ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

大迫力で飛行機が見える「さくらの山公園」に行ってきた【成田空港】

 - こどもとおでかけ

      2018/12/07

家庭の事情から車を手放す事になり、
「じゃあ最後に車でしか行けないようなとこ行こうぜ!」
という話から、1時間ぐらい悩んだあげく、「成田空港に飛行機を見に行こう」という話になりました。

調べてみると空港の横にある「さくらの山公園」という場所が、
「飛行機も見られるし、駐車場もあるし、トイレもあるしいいよ」という事でした。

結果、さくらの山公園、大正解でした。

スポンサーリンク

滑走路の真横に位置する公園

sakurayama1

さくらの山公園はまさに滑走路の真横に位置すると言っても過言ではない立地です。
上の写真でも見えるのですが、画面奥の柵の向こうに空港ビルや飛行機がいます。

今回カメラを持って行かなかった為、スマホでの撮影になってしまったので伝わりづらいですが、
実際の距離感はもっと近いです。空港に停まっている飛行機の存在感はもっともっと大きいです。

sakurayama2

滑走路の横に位置しているので飛行機が数分に1本飛んでいくのを間近で見られます。
これもカメラ性能のせいで飛行機がだいぶ小さく写ってしまっていますが、
肉眼ではめちゃくちゃ大きいです。※その分音も大きいですが。

この日はあいにく小雨が降っている天気でしたが、
「飛び立ったばかりの飛行機だから見えない」なんてことがありません。

あまりの迫力に1歳4ヵ月になる息子も大興奮。
翌日から地元での散歩中に空に見える小さな飛行機には見向きもしなくなってしまいました・・・。悲しい。

sakurayama3

公園脇には「さすが空港!」って思える設備があって、
上の写真のような、まるでアメリカの片田舎にありそうなさびれたバリケードと、よくわからない植物なんかも雰囲気を盛り上げてくれましたw

目印は「空の駅」

事前に「駐車場あり」という事だったので、さくらの山公園の駐車場らしきを目指して行きましたが、
さくらの山公園に続く道路は封鎖されていて入れませんでした。

そのまま付近をウロウロしてしまったのですが、
駐車場はさくらの山公園の横にある「空の駅」の駐車場を利用するようです。

sakurayama6

空の駅・さくら館。
この建物の手前側に広めの駐車場が広がっています。

ちなみにゆるキャラは「うなりくん」。
成田と言えば「うなぎ」。そして成田と言えば「空港」。
その二つを融合したキャラです。

お手洗いはこの空の駅の入口手前にありました。
清掃も行き届いていて嬉しかったです。

お土産コーナーなど

sakurayama5

空の駅の中では温かいコーヒーや焼きたてのパンなどが楽しめるイートインコーナーと、
地元の名産品や空港関連グッズ、うなりくんグッズ、あとはさすが空港横ということもあって海外のお菓子などが売られてました。

公園で見る事ができる飛行機の中でもひときわ大きいボーイング787の模型も、
ANAバージョンとJALバージョンが揃ってました。
どっちもかっこよくて、めちゃくちゃ欲しかったけど我慢。。。(我が家はおもちゃが増えすぎなのです)

地元の特産なのかはわかりませんが、焼き芋の「紅はるか」は必食ですw
[関連]焼きイモなのに、まるでスイートポテト!成田空の駅で食べた”紅はるか”が激ウマ

キッズスペースも

sakurayama4

イートインコーナーの横には簡易キッズスペースもあって、
息子はもうこれだけで大満足だったみたい。

この室内からも飛んでいく飛行機を見る事が出来るので、
ここで飛行機を見ながら昼食を取る、なんてのも可能です。

パンなどが売られているとは知らなかった為にお弁当を持参しちゃったので、
中の方に断ってイートインスペースを利用させてもらいました。

おわりに

観光バスなどで来られている方もいらっしゃいましたが、
なかなか車がないと行けないような場所かもしれません。

ただその分、穴場スポット感はハンパないです。

特に僕らみたいな「海外旅行行きたいけど、子供もまだまだ小さいし・・・」みたいな人は、
なんとなく飛行機を間近で見るだけでも楽しいですよ!

僕が撮影した写真だと迫力が全然ないですが、
それぐらいの期待感で行くとなかなか良い意味に裏切られると思います。

こちらのサイトではより詳しい情報が載っているのでご参考までに。
[参考]さくらの山公園へ飛行機を見に行こう!

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ