ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

プーケットに行ったなら、ウ○コの味のドリアン食べないとね!

 - プーケット旅行記

      2018/12/07

durian

プーケット、パトンビーチの中心地には
ジャンセイロンという大きなショッピングモールがあります。

そこの地下にスーパーがあって、
現地の食材などを買う事ができます。

そこで僕は出会ってしまったんです。
禁断のフルーツ、いや、悪魔のフルーツ、
もとい、ウ○コ味のフルーツ(の王様)「ドリアン」に。

スポンサーリンク

ホテルでは持ち込み禁止

先に書いておきますが、
ホテルによってはドリアンの部屋への持ち込みが禁止されています。

僕が泊まったドゥアンジットリゾートも部屋にご丁寧に書いてありました。

また、公共機関などでもNGとなっている場合が多いそうなので注意が必要です。

ドリアンの魅力

ドリアンは果物の王様と言われるぐらい、
ハマる人は抜け出せないほどにハマる果物らしいです。

僕らについてくれたガイドさんも大好きだと言っていました。
(ちなみにこの方はパッタイは嫌いだそう)

その反面、ウ○コの味がするだのなんだの
言われたい放題な部分があるのも事実です。

僕からしてみたら、
ウ○コとか言われてるのに平気な顔して売られていて、
中にはハマりすぎる人がいるなんて、どんなフルーツなんだろう!?と
好奇心を抑えずにはいられませんでした。

いざ、ウ○コ、実食

ジャンセイロンのスーパーで一番小さいのを選んで66.75B。
すごい事に、ビレイのカオマンガイより高いんです。

一番小さいやつなのに、
外食の一食分より高いフルーツって聞いたことあります?
もちろん街の中心地で売られているというプレミアはついているでしょうけど、
タイ人には簡単に手をだせる代物じゃないんじゃないかと思います。

部屋には持ち帰れないので、ジャンセイロンの外のベンチで開けさせてもらいました。
この時点ではまだすっごい期待しています。
果物の王様なんだし、どれだけ僕を魅了してくれるだろう。
その味わいの前には、ちょっとした臭いぐらいなんてことないだろう、と。

でも、
甘かったです。

ドリアンが、じゃなくて、僕の考えが。

口にもっていった時、その香りは間違いなくウ○コになりました。
そして口に入れると、まさしくそれはウ○コでした。
※食べた事ないけどね。

「くっせー!」
と言いながら、責任をもって一口は食べきったものの、
それ以上食べる気にはなれませんでした。

味わいは、たしかにクリーミーではあったけれど、
まだまだ未熟な僕には、ちょっと大人な味だったのかもしれません。
単純に美味しいとは思えなかった。

結局、申し訳ないと思いつつも
半分以上残ったドリアンをどうする事もできず、
袋に入れてゴミ箱に捨てる事になりました。

おわりに

今回、体験という意味ではいい体験をさせてもらいました。

でも、どうせならみんなが食べてる「美味しいドリアン」が食べたいですね。
もしかしたら偽物だったのかもしれないし!

たとえ本物だったとしても、あのまま齧り付くのではなく、
例えばキンキンに冷やして食べるとか、熱して食べるとか、
何らかの美味しい食べ方があったのかもしれません。

いつの日かまたチャレンジしたいようなしたくないような、
そんな感じのドリアンでした。

(ドリアン信者のみなさん、ごめんなさい)

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ