ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

これから流行るかもしれないタイ料理で押さえておくべきメニューとは

 - タイ料理

      2017/08/09

最近街中でタイ料理のお店がどんどん出来ています。
一時期のインド・スリランカカレーのお店の勢いに負けてないんじゃないかと思います。

そんなタイ料理のお店に行く事があったら、
これだけは食べてみて欲しいという料理をあげてみました。

スポンサーリンク

タイ料理のお店に行ったらオーダーしたい料理

ゲーン・キオ・ワーン

sg_green

おなじみ「グリーンカレー」です。
ゲーンが「カレー」を意味しています。

わざわざおすすめするような物でもないですが、僕が大好きなのでw

ワーンは「甘い」という意味ですが、
青唐辛子を使っているからグリーンカレーなわけで、しっかりと辛いです。

トムカーガイ

sg_tomka

ゲーンキオワーンと見た目は似ていますが、
こちらはココナッツミルクと鶏肉、レモングラスの甘辛酸っぱいスープです。

僕の家ではトムカーガイのペーストの並行輸入品を大量にストックしています。
タイ料理の店でも見かけないところも多く、トムヤムクンにその座を奪われていて悔しいです。

パッタイ

dung_1

パッ(炒める)タイ(タイ)というすごい名前の料理です。
日本のメニューではよく「タイ風焼きそば」と書かれています。

タイ風と言っても辛くなく、甘じょっぱい味付けの米麺の焼きそばです。
パッタイは生のもやしを一緒に提供されるんですが、もやしの甘味を存分に味わえる料理と言えるかもしれません。

カオマンガイ

briley_kaomangai

鶏(ガイ)のスープで炊いたご飯(カオ)に、ほろほろの鶏肉を乗せたごはんメニュー。
僕もタイでランチ時に頂きましたが激ウマでした。
パトンビーチでカオマンガイ食べるならビレイが超オススメ

日本のタイ居酒屋だったら〆に行きたい感じです。

ソムタム

dang_6

タイのイサーン地方の料理で、青パパイヤのサラダです。

青パパイヤのシャキシャキ感に、唐辛子のピリ辛感、
そこにライムやナッツなどが効いてオリエンタルな美味しさ。

個人的には前菜として必ず頼んでしまう一品です。

ガパオ

gapao

トムヤムクンやグリーンカレーについで有名なタイの香草焼きご飯「ガパオ」。
ガパオ自体はタイのバジルの事を指すみたいです。
「タイ溶離の『ガパオ』ってなに?」

最近じゃスーパーのお惣菜コーナーでも見かけますね。

カオオップサッパロ

kaoopsapparot

くり抜いたパイナップルを器にした、パイナップル炒飯。

見た目のインパクトに魅かれがちですが、味もウマウマです。

プーパッポンカリー

pupadpongcurry

今から半世紀前ぐらいにバンコクのソンブーンというお店で生まれた料理。
カニのカレー炒め(溶き卵入り)。

なかなか見かけないけれど、見たら必ず食べるってぐらい好きです。
ソフトシェルクラブを使ってるヤツが食べやすいし美味しいです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
これらを全部食べ終わる頃には、きっとタイ料理通になっていることと思います。

もしお店でオーダーするならチャーンビールも忘れずに行っときたいですね。

・・あー、タイ料理食べに行きたい。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ