ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

最近のGoogleの検索結果って、やっぱり変じゃない?

あのー、ずっと思ってたことなんですけど・・・
なんかちょっと前からGoogleの検索結果って「すごく変」じゃないですか??

特に医療系?がもうほとんど「検索エンジン」が機能してないっていうか・・・。
キーワードをどれだけ変えても同じような結果しか出てこないっていうか。

これ、「弱小アフィリエイターがロングテールキーワードでも稼げない」とか、そういう小さな話ではなくて。
もうちょっと大きな「Googleって必要ある?」っていう事にもなりかねないような気がしております。

・・・僕が心配するようなことじゃないけども!w

ただまぁ、いちユーザーとして感じたことをダラダラ綴らせていただきたく存じまする。

スポンサーリンク

欲しい情報が出てこないやないかーい!!

Googleは定期的に検索エンジンのアップデートをしていまして、記事執筆時点での最新のアップデートだと「公式である」とか「権威である」っていうのがかなり検索結果に尊重されるようになっているという話を聞きました。
(あくまで人から聞いた話なので、本当かどうかはわからんけど)

たしかに僕も使っていて、やけに「あたりさわりのない結果」ばかりが表示されるなーとは思ってたんですよね。

たとえば「なんか左目の下がピクピクするなぁ・・・」と思って「左目 ピクピク」とかで検索すると、目薬のメーカーやら眼下などのサイトがずらりと表示される、みたいな。

んで、そのサイトを見てみると「原因は〇〇、〇〇が考えられるけど、念のためお医者さんに診てもらうのが良いです」っていう。

なんか「お、おう・・・」って感じじゃないですか??
もちろん間違ったことは言ってないんだけれども。

病気なら病院に行くのは当たり前で・・・。
僕らはGoogleの検索結果に「それ以前」のことを求めていたと思うのです。

検索する楽しみが減っている

もし病院に行こうと思っているのなら、「自分が今いる地名」+「眼科」で調べるじゃないですか。
でも僕が欲しい情報はそこではなくて、もっとこう・・・「だいじょうぶやで」っていう意見だったり、民間療法みたいなのだったり・・・とりあえず色々な提案が聞きたかったわけです。

そう。
今まではそうやって、トップに表示されているサイトから順繰りと2ページ、3ページ先までの色んなサイトを見て、自分でいろいろ判断しながら「よし、やっぱ病院だな」ってなってたんですよ。

それが今は2ページ、3ページ先まで見てもほとんど同じ情報・・・というか!
下手したら「似たような検索結果は省いたで」つって1ページしか出てこないことも多々あって。

なんていうか・・・検索する醍醐味、楽しさみたいなのがなくなってきてるんじゃないかなと。

僕はGoogleが何秒も先を見てくれると思っていた・・・!

そもそもGoogle先生って、圧倒的なユーザー本位というのが理念だったと思うんです。
※勝手にワイがそう思ってただけかもしらんけど。

なんていうか「あなたはこれが欲しいんでしょ?」っていうのを適切に出してくれる検索エンジンで、そのためのアップデートが繰り返されている印象でした。

変な話、究極は「検索しなくてもGoogleを立ち上げただけで欲しい結果がすでに出てる」みたいな。
何秒も先を見越したサービスにどんどん近づいていたというか。

実際に今、そうなっている部分もあって。
たとえばAという事柄について調べている時に、関連するBという事柄について調べようと”思った”とき、検索のサジェストキーワードにBが出てくる、みたいな「えっ・・・脳の中見たん??」みたいな時もあるんですよ。
(美食探偵について調べた直後に「なかm・・・」ぐらいまで入力したら「中村倫也」って出てくる、みたいな!)

おそらくはこういうのがGoogle先生の望む未来なんですよ。
そう思ったら「病気の時は病院に行くのが一番!」なんていう、「検索するまでもない答え」が上位に出てくるのはどうなんだろうかと。。。

僕はそこが気に食わなかったのでありますw

Google先生も慈善事業じゃないわけで。

・・・ただまぁ、Google先生も慈善事業ではないわけで。
本来なら「1検索100円」みたいな、そういうレベルのことを無料でやってくれてるわけですからね~。文句言っちゃアカンのや。

検索結果にバイアスがかかってたとしても、それはもう「Google先生にも思うところがある」ってところだろうし。
それでお金が発生する何かもあるんだろうし、、、

でも・・・なぁ。

もし検索結果がつまらないものになってしまったら、「Googleでなくてもええやん」ってなりませんかね??
やっぱもうすでに「検索エンジンにGoogle以外はありえない」というレベルに達してしまったということなんでしょうか。

※医療系の検索結果だけで判断するような話ではないけどもw

おわりに

そんなことを思ったよーというお話でした。

まぁー・・・これも「自分にできることから目を背けて、より大きな問題に責任転嫁している」ってことに過ぎないのかもしれないけども。

国家公務員のボーナスに納得がいかない人の落としどころ

※↑「自分にできることから目を背けて、より大きな問題に責任転嫁している」という話はこちら。

でもなんか、なんかねえ。
Google使いづらくなったなーと思ってしまうタイミングが増えた気がするのであります。

だってGooの「いまトピ」とかが検索上位に来たりするのよ!?(突然のdis)
たしかに権威かもしれないけども・・・どうなのあれ。結構「釣りタイトル」多めだと思うんだけど、、、ユーザー本位なのかなぁ?

「釣りタイトル」で稼ぐアクセスはニュースサイト()にとって損失ではないのか?

そもそも「権威ならみんなが欲しい情報を持っている」っていうわけでもないよなぁ。

※ちなみに公式や権威が検索結果上位にまとまるのは「なんかあった時に責任が取れるから」ってことみたい。
無責任なアフィサイトが乱立してしまったのが問題なんだろうなーやっぱり。おしまい。

   

 -

   

スポンサーリンク

Comment

  1. あるあるw

    おいらは車のトラブルの症状など仕事上調べるんだけど
    当たり前のことしか検索したら書いてないし、
    「いやいやそんな基本的なこと聞いてるんじゃないんやし」
    ってのが当たり前、

    んで、下のほうにスクロールしていくと

    車買取ます!

    って最終的には買取業者のサイトってオチ。

    • kaketayo より:

      しょうちゃんさん

      コメントありがとうございます!

      ありますよね!?

      なんか「専門的なことは専門書を買え」ってことなのかもしれないけど、そうなってくるともうインターネットの利点ってのがほとんどなくなるんじゃないかと思ったり。

      買い取り業者さんのサイトでも公平に情報が書いてあれば別に問題ないんですけどね~。
      やっぱり僕はもっといろんな意見が見たいのじゃ。。。(そのために検索キーワードをあれこれ変えたりしてるんですけどねえ、、、)