ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

SS席にすべき?「KURIOS(キュリオス)」のチケットをお得に買う!【シルク・ドゥ・ソレイユ】

 - ショーの感想など ,

      2019/03/04

数年に一度のお楽しみ、シルク・ドゥ・ソレイユの移動公演がまた日本にやってきます!!!

今回は2018年2月に東京からスタートする、シルク・ドゥ・ソレイユ30周年記念公演「キュリオス」です。

オフィシャルサイトで紹介動画を観ましたが・・・今回のはヤバそうですね!
もしかしたら僕が見てきた移動公演(ドラリオン以降)の中で最高のショーになるんじゃないかと期待しています。

・・・この紹介動画を見ただけでもう泣きそうになりました。

[参考]ダイハツ キュリオス 日本公演<オフィシャルサイト>

さて、そんなキュリオスですが、東京公演のチケットはすでに販売されており、特にSS席は残りわずかとなっているそうです。

SS席にすべきなのか?
そしてチケットをお得に買える方法はないのか?についてまとめました。

スポンサーリンク

キュリオスのチケットはSS席を買うべきか

キュリオスはチケットがSS席、S席、A席と分かれており、それぞれ大人の価格は以下のようになっています。

SS席 S席 A席
平日 12,500円 10,000円 6,500円
土日祝 13,500円 11,000円 7,500円

※東京公演の場合。大阪中之島ビッグトップではSSがS、SがA、AがBと記載。

そして実際にはSS席よりも上のグレードの席に案内される「SS席オリジナル特典付」というチケットもあります。(こちらは平日20,000円、土日祝が21,000円。)

初めての時は、「いったいどの席を買ったらいいんだろう・・・」と悩んでしまうところでしょう。

シルクの移動公演はサーカス小屋!

シルク・ドゥ・ソレイユの日本の移動公演の時には、ビッグトップという組み立て式のサーカス小屋を移動させています。(厳密に移動させているのかはわかりませんが・・・)
サーカス小屋は「想像する通りのサーカス小屋」なので、円形の舞台を囲むように観客がいるという構造。

そして、本当に本当にサーカス小屋なので・・・思っているよりも小さいのです。

実際の席配置はこんな感じ。
青がSS、オレンジがS、緑がAです。

・・・そしてSSオリジナル特典付が赤い色の特等席ですね。

見てもらえばわかる通り(?)どこの席に座ったとしても「ステージが見えない」ということはありません。
さらには狭い会場なので、一番後ろの席だったとしてもそこそこ間近にステージを感じることができるようになっているのです。

なので・・・極端な話、「どこの席だったとしても見え方のグレードはそこまで変わらない」と言えるでしょう。

もちろんステージはSS席のDエリアを正面と考えて演目が進むため、A、B、G、Fあたりの席だと横から見る形になってしまうことは否めません。
そして一番前の席なら大迫力なのは違いないです。

ただ、シルクの場合は「横で見ているヤツは放っておく」みたいな演出はしませんので、AまたはGエリアの席だったとしても十分に楽しめると思います。

SS席でもA席より残念な可能性も

とは言っても、倍近い値段を払っておきながらも「A席より残念なSS席」というのは取りたくないですよね・・・。
例えばSS席のFエリアで一番後ろのG寄りになるぐらいだったら、A席のGエリアで一番S席に近い場所の方が良いかもしれません。

僕はシルクの移動公演で唯一嫌いなところがこれなんですよ。
「わざわざSS買った意味がないじゃん・・・」って思わせるのはどうかと思うんです。

どうせなら全席同じ価格にしてくれたらいいのにね・・・。

なので・・・こだわるのであれば、特等席が取れるSS特典付き一択といえるでしょう。

もし特別なこだわりがない限りはA席だったとしても本当に楽しめるハズです。
※ただ、僕がA席で観たことがあるわけではないので、あくまでも会場規模と今までのショーを観た感じからの主観であることに注意。

追記

実際にSS席で観てきましたので、その距離感や角度などはこちらの記事の写真を参考にしてみてください。

シルクドゥソレイユ「KURIOS(キュリオス)」を観てきました!感想と会場の様子など

チケットをお得に買う方法は・・・?

さて・・・同じショーを見るにしても、少しでも安価にチケットを入手したいと思うのは当然のことでしょう。
僕も実際に少しだけ安くチケットをゲットさせて頂きました。

いくつかの「お得に買える方法」を紹介します。

コストコ会員なら少しだけ安く買える!

シルク・ドゥ・ソレイユの移動公演が来日するたびに、コストコでは割安なSS席チケットが販売されます。
今回僕らは前回のTOTEMに引き続きコストコでチケットを購入しました。

[参考]コストコでシルク・ドゥ・ソレイユのチケットを買う時の座席指定について【TOTEM】

コストコで購入すると、通常価格の20%オフになります。
平日12,500円のSS席が9,980円となり、1人あたり2,520円もお得になるのです。

もし家族や友達で4人分を購入する場合・・・無料でもう1人行けちゃう計算になりますね。
(この表現が正しいかはわかりませんがw)

なんだったらS席を通常価格で買うよりも安いので、「S席でいいかなー」と思っているコストコ会員であればこのSS席チケットを購入するのが断然オススメです。

コストコでチケットを買う際の注意事項

コストコでシルクのチケットを買う場合、注意したいことが2点あります。

一つは「日程がある程度絞られる」ということ、もうひとつは「座席は購入後に決まる」ということです。

おそらくはコストコが「ある日時においてのみ、まとめて席を買う」ということで安く取り扱うことが出来ているのでしょう。
売り場においてあるチケット引き換え用のカードにはすでに対象となる日程が記載されています。

これをレジで購入後、サービスカウンターで座席を決定することになるのです。

なので、売り場においてあるカードに記載された日程だと都合がつかない場合は諦めるしかないですし、チケットを購入するまではSS席だったとしてもどのエリアになるかがわからないということ。

今回僕らに提示されたのはBエリアの16列目でした。
どうやらこの1列がコストコの僕らが購入した店舗に割り当てられていたようですね。
その中で好きな席を選べる・・・という方式です。

運よくCエリア(やや中心)寄りの席が連番で空いていたので、夫婦2人分をそこで取ってもらいました。

ちなみに、コストコのチケットの場合、チケット発券後にたとえ公演が終わってたとしても返金可能なんだとか。
すごい仕組みですね・・・本当だとしたら。

【知ってた?】コストコで写真撮影したら叱られるというお話

VISAカードの会員もちょっと安い

もしコストコ会員でなくとも、三井住友VISAカードの所有者なら安く買えるかもしれません。
今回も例年通り、VISAの会報誌にVpassの割安チケットが載っていました。

こちらではSS席の13,500円が11,700円となっているので、約14%オフといったところですね。
コストコと違う点はたしか会場まるっとVISAの貸し切りとかだったと思うので、S席やA席も割安に購入することができるところです。

割引率は14%ですが、「コストコ会員じゃないけどVISAカードホルダー」って方はこちらがお得ですね。
VISAカードでの決済もできるし。

というか、カードステータスによる座席優待とかあれば余裕でこっちなんですけどね~。
Vpassではそういうサービスはないそうです。

[関連]年に一回は海外旅行に行くなら、VISAのゴールドカードで20,000円以上得する件

オークションや金券ショップ

他にもヤフオク!やメルカリといったオークション・フリマアプリを使えば「チケット買ったはいいけど行けなくなっちゃった・・・」という人から安価に購入することができるかもしれません。

金券ショップなんかも同様ですね。

ただしこれらの場合はそもそも「売られていないこと」が前提にあり、もし偶然に出会えたとしても日程が合わなければダメ・・・と、なかなかハードルが高そうです。
また個人間の取引だと、それが果たして本物のチケットなのか・・・?といった懸念もあるかと思います。

転売目的に入手されたチケットかもしれないですしね~。

転売と販売って何が違うの?転売ヤーが嫌われる理由とは

最近はチケットの転売がやたらとうるさくなってきているので、「オークションで安価にゲットしよう」みたいなのは難しいんじゃないかと思います。
まぁシルクの場合、結構ギリギリまでチケット余ってたり、平日だったら当日券が余りまくってたりするみたいなので、オクに出たとしても「高価な良席」かな・・・。

おわりに

というわけで、キュリオスのチケットについてのまとめでした。

僕はこういうショーのチケット代金って、演者に対する敬意だと思っています。
なので、本来の価格(13,500円)を支払うんだとしても何の文句もありません。
(・・・それ相応のショーを見せてもらえるのであれば!!)

ただ!

安く買える手段が提示されているのなら、やっぱり安く買いたいと思ってしまうのが人の性ですよね・・・。

・・・と、なんか値段の話ばかりになってしまいましたが、冒頭で書いたとおり本当に今回の公演は楽しみです!!
もしめちゃくちゃ良かったら追加公演でなんとかSS特典付をゲットしてもう一回観るとかしたいところ!

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ