ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

docomoのMicro SIMをnanoサイズにカットする際の注意点など

 - スマホ・タブレット

      2018/07/17

母が使ってきたスマホがそろそろダメになってきたというので、とりあえず”つなぎ”で使えればと思い僕が昔使っていたスマホを渡しました。

が、母のSIMはMicro SIMで、渡したスマホのスロットはnanoスロット。
当然SIMが挿せません。

そこで、母が契約しているMVNO事業者(docomo系)のウェブサイトを見ると、「MicroからnanoへのSIMカードサイズの変更は可能」とのこと。
ただし、「変更には手数料2,000円がかかる」そうで、さらには「新しいSIMを発送するタイミングで古いSIMが使えなくなる」らしく・・・ちょっと考えてしまったのです。

で、もうちょっと読み進めてみると、どうやらカードサイズの変更が出来ないタイプのSIMもあるようで、その場合には「SIMを小さくカットして使ってください」との一文を発見してしまいました。

そこでdocomo系格安SIMのカットにチャレンジした・・・というお話です。

スポンサーリンク

Micro SIMをnanoに切るんだぜ

SIMカードというのは基本的には貸与品です。
つまり、契約している事業者から借り受けているもの、ということ。

そのため本来は解約時に返却する必要がありますし、借りてるものなので勝手に切るなどはNG行為であるという点は先に断っておきます。

ただし、僕も今までにいくつかの回線契約を解約してきましたが、SIMの返却を求められたのはFreetel(楽天買収後)だけでした。
楽天買収前には「返却の必要なし」って書かれてたと思うんですけどね~・・・。

なので、あくまで貸与品となっていながらも、特に返却を求められない可能性が高いとも言えるでしょう。

※だからってOKと言ってるわけじゃないよ!

※ちなみに、もしも紛失したり壊してしまったりした場合にはSIMを再発行することになります。
たしか母が契約していたMVNOではその料金も2,000円とかだったと思います。

docomoのMicro SIMだけカット難易度が高いらしい

さて、さっそくSIMのカットに取り掛かりましょう。
SIMカッターを用意してバスン!と一発でくり抜くのが一般的です。

ただ、そこは「SIMカードサイズ変更手数料」をケチりたいと思ってる僕ですよ。
アナログにハサミでカットしていきます。

・・・以前ソフバンのSIMでも成功してるしね。

Softbankの銀SIM(標準SIM)をハサミでnano化した話。

よーし、じゃあ切るぞー・・・って思ったら、

なんか思てたんと違うー!!!

docomoのnano SIMとソフバンの元標準SIMは、チップ表面の金色部分が9分割(実際は6分割?)されているのに対し、docomo Micro SIMは上4つ、真ん中1つ、下4つ・・・みたいな部屋にわかれてます。

これ、このままSIMカッターでバスンとやったら、たぶん端子の触れる部分が違っちゃうので、うまくSIMを読み込んでくれないでしょう。

本体側の端子が金属部分に触れるように調節する

そこで、見事に使い込まれたラインの入っているソフバンのSIMを上に重ねて、どこで切るべきかガイドを作ることにしました。

勝手に部屋番号をふらせてもらいましたが、どうやらdocomoのMicro SIMの場合、左から3つがその他のnano SIMの上側3つと対応するような感じらしいんですね。

じゃあこんな感じで3つの部屋が合うようにカットすればいいんじゃないか・・・?って思ったら、これはNGでした。

というのも・・・

実はSIMって、こう見えて中身にチップが内蔵されてるんですよ。
だいたいこの黒で囲ったあたりぐらいに入ってます。

なので先程のように左から3つ(この画像だとしたから3つ)のところに揃えて切っちゃうと、チップ上端を切ることになるわけです。

チップってつまりはコンピューターなわけですから・・・物理的にカットされたらマズイんですよね。

なので・・・こんな感じにカットすることになります。

ポイントはソフバンSIM上に付けられた端子の痕・・・だいたい各部屋の中心あたりに引かれてる黒い線。
この線がdocomo Micro SIMの各絶縁部より少し左に入るあたりに合わせてあげることで、チップを傷つけずにSIMを小さくすることが出来るのです。

だいたいアタリを付けたらハサミで切って、ちょっとずつカッターで整えていけばOK。

これはソフバンの方のSIMですが、横から見た時に黒いチップが見えてなければ問題ないでしょう。
※ちょっとぐらいならチップが顔を出しても問題ないという噂も。

おわりに

こんな感じで小さくしてやることで、無事SIMフリー端末のnano SIMスロットに差し込むことが出来るようになりました。

SIMを挿したら、APN設定さえすれば普通に今まで通り使えます。
母はしばらく僕が渡したスマホを使ったらiPhoneに乗り換えるんだとか。

ちょっと前に記事にした通り、iPhoneも中古美品で十分っぽいですしね~。

最後になりましたが、SIMカットにつきましては自己責任でお願い致します。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ