ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

病院の会計はなぜ遅いのか???

 -

   

うちの近所にある耳鼻科(開業医)は、診察がめちゃくちゃ速い。
とにかくスピーディなのです。

おそらくは医師が無駄を嫌う人なのでしょう。
診察までの待ち時間も極端に少ないし、診察もサッと終わるのである。

それでいて腕が悪いとかいうわけでもなさそうなので、病院としての評判も良い。
素晴らしい耳鼻科なのです。

・・・が!!!

なぜかお会計だけはクッソ遅いのだ。。。
先生は速いのに、その他のスタッフさんたちが激遅なのである!

これはいったいなぜなのか????

というところから、なぜ病院の会計が遅いのかを調べてみました。
最近妻が病院で働くようになったので、そこからの情報も入れております。(なので信憑性あるぞ!)

スポンサーリンク

病院は何で「顧客満足」を得るのか!?

病院はなんとなく「公共のサービス」っぽい印象がある。
それは「健康保険」などによる医療費の負担があるから・・・かもしれない。

だけれど、病院の経営だってれっきとしたビジネスなのだ。
つまりお医者さん(オーナー)は病院を運営することで利益を出していかなければならない。

さて・・・利益を生むためには「顧客満足」が切って離せないところにあります。
顧客から不満を生み続けるようなビジネスはそのうち客足が鈍り、売り上げを挙げられなくなるのです。

では病院における「顧客満足」とは何だろうか???

顧客満足は・・・病気を治してくれるか否かだ!!

飲食店の顧客満足は・・・「味」「クオリティ」というのが想像に難くないと思います。
でもマクドナルドのように「スピード」や「価格」で勝負できるところもあって、いろいろな顧客満足度の上げ方があるんだな~というのがわかりますよね。

でも病院の場合・・・僕らは病気になって初めて行くということも多く、その時の目的は「病気を治すこと」に他ならないのです。

いくらスピードが速かろうと、診察料が安かろうと・・・適切な診断をしてくれない病院には行きたくないわけですよ。

逆に、うちの近所にある皮膚科なんかは、めちゃくちゃスピードが遅いのにも関わらず、必ずそこを選ぶという人が多く、毎日病院の外に行列ができております。
(その近くにガラガラの皮膚科もあるのに)

会計が早くなるに越したことはないけど・・・

もちろん顧客はトータルで考えるので、会計の待ち時間が短くなるに越したことはない。
だけれど、そうするためには病院側にもリソースが必要で・・・要は「利益率が低いところに余力をさけない」ってところなのでしょう。

よって・・・会計は遅いままなのであります!!!

個人的には「クレカ後払い」みたいな制度を導入してくれてもいいのにな~って思うんですけどね。
受付時にクレカの登録をしておいて、診察が終わったらそのまま家に帰って・・・後日かかった費用分だけクレカに請求される・・・みたいな。

まぁ、これだと処方箋とかどうすんねん、みたいな話も出てきそうですが。。。(Eメール添付でいいんだけどね・・・)

なるべくなら早く帰りたい。。。

ちなみに、ホリエモンさんは以前、病院の待ち時間が嫌すぎて帰ったことがあるとかで・・・。
「悪いところを治して、有意義に使える時間を増やすために来ているのに、無駄な時間を取られている」ということが腑に落ちなかったみたいで、一貫してるなぁ!と感心しました。

でもほんと・・・そのとおりなのよね。
というか、体調悪くて悪くて、もうどうしようもないつって病院に来ている人が・・・そこで長い時間待たされるのって、、、健康な時の何倍も辛いわけですよ。
だったらもう早く家に帰って横になりたい、みたいな。

そう思うとこれも立派な「顧客満足度向上」だと思うんですけどね・・・。
やっぱ難しいのかな。

病院は特殊なビジネス?

なんか「病院は集客が必要ない特殊なビジネスである」みたいな話も見かけたんですが、そんなこともないと思うんですよね。
やっぱり「この病気になった時にはここの病院」みたいなのを思い浮かべることって普通にありえますし、そのためには病院側の広告宣伝っていうのを知らずに目にしてるんだろうと思いますし。

病院の評判を高めるためにお医者さんだって研究をしていたり、新しい医療機器を導入したりもしてるはずなんです。

そう考えたら会計の簡略化みたいなのも真剣に取り組んで然るべきだったりしませんかねえ・・・??

(でもお医者さんはいろいろ忙しいだろうから、ドクターと経営企画部は別にするとか・・・そういうのが必要なのかな??)

おわりに

・・・というわけで、病院の会計はなぜ遅いのか!?でした。

もちろん!!僕が病院経営をしているわけではないので、ネット上で拾った情報の寄せ集めにすぎませんが!!!!

さて・・・冒頭で書いたとおり最近妻が病院の事務で働くようになりまして、その裏側を教えて頂きました。

病院の会計が遅い理由・・・それは、「医療費の点数計算が複雑すぎる」というところに集約されるそうです。

なんでも「月初にコレをやった人はこれが適用できて〜・・・」とか、そういうあれこれがとにかく複雑に組み合わされて、本当に計算が大変なんだとか。
(これは病院の利益になる部分と、患者の特になる部分とがあるのだそう)

医療費の計算を複雑にしている要因は「二年ごとに医療費・点数計算の改訂が入る」というところにあるらしく、、、
本来であれば複雑な計算を簡略化できるシステムの導入などで回避できるものみたいなんですが、そこに(二年ごとのアップデートに)リソースを割いてしまうと病院の利益がままならなくなる・・・という感じだそうです。

・・・であればこそ、尚更、病院で待つのではなく家に帰ってからの請求にしてほしいなぁ!

おしまい。

   

 -

   

スポンサーリンク