ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ホットウィールのラベルにある情報の見方。2016年モデル版

 - Hot Wheels

   

hw_label1

ホットウィールを買うとき、ラベル台紙から必死に情報を読み解こうとしますが、
初心者にはよくわかりません。

実際僕は何が何やらわかりませんでした。

なので、わかった範囲で書いてみようと思います。

スポンサーリンク

ラベルの見方2016

まずは2016年モデルのラベルの見方です。

そもそもどうやって2016年モデルなのかの見極めるのかというところからいきます。

hw_label2

2016年モデルは前年までのモデルと違い、
ラベルに「セグメントシリーズ」のロゴマークが入りました。

この’67 CHEVELLE SS 396というモデルで言えば、右側に炎のマークが入ってますね。
こうなってるやつが2016年モデルと考えていいと思います。

では一つ一つラベルに書いてある文字の意味を追っていきますね。

コレクターナンバー

まず、右上にある数字。
これはコレクターナンバーと呼ばれる数字です。

’67 CHEVELLE SS 396の場合、92/250と書かれています。

2016年にはのべ250台のベーシックカーが発売され、
そのうちの92番目として番号がふられたモデルということです。

これはあくまで年間通して、全シリーズ通して、あらかじめふられた番号でしかないので
番号が若いからその年の早くにでたモデル、とかではないです。

日本では1ヵ月に18台の新作が乗ってきて、12ヵ月で計算すると、216台。
そう思うと実に34台分の差が出てきますね。

日本未発表モデルがあるというのは、こういう事なのか、
それとも34台分はどこかで穴埋めされているのか?
その辺りは僕には謎です。

シリーズナンバー

2016年のホットウィールは実に30のセグメントシリーズに分かれており、
各シリーズごとに、5台もしくは10台というラインナップ構成になっています。

ロゴマークの上にある数字は、そのセグメントシリーズ内でのナンバリングです。

’67 CHEVELLE SS 396で言えば、2/10となっていますね。
これはHW FLAMESというセグメントシリーズが2016年に10台発表されるうちの2台目ということです。

シリーズ名

シリーズナンバーの下に書かれているのがシリーズ名です。
このモデルでいえば「HW FRAMES」になります。

車体名

モデル名とも言われます。
このモデルでいえば「’67 CHEVELLE SS 396」になります。

対象年齢

左下に書かれている「+3」というのは、アメリカ式の対象年齢の書き方です。
小さいパーツを使っているから3歳以上推奨ってことですね。

日本語の注意書きには「3歳未満の子には絶対に与えないでください」と強めに書いてあります。
じゃあ3歳になれば絶対に飲まないか?っていうとそういうわけではないと思うので、
あくまでホットウィールで遊ばせる時は親が見るようにしましょうってことですね。

モデルナンバー

hw_label3

もうひとつ、裏面を見ると上部に英数字の記載があります。
’67 CHEVELLE SS 39でいえば、DHR07-D7B3と書いてあります。

このDHR07に該当する部分が「モデルナンバー」で、
2016年に限らず、(たぶん)全車種で固有の番号を意味しています。

ただ、その後ろに書いてあるD7B3は何なんだろう。
2015年のモデルもD7B3って書いてあったり、07B3だったり。

2014年モデルは持ってないけれど、2013年のやつだと09A0Lとか09A0Eとかが
共通の英数字としてふられています。これも僕には謎。

モデルナンバーはスーパートレジャーハントと通常車種でも別になるので、
年間15台ぐらいのスーパートレジャーハントが出ると思うと、2016年モデルは265種程度になる感じでしょうか。

おわりに

あくまで2016年モデルの見方になりましたが、
他の年式のでも近年のなら大差ないです。

ただ、セグメントシリーズ内のナンバリングはないかも。

参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です