ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

ドキュメンタル シーズン2のエピソード1を観た感想。ルール改訂やメンバー変更に期待!

 - バラエティ・テレビ , ,

      2017/08/09

Amazonプライム独占コンテンツである「Hitoshi Matsumoto Presents ドキュメンタル」のシーズン2がいよいよスタートしました!

松ちゃんも実験的であると言っていたとおり、シーズン1の最後はかなりグダグダで、結局優勝者が決まらないという”ざんない”結果になってしまいましたが、それだけにシーズン2には期待をしていたというファンも多いのではないでしょうか。

結論から言えば、エピソード1を観た感想としては「シーズン2の結果からやっぱり目が離せないぞ!!」といった感じでした。
というのも、メンバーの入れ替え、若干のルール改訂にかなり期待できそうだからです。

スポンサーリンク

ドキュメンタルシーズン2への期待

ドキュメンタルは密室に集められた10人の芸人さんたちが互いに笑わせあい、残った1人が1000万円を手に出来るという新しいお笑いのコンテスト(のようなもの)です。

他のお笑いコンテストと違う点は、賞金の1000万円は10人の芸人さんが100万円ずつ持ち寄ったものである点、予選などから勝ち上がってきた人たちによる試合ではなく、主催側からの招待制である点、勝ち負けのジャッジをするのが松ちゃんただ一人である点など。

お笑い芸人さんたちからすればダウンタウンの松ちゃんなんて尊敬しないわけがないぐらいの人ですし、その人が「一番面白い人を単純に決めよう」と企画したタイトルにチャレンジせずにはいられないんじゃないかと思います。(100万円を用意できるなら、だけどw)

さて、シーズン1では残念ながら優勝者が出ませんでしたが、シーズン2では若干のルール改訂とメンバー変更があり、個人的にはかなり期待しています。

若干のルール変更

シーズン1を観たほとんどの人が感じた「攻めていった人への得点がない」というルールが早速改訂されました。
要するに、「笑いはしないけど、なにもしない」という人が優勝するというのを回避できるルールになったわけですね。

前作では仕掛けた人が軒並み「仕掛けていった人」が散ってしまって、最後が泥仕合になってしまったわけで、今回はそうならないようにポイント制にするということでした。
これがどういう感じになるのか、エピソード1の時点ではまだなんともわかりませんが、みんながどんどん仕掛けていってくれるんだと思ったら期待せずにはいられないです。

参加メンバーの変更

前作は吉本の芸人さんしか出なかったのに対して、今回は吉本外の芸人さんも名を連ねていました。
シーズン2の参加者は以下の10人。

  • ジミー大西
  • 藤本敏史(FUJIWARA)
  • 宮川大輔
  • 日村勇紀(バナナマン)- ホリプロ
  • 児島一哉(アンジャッシュ)- 人力舎
  • 小峠英二(バイきんぐ)- SMA NEET Project
  • 大島美幸(森三中)
  • 吉村崇(平成ノブシコブシ)
  • 津田篤宏(ダイアン)
  • 斉藤慎二(ジャングルポケット)

結構ゲラな人たちが揃ったなといった感じw

バイきんぐって吉本じゃなかったのか・・・今知りました。

決して「吉本だけ」じゃダメだったのかというと、そんなことはないと思いますが、事務所の垣根をなくして参加できるようになったということは今後もっと面白くなる可能性を秘めているんじゃないかと。
その第一歩目として吉本外の芸人さんたちがどんな爪痕を残してくれるのか・・・楽しみです。

イエローカードは健在

シーズン1で「緊張感を欠く」と思われたイエローカードシステムは、若干ルールが厳しくなったとはいえ残されていました。

でもこれ、シーズン1では要らないと思っていたけれど、やっぱり必要ですね。

というのも、これがなかったら開始早々ジミーちゃんが退場になってたわけだしw

あくまで「ガチの喧嘩」ではなく「エンターテインメント」なんだと思えば、こういう処置は必要なんだなと。
僕らが見たいのは本当に「誰が一番面白いのか」ではなくて、「面白い1時間(×4回)」に他ならないわけです。

それもドキュメンタルが他のお笑いコンテストとか格闘技とは違うところなんだなと思います。

おわりに

というわけで、ドキュメンタルシーズン2、エピソード1の感想でした。

前回もそうでしたがエピソード1はとりあえず大会システムの説明と、参加者たちの紹介にとどまってしまったので、まだ試合はほとんど進んでいません。
次の水曜がめちゃくちゃ楽しみです。

Amazonはこのところマーケットプレイスで不正を働く人たちのせいで窮地に立たされていますが、そんな悪評も吹っ飛ぶぐらいの面白いコンテンツになるといいなーと思いますね。
松ちゃん曰く「チンチン出しても許される」スポンサーさんらしいのでw

 

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です