ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

カテゴライズを制す物がアフィリエイトを制す・・んじゃないかって話。

 - アフィリエイトで稼ぐ

      2016/02/12

「カテゴリー分け」って、すごく難しいです。

アフィリエイトをやっていると、よく「誰がターゲットなのか」がブレます。僕は。
なんでブレるのか?というと、カテゴリー分けが上手く行ってないからだと思いました。

逆を言えば、カテゴリーを上手に分ける事さえできれば、
そのカテゴリーに対してのマニアになる近道となり、マニアになれたら物は売れるわけです。

スポンサーリンク

カテゴリー分けで勘違いしていること

よく「ターゲットは誰ですか?」と言われると、
「30代女性です」とか言っちゃいます。

で、これって全然間違ってることじゃないんだけど、
そういうカテゴリーにくくってしまうと、僕らみたいな個人の手には負えなくなります。

簡単に言うと、ケーキが好きな30代女性もいれば、ケーキが嫌いな30代女性もいるということです。

大手はOK

個人の手には負えなくなる、と書いたとおり、
大手さんはそれをやっていいんです。

何故なら、資本力が違うから。人手もたくさんあるから。
だから逆に小さいカテゴリーに分けちゃうと、リソースが余っちゃうんです。

例えば雑誌を考えてみてください。
あなたが一度でも買った事がある雑誌って、中身の全ページがまるまる100%面白い内容だったでしょうか。

おそらくは、その中の数ページとか、数コンテンツ(特集)とかがハマっただけで、
残りの記事は惰性で読むか、最悪はパラパラっとめくって終わったかだと思います。

大手さんは、より多くの読者を得る為に、広いターゲットに向けた雑誌を作る必要があります。
そして広いターゲットに向けて宣伝を打っていく事ができるし、そもそも大手だという信頼があるので売れていきます。

個人の場合

個人の場合は、僕みたいに1人でやっている場合は特に、
情報を得るリソースも1人分、記事を書くリソースも1人分です。

より多くの人を満足させる情報を得て、それを記事として展開していくには敵(競合)が強すぎます。
同じフィールドで戦っちゃダメなんです。

だから、「30代女性」なんかでくくっちゃダメ。
そもそも30歳と39歳はもう興味も生活も別ですからね。

カテゴライズはもっと自由だと思う

じゃあどうやってカテゴライズするのかというと、
「ケーキには興味があるけれど、犬には興味がなくて、結婚には興味があるけれど、ファッションには興味がなくて・・・あっ、これってユウコじゃん!」みたいな。

特定の友達を想像したらわかりやすいんじゃないでしょうか。

その友達が200%満足するようなマガジンを作ってやる!って気持ちになると、
カテゴライズはもっと自由なんじゃないかと思えました。

もちろん人は一人一人違いますから、ユウコが興味ある事がエミも興味あるとは限りません。
でも、ユウコもエミも友達だし、共通する部分は近いんじゃないでしょうか。

categorize

例えば「30代女性」が気になるジャンルを「仕事、ペット、スイーツ、旅行、漫画、恋愛、ファッション、音楽」に分けた場合、
ユウコは「音楽、スイーツ、旅行、恋愛」に興味があって、
エミは「ペット、スイーツ、旅行、恋愛、ファッション」に興味があるとしたら、
3のジャンルがかぶる、みたいな。

そんなメディアを作ることができたら、旅行の広告や恋愛の広告が生きてくるはずです。

アフィリエイトの場合

僕は以前バストアップ関連グッズのサイトを作っていた際、
ターゲットは「胸を大きくしたい人」なんて考えていました。

だから記事の粒度もジャンルもバラバラ。
胸を大きくする事に関しては統一されているんだけど、サプリを紹介したりクリニックを紹介したりしていました。

でもターゲティング、カテゴライズはもうちょっと狭いはずなんですよね。

胸を大きくしたい人に向けた記事を100記事書くよりは、
「サプリを使ってでも楽に胸を大きくしたい人」に向けた記事を100記事書いた方が内容が濃くなりますし。

じゃあ「楽に胸を大きくしたい人」が他に興味を持つことは何?って考えたら、
「なんでラクしたいの?」ってところから想像つきやすいです。

でも単に「胸を大きくしたい人」だと、ちょっと絞り切れないかな・・と。

おわりに

最近自分でもこのブログのカテゴリーを見てて違和感を感じて、
「カテゴリーってもっと自由だよな!」と思ったところから、この考えに至りました。

もうちょっと上手に説明できると良かったんですが・・ちょっとよくわからないって方は、
もう一度雑誌の話を思い出してみてください。

あなたは、「30代男子向け雑誌」を読みたいのか、「あなた向け雑誌」を読みたいのか。

「30代男子はロレックスが好きだよね。あとSUVに乗りたいよね。子育て大変だよね。出世したいよね。」
なんて言われた時に、「そうそう!30代男子ってそうなんだよ!」って言えるのかどうか、みたいなところです。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ