ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジン

うるさい選挙宣伝カー(街宣車)をなくす方法!・・・を考えた

 -

   

衆議院議員選挙が始まるということで、昔ほどではないですが選挙の街宣カーが住宅街の静寂を破っております。

あれねー、みんな「迷惑だなぁ」って思ってますよね。
きっとやってる本人たちもそう思ってるんじゃあるまいか・・・?

非常に時代遅れなやり方だと僕は思うのですが・・・あ、でもそもそも選挙に行く人のターゲティングを考えると間違ってるとも言えないのかなぁ?

今日はそんな街宣カーを無くす方法を考えてみました。(考えただけ)

スポンサーリンク

街宣カーは「時代遅れ」である!!

正直、街宣カーを使ってワーワーアピールするのは時代遅れだと思ってます。

だってさぁ・・・もっと効率的な手段あるじゃん?
自分が何をやりたいのか、そのために何をしているのか、ちゃんと理解してもらうためにはあんな方法じゃ無理なわけですよ。

ただ「うるせーなぁ」と思われるか、脳天気な人に手を振ってもらえるか・・・それだけです。

政治に関心のある人・・・というか、自分から情報を得に行ける人にはあれじゃ届かないんですよ。
能動的な人にはマイナスの印象しかなく、あくまで受動的な人に強制的に名前を覚えさせる手段に他ならないと思うのです。

だが、それがいい(彼らにとっては)

ただ・・・違うんですよね。
冒頭で書いたとおり、能動的な人なんかは彼らのターゲットじゃないわけです。

世の中にはテレビなどからなんとなく情報を受け取っているだけの人というのも大勢いるわけで。
おそらく選挙に足繁く通っている高齢者たちの大半がそういう世代であり、言わばその人達こそが選挙立候補者にとってのターゲットなんだろうなと。

つまり、その時点でもう候補者さんたちに線を引かれてしまっているというか・・・僕なんかは蚊帳の外なわけです。

「もう君たちだけで仲良くやってんでしょ?じゃあ僕はいなくてもいいよね」みたいな疎外感をね。感じるわけですよ。
(ゆえに選挙から足が遠のく)

みんなで街宣カーなくそうぜ!

じゃあどうやったらあんな時代遅れな街宣カーがなくなるのか!?

僕はですね、「アレをやってないヤツに投票する」というのが僕らにできる唯一の方法かなと思うのです。

たとえば候補者が4人ぐらいいますでしょ?
そのうち、2人ぐらいはうるさい街宣車に出会う可能性があるとして、残り2人の方に投票する、と。

そういうのを繰り返していけば数年規模で「あれ・・・宣伝頑張ってないヤツの方が受かりやすい??」みたいなのが候補者たちにも浸透していくんじゃないでしょうか。

いきなりは無理でも徐々にね・・・。

でもそいつの政策がウンコだったらどうする!?

でも、投票するからには「やってきたこと、やりたいこと」が評価できる人にしたい・・・と思いますよね。

ただねえ・・・思うんです。
そもそもの話で、住宅街で昼間からあんなうるさいことやってる人を信用できますか!?って話じゃないですか。

真っ当な政策をうたってたとしても、国民の気持ちに寄り添えてないんだから・・・。

それに、何かを変えたい時にあれもこれも・・・って望むのはね、なんていうんでしたっけ?せーの!

二兎追うものは一兎も得ず

でしたね!
そういうわけなので、僕は「街宣カーで名前聞いたことがないヤツ」に投票したいと思います。

※駅前で誰も聞いてないのに一生懸命喋ってるのは(ちょっと迷惑だけど)好きにしたらいいと思う

おわりに

今朝、妻と話していたら「候補者って名前と顔ばっかり売ろうとしてて、誰が何をやってるのか全然わからん!!」と憤っていました。

うむ・・・似たもの夫婦よ、、、

妻はとりあえず行動を起こしたい!と、駅前でビラ配りしてた候補者の”ビラ”をもらってきて読み込んだそうです。

ただこれもさぁ・・・なんていうか、平等じゃないよね。
たまたま受け取れた人のヤツしか見ないしさ。

なんかもっと選挙の方法って見直されたらいいのになぁ・・・って思うんだけど、今の方法で当選した人たちがルールを作っていくんだから、変わるわけがないのよね。
僕も愚痴ってるだけだしさ!

そういう意味でも今の方法が通用しなくなって、候補者たちが「あれ??」ってなるような動きが必要なんじゃあるまいか。(と思った、というお話)

   

 -

   

スポンサーリンク