ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ベーシックカーにクリアー塗装でスペクトラフレーム風にカスタム・・・したかった

 - ミニカー ,

      2018/12/09

以前、カスタムするつもりで塗装だけ剥がしていた’65 Mustang(1999年モノ)がありました。

hwparts5

こいつです。
バラして、塗料剥がし液みたいなヤツで頑張って落としました。
それが1年前ぐらいの話。

昨日たまたま空いた時間があって、
家に”捨てる予定の段ボール箱”があったので、塗装に乗り出しました。

結論から言うと、軽く失敗です!

スポンサーリンク

準備フェーズ:磨き

塗料を剥がしたら、ボディを磨いていきます。
今回手持ちのサンドペーパーが粗いのしかなくて、200番→400番しかかけてません。

普通こういう工作をする人は1500番とか2000番とかまで頑張ります。
僕は長続きしないタイプの人間なので、400番で満足してしまいました。

mustang_custom1

こんな感じから、

mustang_custom2

こんな感じに。
もっとやれば、もっと銀ピカになったはず。

自分の怠慢さを呪います。

いきなり塗装

本来はプライマーとかサーフェイサーとかの下地材を塗布しますが、
「いきなり!ステーキ」を先日食べたせいか、いきなりの塗装です。

せっかく磨いたので、クリアカラーにしてみました。
というか、手元にTAMIYAのクリヤーレッドスプレーしかなかったからです。

自宅のベランダで、段ボールを塗装ブースに見立ててサッと吹きます。
この日は風も強く、賃貸のベランダを赤く染めてしまいました。大家さんごめんなさい、、、

塗装ブースは大きめにしておいた方がいいですね。
遠くから薄く何度も吹くのが絶対大切だと思う。

だって、それが出来なくて失敗したから・・・!

完成

というわけで、こんな仕上がりになりました。

mustang_custom3

赤いボディに金色のホイールが光る、まるで2016年モデルの’52ハドソンホーネットのようです。(言い過ぎ)

てか、画像ぼやけすぎ。

※ちなみに後ろに映っているスプレー缶がクリヤーレッドと光沢クリアです。

mustang_custom5

ボンネットに思いっきり塗りムラが出来ましたw
だからあれほど「薄く何度も吹き重ねる感じで」って言ったじゃないか。

mustang_custom4

ドアのらへんも塗装が乗ってない部分があります。
ボンネットで「ヤベッ」って思ってヒヨりすぎました。悲しい。

mustang_custom6

でもなんとなくスペクトラフレームっぽいな!と自分に言い聞かせています。
インテリアも塗りたかったけど、塗料の手持ちがありませんでした。

おわりに

というわけで、簡単にカスタムできて楽しめました。
以前もそんな記事を書いたな、そういえば。
ダブり・ルースをお手軽カスタムで、ちょっといい感じに。【ホットウィール】

初めから何でも上手に出来る人なんて、めったにいません。
最初はへたくそでも、そのうち上手くなるんですw

というわけで、楽しんでカスタムもやっていこうと思ってます。

スポンサーリンク

  こちらの記事もおすすめ