ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

布袋寅泰の名盤「King & Queen」を20年ぶりぐらいに聴いた感想

 - 音楽の話題 , ,

      2018/12/12

Amazonプライムの音楽配信サービス、プライムミュージックを普段から活用しています。

今日みたら、なんと布袋寅泰さんの名盤「King & Queen」が追加されていました。

King & Queenと言えば、僕が布袋さんにどっぷりハマっていた高校生ぐらいの頃にリリースされたCD。
当時の僕にとっても大金だった3,000円を握りしめて、ワクワクしながらレコードショップへ駆けつけたのを覚えています。

そんな懐かしい気持ちが蘇ってきて、つい聴き入ってしまいました。
でも、やっぱり20年近く経ってるわけで・・・聴く方としても感じ方が違うものですね~。

というわけで、King & Queenの20年越しの感想を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

King & Queenの感想

King & Queenは1996年にリリースされたCDで、それまでの「GUITARHYTHM」というシリーズを事実上終了させたアルバムです。

前年の「サイバーシティは眠らない」という横浜アリーナでの公演でテンションが高まっていた僕ら当時のファンは、こぞって発売日に初回限定版を買いに走ったものです。
そして翌日の学校で「あの曲が良かった」「この曲も良かった」と興奮気味に語り合いました。

・・・うわめっちゃ懐かしいなぁw

さてさて、そんなKing & Queenは全13曲のアルバムでした。

1.RUNAWAY! JOHNNY!!!

King & Queenはなんと、1曲目から「ブライアンセッツァーとのセッション曲」というすごいアルバムだったんです。

当時まだ洋楽を聴くまでに成長していなかった僕は、ブライアンセッツァーってあんまりよく知らなかったんですよね。
一応音楽雑誌はよく読んでいたので、名前と顔ぐらいは知っていたけれど。

・・・今思えば激熱ですw

ブライアンセッツァーといえばネオロカビリーの雄。
布袋さんとは同年代で親交も深く、その後もよくセッションをしていますね。

個人的にはストレイキャッツも好きですけど、ブライアンセッツァーオーケストラ(以下BSO)のビッグバンド感が大好きです。

VABOOMとか超オススメ。

2.スリル

(たぶん)ファン公認のエガちゃん曲。

改めて聴くと、やっぱりカッコいいですね~!!
この曲のギターソロはめちゃくちゃ練習したので今でも弾けますw

シングルで発売された時のB面が「サイバーシティは眠らない」という曲でした。
あれは両A面だったなぁ!

3.TWO OF US

僕の中では、ボウイ時代の隠れた名曲を思わせるかのようなナンバーです。
っていうか、イントロがとてもHOTEI的な感じ。

シングル向きじゃないけれど、綺麗で素敵な曲。

なんかギタリズムとKing & Queenの中間的なイメージなのかなぁ。
ラグジュアリー&リゾート感もあって、すごくこのアルバムに似合っている感じがします。

4.King & Queen

アルバムのタイトルにもなっている曲。
ギターパート全てをセッツァーが弾いてるそうです。・・知らなかった。

そういわれてみると、BSOみたいなスウィング感がありますね~。めっちゃおしゃれ。

5.GHETTO BLASTER

未だにそらで歌えるぐらい覚えているんだけど、そこまで思い入れがなく書けません。
超有名な曲のイントロが間に組み込まれてる、ってぐらいw

6.BOYS BE AMBITIOUS

当時、僕の周りの布袋ファンたちは一晩このアルバムを一通り聴いて、翌日の学校で「一番よかったの、BOYS BE AMBITIOUSだよな!」と言ってましたw

おそらく、それまでのボウイとか布袋さんのビート感を一番感じられる曲だったからだと思うんだけど、大人になった今聴くと・・・やっぱり当時とは印象が違いますねえ。

7.命は燃やしつくすためのもの

シングルカットされたスローナンバー。
なんかGUITARHYTHM IVに入っててもおかしくない感じの曲だなと思います。

8.SPACE COWBOY

この頃の布袋さんのコンセプトだったのか、その後のツアー名になったインスト曲。
今聴くと、なんとなくだけど、タイトルと曲に「そういうことか」って思える何かがあります。

9.CAPTAIN ROCK

この曲もあんまり思い入れがなくて書けません。
クラップするとこが楽しかったな、ってぐらい。

10.ラストシーン

シングル曲。
当時、「新曲はラストシーンっていうらしい」という情報が先行して流れていて、僕らはめちゃくちゃ楽しみにしていました。
「ラストシーン、どんな曲なんだろう!?」って。

で、実際に発売されたらスローナンバーな曲でガッカリした覚えがあります。

でも今聴くと、なんとも切なくていい曲ですね~。

11.FULL MOON PARTY

前述の「サイバーシティは眠らない」という公演で初めて聴かせてもらった曲。
ライブですっごい盛り上がっていたので、アルバムで聴けるのがすっごく楽しみでした。

この曲のギターソロもブライアンセッツァーが弾いているんですが、やっぱりセッツァーの癖というか、それこそ途中でBSO聴いてるのかな!?って気にさせられて面白いです。

12.VELVET KISS

実はこれが一番想い入れが強い曲で、この曲について書きたくてこのレビューを書いたと言っても過言ではありませんw

インスト曲なんですが、すごく綺麗な音で、ひどくノスタルジックにさせられるメロディ。
僕はなぜかこの曲を聴くと、南国の夕暮れ時を思い浮かべるんですね。

そのせいか、家ではウクレレを使ってコピーしています。
(途中でフレットが足りなくなりますがw)

たしか布袋さんもパールゼマティスを使ってレコーディングしたとかでしたよね~。
当時どうしてもパールゼマティスが欲しいという想いがあったので、余計に想い入れが強いのかもしれません。

でも本当に素敵な曲なので、King & Queenを通しで聴けなくても、これだけは絶対に聴いてほしい。

20年経った今聴いてもやっぱり綺麗ですね。
なんか懐かしさとかいろいろこみあげてきて泣けてきちゃう。

13.DEAR MY LOVE

そして最後の最後で、またしても僕にとっては大して想い入れのない曲でしたwスマン!

でもこれ、マイケル・ケイメンとの共同プロデュース曲なんですね。
ケイメンといえば、アトランタ五輪の閉会式で布袋さんと関わった人です。これがきっかけだったのかな・・すごいな。

おわりに

20年ぶりに改めて聴き直してみて、やっぱり名盤だなと思えました。

とか言いながら大半は「想い入れがない」と書いてしまってますけどね!
・・が!特に書くようなことがないというだけで、全部全部歌えるぐらい聴き込んだ曲には違いないんです。

とても懐かしい気持ちにさせてもらいました。
ありがとう、アマゾンプライム。
ありがとうセンテンス・スプリング。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ