ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン(火曜・金曜更新予定)

ダイの大冒険 スタイルフィギュアのレビュー!30年分の技術の進歩を感じる一品・・・!

おおお、売ってたぁ~!

ダイの大冒険、スタイルフィギュアです。

これねえ、発売されてるってのは知ってたんですけど、全然見かけなかったんですよ。

たまたま立ち寄った遠方のスーパーで見つけちゃって。
息子が「おれはダイの大冒険のグッズなら何でも欲しい」というので、まぁ・・・1つぐらいは買ってあげようかなと!

というわけで、ダイの大冒険スタイルフィギュアのレビューです。

スポンサーリンク

ダイの大冒険スタイルフィギュア、こんなんやった

ダイの大冒険スタイルフィギュアはタカラトミーアーツが販売する玩具菓子です。
箱の中には彩色済みのフィギュアが1体と、申し訳程度のガムが1つ入っている・・・ってやつですね。

価格は398円でした。

ラインナップは上記4種。
ダイ、ゴメちゃん、ポップ、クロコダインです。

箱の上部には中身がしっかり書いてあって親切な感じ。
ビックリマンチョコと違って、これがダブりまくったら悲しいもんね・・・。

ちなみにそこのお店ではダイばっかり売れてたようで、逆にクロコダインが余りまくってました。

・・・僕としてはクロコダインもなかなか好きなんですけどね~・・・。
やっぱ子供には人気ないのかな、ワニおじさん。

いざ開封

というわけで・・・我が家にやってきたのはダイくんです。
かわええ~。

正直、パッケージ画像からはもっと小さいヤツを想像してたんですよ。
それこそ30年前ぐらいに発売された「ダイコロ」みたいな。

そしたらそこそこ大きなサイズだったし、フルカラーだったし・・・これで400円なら良いよね!?

参考までにボックスと比較するとこれぐらいの大きさです。
ややボックスサイズが過剰かな?って気がしないでもないですが・・・。

残念なのは4種フィギュアのスケール感がバラバラで、ゴメちゃんがクソでかい、ポップとおっさんが小さい・・・っていうところ。
せっかく箱が大きいんだから、クロコダインも同スケールにしてほしかったなぁ。

クオリティ高くね?

フィギュアのクオリティでいうと・・・顔の彩色もこんな感じで良さげです。
子供の頃に買ったダイコロなんて赤一色、とかだったもんなぁ・・・。技術は確実にあがっていますよ!

ほっぺの傷もしっかりと再現されてるし・・・いいぞ!

息子的にはパプニカのナイフの「穴」がモールドだけだったところが不満だった様子w

これだけ小さいパーツなので穴を開けようとおもったら強度に問題が出ちゃいそう。
なので、これで正解なのだよ!

家にいたスライムと並べて・・・

最後に・・・家にいたスライムのフィギュアと並べてみました。
スライムのスケールってこれぐらいですかねえ・・・?

ゴメちゃんサイズと思うと・・・もっともっと小さいかな。

別角度から。
アバーーーーン・・・ストラーーーーーシュ!!!
(ゲェーッ!当時の子供は誰もが傘でやった技ーーーー!!)

おわりに

というわけで、ダイの大冒険 スタイルフィギュアのレビューでした。

なんか息子の友達もちょいちょいダイのファンが増えているそうで・・・おじさんとしては嬉しい限りであります。
マンガって世代を超えるんだね!

そのおかげなのか、最近はコンビニでもダイの大冒険マンチョコが復活してたし・・・いい傾向ですな!

ダイの大冒険のビックリマンチョコ(ダイの大冒険マンチョコ)が売ってねえ

願わくば、ビックリマンもスタイルフィギュアも第二弾が出て欲しいところです。

というかスタイルフィギュアのラインナップ・・・なぜ「ゴメ」を入れたし。。。
そこはマァムでしょうが!!(ゴメちゃんはダイとのセットで良かったと思うのよね~)

   
スポンサーリンク