ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

FunBoo EVA GT-Rのレビュー!ダイソーで買える110円のエヴァンゲリオン・レーシング 日産GT-R!!

 -

   

ゲットォー!!!

ダイソーで発売されている、FUNBOOなるブランドのGT-Rをご存知でしょうか。
これのエヴァンゲリオン・レーシングバージョンをゲットしてまいりました!

JAM CORP.という会社が企画されている110円玩具みたいですね〜。
公式がAmazonでセット販売されているので、近くのダイソーに無くてもゲッツ可能です。

サイズ感こそトミカより大きく、プラ製・・・つまりハッピーセットトミカみたいなミニカーなのですが、これが110円と思うと途端に許せるというか、すごく愛おしい・・・めっちゃ買い込みたい(w)、そんなアイテムだったりします!!

というわけで、FUNBOOのエヴァンゲリオン・レーシング、日産GT-Rがどんな感じだったか・・・レビューです!!

スポンサーリンク

ファンブーのエヴァGT-Rこんなんやった

パッケージ具合の堂々さといい、日産およびエヴァのライセンスはしっかり獲得していそうな商品ですよ。
それが110円で・・・!!たまらん。

開封したのがこちらです。

そう・・・プラ製ボディにシールを貼って完成させるという、まさにハッピーセットトミカクオリティな本品!!

ミニカーとしてのクオリティはさておき、シール式というのは大人も子供も楽しめるわけよ。

シールを貼って完成させるとこんな感じ。

背面側も。

やっぱりプラボディ+シールというところでのチャチさは否めませんが・・・遠目に見た感じの完成度はヤバいです。いい感じ。

六面図的に見ていくよ!

この手のヤツはシールを如何に「まっすぐに」貼るか!?というところでクオリティが左右されると思います。

頑張ったけど、フロントグリルのところは難しかった・・・!!!
マレーシアのおばちゃんたちがタンポ印刷でどれだけ苦戦しているかがわかったわ、、、

特に凹凸のあるところに無理矢理シールを貼って仕上げる式の箇所は、どうやっても上手くいく気がしないw

むしろ自分で塗装できるところは塗装して、シールでないと雰囲気でないようなところだけシールをカットして貼る・・・みたいなのが正解かも。

個人的にはテールランプなんかはシール仕上げだとすごくもったいないように感じました。

(でもリアの日産ロゴなんか、ボディカラーと違和感なくて偉いと思う)

サイドボディもシール感がバリバリ出てますな〜。
もうちょっと薄いシールだったりすると良かったのかしら。

個人的にはホイールが平面仕上げになってしまうシール仕様って嫌いなのですよ。。。

一方、トップビューは結構いいかも??と思ってます。

これはむしろシールで覆い隠される部分が多いため、プラが露出する部分が減るからかな??

インテリアが省略されていても、ハチマキシールがあることでちょっと上級なミニカーに見えたり。

そして底面もいい感じですね!?
110円のアイテムとは思えない作り込みで・・・しっかりブランドロゴも入ってて、「やったるで!!」っていう意気込みを感じます!!!

やばいなぁ・・・これはFUNBOOの他の車種への展開を期待しちゃう。

ボディは三角頭のネジでシャーシに止められていますので、三角ドライバーがあれば分解可能。

タイヤはやや太めのアクスルで固定されており、ホットウィールやトミカのような走りを期待すると裏切られます。

ただ、こんな感じの構造なので・・・うまくホットウィールのホイール(リアルライダーとかw)にスワップしてあげたらそこそこカッコよくなりそう。

ホットウィールと比べたサイズ感はこんな感じ。
やや大きめってところですね。

全長8cmだったので、ギリ3インチってところなのかなー??
スケール的には1:58ぐらいです。

ちょっとだけカスタム

こんな感じのチープなアイテムですから・・・カスタム次第で如何様にもカッコよくできそうな気がしております。
ガッツリボディの塗り直しからやりたいところ。(本音を言えば)

今回はちょっとだけ手を加えてみましたよー。

まずはプラボディがすごく軽そうに見えてしまうため、ボディ裏を黒で塗りました。
これによって光の透過率が変わって、ボディがやや重そうに見えるようになれば成功ですw

ちょっとやっつけではありますが、ホイールも元のヤツをいかして、リムとスポークをシルバーに塗装。
元のシールからレター部分だけ切り取って貼り付けました。

FUMBOO TIRE!!!
さてはこのエヴァレーシングのデコもオリジナルか!?(そもそもGT-Rのエヴァ.Rなんてあるん??)

あとはボディサイドのシールも、ドアのラインに沿って爪で痕をつけました。
もしかしたらデザインナイフで切って上げれば良かったかも。

それで完成したのがこちら〜。

おおう・・・Aピラーのシールが剥がれとる。。
(・・・って、上の写真みたらみーんな剥がれてた模様w)

あれですね〜、もちょっとけがいて墨入れするとか、車高を下げてみるとか。
ちょっとしたことでだいぶ印象が変わりそうです。

おわりに

というわけで、FUNBOOのエヴァ・レーシング GT-Rのレビューでした。

これ、他にも弐号機、零号機、8号機、6号機、そして初号機の暴走版カラーなんてのもあるんですよねえ。
また、順番は前後しますが・・・エヴァじゃない方のGT-Rも出てます。

プラボディをがっつりメタリックなキャンディカラーに仕上げてみても面白いかもなぁ・・・!
なんだかいろいろ遊べそうですぞ!

   

 -

   

スポンサーリンク

Comment

  1. super cub より:

    あ~っ⁉

    エヴァのGT-Rってコレだったのですね!
    普通のGT-Rの白と黒の脇のフックがごっそり抜けていたのは、もしかしてそこにエヴァがあったのかもですね⁈

    もう皆さんチェックが早いんだから~
    毎日、ダイソー、バースディ、ザらス、イオン等パトロール
    してるのかしら?学校や仕事行ってるの?
    なんて思わずにいられないです。

    エヴァ!オジサンの心が揺らぎますわ
    後で、ちょっと出撃してきますね
    (¥110で、このクオリティ!結構楽しめますね)

    • kaketayo より:

      super cubさん

      コメントありがとうございます!

      そうなんですよ!
      普通のGT-Rと悩んだのですが、せっかくならエヴァレーシングとw

      もし見つからなかったらAmazonで12台入を買うしか!?w

      >学校や仕事行ってるの?

      ほんとほんと。。。
      あと情報を得る速度の速さがやばい、、、