ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

新京成サンクスフェスタ2018に行ってきました!2年連続2度目の参戦。

 - こども関連

   

今年も行ってきました!
新京成サンクスフェスタ2018です。

昨年は6月に開催されていましたが、今年は例年通り(?)10月の開催。
本当は他に行きたい場所もあってどっちにしようかと悩んでいたのですが、4歳になった息子に確認したところ「新京成のおまつり行きたい!」というのでこちらを優先することに。

昨年の反省を生かし、今年はかなり楽しめてきましたので・・・そのレポートをまとめたいと思います!

スポンサーリンク

新京成サンクスフェスタとは何ぞや

新京成サンクスフェスタは(よく知りませんが・・・)毎年行われている新京成電鉄のお祭りです。
例年、新京成の車両基地がある「くぬぎ山」駅にて開催されており、基地内では車両の展示や、電車に関わるイベントごとが行われます。

京成グループが行っているフェアの一環らしく、北総鉄道なんかも似たようなお祭りをやってるようですね。

普段は閑静な住宅街といった印象のくぬぎ山が、この日ばかりはかなりたくさんの人で埋め尽くされます。
10時開場のところ、僕らは9時50分ぐらいに到着したのですが・・・実際に入場できたのは10時10分を過ぎていたほどの盛況っぷり。

去年も驚いていたおばあちゃんがいたけれど、今年も「えっえっ、なにこの人??」みたいになっている地元の方を見かけましたw

新京成サンクスフェスタ2018で出来たこと

実は僕、昨年は他のイベントに参加した後で参戦したので・・・現地に到着したのが昼過ぎだったんですよ。

2歳8ヵ月の息子と新京成サンクスフェスタinくぬぎ山2017に行ってきました!

で、それだとさすがに終了している展示イベントがあったりして・・・100%は楽しめなかったんです。
そこで今年は開場時間に間に合うように行ったわけなんですね。

その甲斐あってか、いろいろと楽しめたので紹介します。

キャラクターグリーティング

まずは入口のところで”つば九郎”・・・じゃなかった、しんちゃんとけいちゃんが出迎えてくれました。
せっかくなので記念撮影をしてもらうことに。

これ、言ってみたらキャラクターグリーティングじゃないですか。
ミッキーだったら1時間ぐらいかかるヤツですよ・・・まさかの1分ぐらいでキャラと増えあえるお得感よ・・・。

ほかにも「松戸さん」とか「かまたん」、「PASMOのロボット」といったゆるキャラも現地にいて・・・なかなかお祭りを盛り上げてくれていたと思います。

実際の新京成車両が展示&休憩所に

会場内をドドンと横切るように、実際の車両が「休憩スペース」として設置されています。

昨年はN800形1次車でしたが、今年は8800形でした。

普段は移動手段として乗るだけの電車をこうして間近で見られる機会というのはなかなかないので、なんだかんだ貴重な気がしましたね~。
息子なんて見つけるなり「これ乗りたい!!」と興奮していましたし。(くぬぎ山まで同じ8800形に乗ってきたと思うんだけどね・・・)

※余談ですが、車内での飲食は禁止されていたにも関わらず、多くの家族が車内で食事をしていました。
そもそも来場者数に対しての飲食スペースが少なかったのが問題かもしれません。

・・・それ以前に「電車で食事する」という非日常を味わいたかったのかな・・・?

いろいろな体験が楽しめる!

特に子供にとって、このイベントの真骨頂とも言えるのは各種体験イベントでしょう!

運転席に乗れる、車掌さんになって車内アナウンスができる、電車のドアを開閉するスイッチ・・・などなど。
そのうちのいくつかは整理券が必要で、早々に締め切られてしまうのですが・・・ほとんどの体験会は「数分並べば楽しめる」というものです。

我が家では運転席も車内アナウンスも運良く整理券をゲットできたので、両方楽しめました。

あとは昨年もあった「小さい新京成」の乗車体験。

Nゲージの操縦体験。
※N800のNゲージが走ってた気がする・・・。

オリジナル缶バッジ製作体験・・・などなど。

我が家の息子的には缶バッジ製作が一番楽しかったみたいですね~。

目の前で自分が塗った塗り絵がそのままバッジになるというのはとても感動的だったようです。

それから子供向けにクイズラリー企画もありました。
新京成線好きなお子さんにしてみたら余裕すぎるクイズですw

おどろくべきは、こうしたイベントがすべて「無料」ってこと。
バッジを貰えたり、クイズラリーでも景品をもらえたりするのに・・・入場料はおろか、体験費用がまったく取られない。

なんだったら他の会場では「新京成線のフェイスペイント」なんかも無料でやってもらえるんですよ・・・。

会場内ではスタッフさんの不手際が目立ったりもするんですが、これも全部無料なんだと思うと逆に申し訳ない気持ちになったり。
とにかく太っ腹なイベントといった感じです。

オリジナルグッズ販売も

このイベントに来場する方の中には「新京成線のオリジナルグッズが欲しい」という方も多いのではないかと思います。

去年は「路線図のようなもの」を嬉しそうに抱えて帰る子たちと何度もすれ違いましたし・・・。
今年も駅名が書かれた看板のようなものを抱えている女性とすれ違ったなぁ。

ただ、どこで販売されていたのかは僕らにはわかりませんでした。
もしかしたら開場前に第二会場付近で出来ていた行列がそうだったのかな・・・?

さてさて、そこまでガチな姿勢で臨まずとも、会場内で普通に手に入るアイテムもあります。

今回息子が一番大喜びだったのはこれ。
セブンイレブンと新京成線のコラボ品だと思うんですが、セブン&アイのPB商品(メロンパンとか)が入ったN800形のボックスです。

中には他にもふなっしーのシールが入っていて、ふなっしーラッピングトレインを再現できるという胸熱仕様ですよ・・・!
※息子はプラレールにベタベタ貼ってましたw

新京成電鉄とセブンイレブンって、なんかしっかりコラボしてるんですよね。
プラレールのN800もヨーカドーやセブンで売ってるし。

今回は昼食も基地内で売られていたセブンコラボアイテムの「おむすび&おかずセット」を利用させて頂きました。

ちなみに基地の外にある第二会場ではフードトラックや屋台が出ており、そこでも石釜ピザやターキーレッグなどなどが楽しめます。
僕らはとりあえず一通り買ってしまい、本当に食事にだけお金を落としたって感じのイベントになりましたw

まだまだ盛りだくさん!

ここでは我が家が体験できたイベントを中心に書いただけであり、実際にはもっともっと楽しめることがたくさんあったりします。

たとえばこんな感じで、現行車両がズラッと並ぶ展示なんかもあって・・・やっぱり新京成ファンなら訪れておかなければいけないイベントと言えるでしょう。
今回は特にN800形の5次車も展示されていたので(遠かったけど)、これを楽しみにしていた人も多いんじゃないでしょうか。

※ちなみに5次車は一度だけ息子と乗りましたが・・・とにかくピカピカで、息子以上に僕が興奮しちゃいました。

あとは運転シミュレーターがあったり、バザーがあったり・・・。
そうそう、新京成バスの運転席で記念撮影するヤツなんて60分待ちとかで並んでたなぁ。

とにかく無料なのに本当に盛りだくさんで・・・一緒に会場を巡った同行者が「こんなに楽しめるとは思わなかった」と驚いていたほど。

これ、新京成電鉄側としては開催にどんなメリットがあるんだろう。
イメージアップ目的だったりするのかもしれませんね!?

おわりに

というわけで、新京成サンクスフェスタ2018に参加してきた感想でした。

いやー・・・正直言うと僕は電車って全然興味ないんですよ。
子供の頃にも目を輝かせて電車の魅力を語る友人を冷ややかな目で見ているようなヤツでした。

それが今や電車のイベントに行って、なんだったらそこそこ「楽しめたなぁ」なんて思ってるんだから、人生ってどうなるかわからないもんですね。

きっとこれ、息子にしてみたら来年も行きたくなるイベントだろうなぁ。
こうなったら他の京成グループのイベントも参加してみたいところです!

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ