞬でも見てもらう=PVを稼ぐみたいなところに意味があるのかしら・・・?

不良が良い事すると褒められるアレの逆バージョン

学生時代に「不良学生がちょっと良い事するとやたらと先生が褒める」っていうヤツ、あったじゃないですか。

僕なんかも聞き分けの良い生徒ではなかったですけど、たとえばクラスの掃除当番とかは普通にやってきてたわけですよ。
でもそんなの先生は「当たり前のこと」つって褒めてはくれなくって。

逆に不良学生で普段は掃除なんかサボってるようなヤツがたまに掃除してたりすると、担任の先生がめちゃくちゃに褒めたりするんですね。

僕はなんかそれが許せなかったんですよ。
「ずっちぃなぁ」って思ってて。

でもこれって、要は担任の先生にとっては「期待してないところに良い事があったから余計に嬉しい」みたいなところだったんだろうなと。

そしてこれは逆もあり得る話で・・・「期待してたのに悪いことがあると余計に悲しい」っていうのがあるわけです。
「優等生だと思ってたあの子が隠れてタバコを吸ってたなんて・・・」みたいな。

こういうことがあると物凄く印象が悪くなるんですよね。

前述の例で言えば「ノーパンかと思ったのにノーバンかよ!よくも騙したァァァァ!!!」みたいな。

読者に嫌われて大丈夫なん・・・?

そう思うと、前述のいまトピランキングの記事って読者にとっては本当に印象が悪いと思うんです。
なんだったら「もう信用しねえ」ってレベルになりますよね。

その時の”騙しクリック一回分”のPVは稼げるかもしれないけど、以降にユーザーが離れていく可能性ってないものなんでしょうか?

今回記事一覧を見てたら他にも

離婚へ、シングルマザー宣言も「絶対無理」沢尻エリカとの接点も

というタイトルがあって、時期が時期だけに「ノゾミールのことか!?」と期待するじゃないですか。

そしたら道端アンジェリカさんのことだったり。

[参考]“美人局疑惑”道端アンジェリカ、沢尻エリカとの接点も…!? シングルマザー宣言も「絶対無理」の大合唱! – TOCANA

↑これがその元記事。

(沢尻さんを引き合いに出しておきながら)「誰が」っていうのをあえて書かないあたりにやっぱり悪意を感じます。

もうそんなことがあったので

どういうこと…「12人の女性と交際」人気ジャニーズ「全然理解できない」

これはさすがにクリックしませんでした。
12人の女性と交際してたのが人気のジャニーズじゃないもんね、絶対違うもんね。

こうやって「もう信用しなーい」っていう読者が増えていかないのかなぁ・・・?

タイトル大切、ゼッタイ

ブログにしろこういうニュースサイトにしろタイトルっていうのは本当に大切なんですよ。

というのも前述したとおり「加藤浩次 離婚」とかで検索した際に目を引くタイトル(かつ上位にいる)じゃないと読んでもらえないから。

ただねー・・・。
やっぱり「タイトルだけ」じゃないんですよね。

大切なのは「タイトルと中身が合致していること」じゃないでしょうか。
タイトルで釣って中身が全然違ってたら・・・それって詐欺みたいなもんだと思うんですよ。

だってそうじゃない?
「1時間3,000円ポッキリ」って言われてたのに、帰ろうとしたら数万円請求されるとか意味わかんないでしょ??

逆に「1時間1万円ぐらい」っていわれてて3,000円で済んだ方が何倍も嬉しいですし。

安易にタイトルで釣るのはやめません???

※gooの件(いまトピランキング)でいうと明らかに日本語がアレな場合もあるので・・・もしかしたらそういう裏の意図がなくて「普通に書いてたらこうなっちゃってるだけ」っていう可能性もあるけど!

普通のタイトルでも「読みたい!!」と思えるのが最強

最後に・・・僕が今日一番「読みたい!!」と思えたタイトルがこちら。

[参考]妻3人のサンコン 渡部不倫を非難 – goo ニュース

これは同じgooでも前述の「いまトピランキング」ではなく「goo ニュース」の方にあったタイトルヘッダーなんですが・・・なんか短い言葉でズバッと「読みたい!」って思わせるのがすごいです。

「どの口が言ってんねん!」というツッコミを用意しながら記事を見て、結局突っ込めずに唸ってしまうような内容だったんですけど面白かった。

おわりに

まぁ・・・ライターさんにもいろいろ事情があるんでしょうけどね。
それでも「こう書けば騙されるだろう(へっへっへ・・・)」みたいなのは、やっぱりあんまり良い結果を生まないのではないかと。

そんな「タイトルが気になる」というお話でした。

追記

ふと思ったんだけど、こういう「元ネタありき」で「〇〇と△△が報じている」っていう記事って、、、需要あるんすかね??

要するに「『ニュースでこう言ってたでー』っていうニュース」でしょ。
それに対して批判するとかコメントするとかではなく・・・。

いわゆるキュレーションサイトの派生みたいな感じなのかしら・・・?

   

 -

   

スポンサーリンク