ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

ロッテ・プチチョコパイのレビュー。これは「プチ」というより「贅沢」なチョコパイ。

 - コンビニスイーツ部

   

chocopie-petit2

我が家のおやつの定番、ロッテのチョコパイ。
その「プチ」バージョンをついに試す日がきました。

いつものチョコパイで満足しているというチョコパイファンも多いとは思いますが、今回これを食べてみて「チョコパイがただ単に小さくなっただけじゃないぞ」と思ったのでレビューです。

スポンサーリンク

ロッテ プチチョコパイのレビュー

袋から開けてみると、本当に小さいことがわかります。

chocopie-petit1

プチの名は伊達じゃねぇー!

lawson_chocopie5

本家および、100円ローソンの偽パイはこのサイズですから、いかに「プチ」なのかがわかります。
[参考]ローソンストア100のチョコパイはロッテのチョコパイと比べるまでもなかった

スポンジ部分がチョコケーキ

chocopie-petit3

断面図はこんな感じです。
ここでチョコパイマニアである妻は「あっ!!」と気が付きました。

そう、スポンジ部分がチョコケーキで出来ているんです。

lawson_chocopie6

例によって、通常バージョンの色はこれですね。

これが期間限定モノなのか、それともバリエーションなのか、レギュラーアイテムなのかはわかりませんが、パッケージにしっかり「しっとりチョコケーキ」って書いてありますね。

ただ小さくなっただけじゃない

実際に食べてみると、ただただチョコパイがプチになっただけじゃないことがわかります。

まず見た目からもわかる通り、クリームが締める割合が大きくなっています。
なので食べた瞬間のクリームの主張具合が違いますね。

そして、チョコレートの味や洋酒の味の感じ方が違うように思いました。
おそらく小さいサイズに対してチョコレート層の厚みが同じなんじゃないでしょうか。

つまり、スポンジやクリームに比べてチョコの割合が大きくなっているということ。

これは「プチ」というより贅沢チョコパイなのかもしれません。

頑張っても4口

ただ、どうしても小ささが残念ですね。
本当に、どう頑張っても4口が限界。なんだったら1口でいけちゃうぐらい小さいです。

なので、おやつとしてこれ1個じゃ全然物足りない感じ。

まぁ、2個食べればいいだけの話なんだけど。

もしかしたら通常サイズの1個だとちょっとカロリーが気になる・・・みたいな人にはちょうどいいのかもしれません。

おわりに

というわけで、ロッテのプチチョコパイのレビューでした。

これがなんと8個入り1パックで、100円しないぐらいの価格で売っていたそうなので、明日あたりお店にある分全部買い占めてきてもらおうと思います。

 

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です