ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

鮎川まどかに惚れなかった男なんていない!鮎川まどか1/10フィギュアが気になりまくりんぐ

 - プラモデル・フィギュア, 漫画

      2018/04/18

80年代にジャンプを読んでいた人なら・・・もれなく彼女に惚れていたでしょう。
そう・・・きまぐれオレンジ☆ロードの鮎川まどかに!!!

そんな鮎川まどかの1/10スケールフィギュアが現代に登場されると聞いたら・・・気にならないわけがありませんよね。

商品は2016年4月に発売となっています。

写真で見た感じむちゃくちゃ良く出来てると思うんですが、1点だけひっかかることがありました。

それは、「これははたして鮎川なのか!?」と思ってしまった・・・ということです。

スポンサーリンク

歴代鮎川まどか

鮎川まどかとひとくちに言っても、いろいろな鮎川がいるわけですよ。

「初登場時の鮎川と、脂が乗っている時期の鮎川、連載終了後の鮎川」では雲泥の差があります。

ちょっとそこらへんを見ていきましょう。

初登場時の鮎川

まず初登場時はこちら。

ayukawa1

ジャンプで連載が始まった時の、ジャンプの表紙に載っていた鮎川です。
この頃はストップ!ひばりくんの影響を受けていたのか、そういう時代だったのか・・・僕らが愛してやまない鮎川とはタッチが違いますね。

良くも悪くも80年代初頭って感じ。

ただ、この鮎川はこれですごくいいんですよねー・・。

脂が乗っていたころの鮎川

ayukawa2

まつもと泉先生は連載中にどんどん絵が上手くなっていって、特に作品中盤ごろの「成熟しきっていないけれど、上手くなっていたころ」の絵柄が僕は大好きです。

そのあたりから終盤にかけてが、一番鮎川に脂が乗っていた頃じゃないでしょうか。

やや丸かったし。(この画像だと細いけど)

今思うと、頭がやけにデカいんですけどね~・・・。これがまた可愛いんです。

連載終了後の鮎川

まつもと泉短編集DIGITAL SHORT CONTENTS 1巻

連載終了後に、プレイボーイか何かで掲載されたという特別短編があると聞いてワクワクしながら読んだ覚えがあります。

内容はまだ彼らの三角関係が続いていたころのもので・・・終わらない日常がそこにあるようで嬉しかったですね~。

ただ、連載当時との絵のタッチの違いに愕然としました。

SESAMI STREETの頃から若干このクセが出ていましたが、輪郭が少しカクついているというか・・・以前のような柔らかさがなかったんです。

デジタルの影響なんですかね~。
これはこれでまたいいんですけど(結局どれでもいいんかい!)

今回のフィギュアの鮎川

じゃあ今回発売されるフィギュアは「どの鮎川なの?」ってことで、ご尊顔を今一度見てみると、

ayukawa3

う・・・ふつくしい・・・!!

だけど、どうでしょうこれ。
どの年代の鮎川でもないような気がします。

なんだろう・・・そもそも髪型が全然違いますもんね。

実際は上の「歴代鮎川」以外にも、アニメ版鮎川とか、ノベルス版鮎川とか・・・もっともっと鮎川は存在しているわけなんですが・・・そのどれにも当てはまらなさそう。

それなのになぜか「あっ・・・鮎川っ・・・!!」と言いたくなるから不思議ですこの鮎川。そこはかとなく鮎川。
また新たな鮎川が生まれてしまったというわけですね。(鮎川のゲシュタルト崩壊が起きそう)

おわりに

というわけで、我らが鮎川まどかが3次元に蘇るぞ!ってお話でした。

 

かなり余談ですけど、鮎川って魅力がすごいですよね。
これで高校生なんだっけ・・・?80年代の高校生ってこんなに大人だったの・・・??って思いますw

最終的には超能力を使える恭介を受け入れてますしね。
一般人だったら超能力者を前に臆しそうなものですが・・・そこは鮎川ですよ。器が違うんです。

もし現代を生きていたら・・・もう50代とか60代なんですよね。
肝っ玉母ちゃんになってそうだなぁ・・・。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ