ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

2018年ハッピーセットトミカ始まる。ラインナップと詳細についてレビュー

 - ミニカー

   

マクドナルドのハッピーセットトミカ、2018年もスタートしました!!

毎年のことなのに、そして厳密にはトミカとは違うのに、なぜかワクワクしてしまい・・・早速一個ゲットです。

というわけで、ラインナップと詳細について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハッピーセットトミカ2018のラインナップ

ハッピーセットトミカは例年8種類のラインナップです。
今年も例外ではありません。

今年のラインナップは以下8種。

  • モリタ CD-I型 ポンプ消防車
  • 日産 フェアレディ Z NISMO パトロールカー
  • 日野プロフィア マクドナルド トラック
  • コベルコ ラフテレーンクレーン パンサー X 250
  • ホンダ NSX
  • SUBARU BRZ
  • トヨタ 2000GT
  • ランチア ストラトス HF ラリー

すごいですね~。
子供用のセットについてくるおもちゃでトヨタ2000GTとか・・・オジサンホイホイとしか思えません!!

この前半4種(はたらくクルマ)が4月13日(今日)から26日までの2週間。
後半4種(スポーツカー)が4月27日から5月10日までの2週間。

そして5月11日からは全8種類が「おもちゃがなくなるまで」続くとのこと。

アタリは「日野プロフィア マクドナルド トラック」ですかね~。

ちょっと一つずつ見ていきましょう。

モリタ CD-I型 ポンプ消防車

トミカシリーズNo.41のモリタ CD-I型 ポンプ消防車。

ギミックは赤色灯の点灯です。(回転や点滅はなく、あくまで点灯っぽい)

これ・・・なかなか仕上がりが上質そうですね~。
特に車体後部のホース、ハシゴが塗り分けられている点、器具類がシールで細かく再現される点で、ちょっとクオリティが高く感じられそう。

今回のラインナップで唯一ライトが光るモデルなので子供人気も高そうです。
※うちの息子はこれが一番欲しかった模様。

日産 フェアレディZ NISMO パトロールカー

トミカシリーズNo.61の日産 フェアレディZ NISMO パトロールカー。

ギミックは「ドアが開く」というもの。
※ドアは片方を開くと連動してもう片方も開きます。

実際に警視庁高速隊に導入されている車種なんですよねこれ。
NISMOってたしか日産のワークスチームなので・・・すっごいハイパフォーマンスなZってことだと思うんです。

高速で出会いたくない感じですね~。

ドアが開くギミックのおかげで、8車種の中で唯一、車内まで作りこまれているモデルと言えそうですね。

日野プロフィア マクドナルド トラック

僕が今回のアタリアイテムかなーと思っているのはこれ。
日野プロフィア マクドナルド トラック。

トミカシリーズではNo.77に日野プロフィアがありますが、あっちは日通トラックなんですよ。

トミカ「No.77 日野プロフィア 日本通運トラック」のギミックなどレビュー

で、こっちはマクドナルド仕様なわけで・・・今回唯一のオリジナルアイテムです。
昨年でいうところのハチロクみたいなもんですね。

ギミックは「コンテナが開くよ!」と「さらにコンテナが取り外せるよ!」でした。

実物のトミカの方はコンテナの両ウィングが開きますが、ハッピーセットトミカバージョンは片方だけ。
でもそのぶんコンテナそのものを取り外せるという楽しい仕様に!!

第一弾および第三弾の合計3週間の間に運よくゲットできたらいいなぁ。

コベルコ ラフテレーンクレーン パンサーX 250

トミカシリーズNo.73のコベルコ ラフテレーンクレーン パンサーX 250。

ギミックは「ブームが伸びるよ!」と「うえの部分がまわるよ!」というもの。

ブームっていうのは・・・クレーンの先端のところを言うみたいですね。

はたらく車としてはこれが一番ギミック的に面白そうだな~と思いました。

ホイールも通常トミカ風ではなく・・・なんか良さげ。

カラーリングは実際にはもう少し青っぽいんじゃないかな~??と思ったり。

ホンダ NSX

トミカシリーズNo.43のホンダNSX。

ギミックは「ルーフのスイッチを押すと、トランクが開くよ!」とのこと。

2016年式のNSXでエンジンがミッドシップなので・・・開いたハッチからはエンジンが覗けそう。

赤いボディがかっこいいね!(公式動画より)

SUBARU BRZ

トミカシリーズNo.6にラインナップされているSUBARU BRZ。

ギミックは、車体底部のスイッチ切り替えによってタイヤの向きを変えられる・・・というもの!

個人的にはこれは結構いい気がします。
3インチミニカーとかだと写真撮影する時に必ずタイヤが真っすぐで味気なかったので。

・・・でもまぁいちいちスイッチを切り替えると思ったら面倒かなw

トヨタ 2000GT

これは・・・通常のトミカシリーズにないな~と思ったら、AEON限定で発売されたものですね。
往年の名車、トヨタ2000GTです。

大きなおともだちたちはむしろこれをゲットするためにハッピーセットを買い漁るのではないでしょうか・・・。

ギミックはボンネットが開くよ!です。

もうお手本のようなロングノーズ・ショートデッキスタイルのスポーツカー。
黄色いボディも美しそうだし、なんだか僕もこれが欲しくなってきた・・・。

ランチア ストラトス HF ラリー

トミカプレミアムNo.19のランチア ストラトス HF ラリー。

これもなかなかのオジサンホイホイですね~・・・。渋すぎ。

ギミックもラリーカーならではの「サスペンション」です。
しっかりと効いてくれそうw

ホイールが星型の5スポークもので・・・本物のトミカをよく再現しているなーと思います。

ハッピーセットトミカってどんななの?

それでは、簡単なレビューと共に「ハッピーセットトミカとは!?」といった部分を解説したいと思います。

ハッピーセットトミカはマクドナルドのハッピーセットにオマケとしてついてくる、マクドナルドオリジナルのミニカーです。

トミカとのコラボキャンペーンで、子供からしてみたら「大好きなマクドナルドで大好きなトミカが貰える」という夢のような期間。
だいたい毎年4月ぐらいに開催されています。

いくらで買えるの!?

ハッピーセットの価格は460円から。
460円でハンバーガー類またはナゲット、パンケーキといったメインに、ポテトまたはスイートコーンのサイドメニュー、Sサイズドリンク各種におもちゃが付きます。
※ナゲットのセットは500円。

僕はこれでも相当「安い!」と感じるんですが・・・もうちょっと安かったら嬉しいですよね。

実はマクドナルドのアプリをダウンロードしておくことで、だいたい毎日390円で買えるクーポンが配信されるので・・・これを活用するのがオススメ。

大人でも恥ずかしくなく買えるの??

ハッピーセットは子供向け番組のCMとかに使われるなど、子供をターゲットにした商品であることに違いはありません。

・・・が!!
多くの「おこさまランチ」とは違って、大人がオーダーしても許される商品なんです。

そして、玩具のラインナップを見ても・・・ちびっこだけをターゲットにしているようには思えません。
つまり大人が買いに来ることをマクドナルド側も歓迎している・・・ハズですw

現に僕が一人で買いに行って「ハッピーセットを1つ」といっても(ファストフードなので)嫌な顔一つされませんし。
大人が安心して買える商品ということになります。

※ただし!!他の人の迷惑になるような買い方だけはやめましょうねー。大人なんだから。

中身は選べるの?

ハッピーセットトミカは中身を選ぶことができません。
冒頭の写真のように、フィルムのようなものに密封された中に入っており、店員さんもわからない状態で渡しています。

おそらく選べてしまうと人気のアイテムに偏りが出て、最終的に不人気アイテムだけが余り、不良在庫を捌けないままにキャンペーンが終わるからじゃないでしょうか。

実際には袋の裏面にある記号によって識別は可能なのですが、一般的には店員さんに懇願しても選ぶことはできないようになっています。

なので、8種類全種揃えるためにはかなりの数のダブリを覚悟しなければならないでしょう。

トミカなの?

これはかなり難しいところで・・・「これをトミカと呼ぶのならトミカなんだろう。タカラトミー(とマック)ん中ではな」と言いますか・・・。

外箱なんかはかなりトミカの本物を模していていい感じです。
でも・・・

これぐらい大きさに差があるんですよ。

ガワが大きければ、そりゃ中身も大きいわけで・・・。

こんな感じです。
※同じ車種じゃないので比較にならないかもしれませんが、手前のランボルギーニ・レヴェントンよりも後ろのロータス・エキシージの方が本来は小さいハズ・・・といえばそのサイズ差がわかりやすいのではないでしょうか。

事実、3歳半ぐらいになった僕の息子は今回のハッピーセットトミカを手にした際に・・・

「おっきいじゃん!小さいのが良かったー」と言ってましたのでね。。
子供の中でも「トミカじゃないじゃん!」みたいな感じだったのかなとw

もしかしたらもっと小さな子供が手にすることを意識して、あえて大きなアイテムとして展開させているのかもしれませんね~。

2018年ハッピーセットトミカのZ

百聞は一見に如かず・・・といったわけで、我が家で貰って来た2018年モデルのストックカーがこちらです。

・・・あれ!?見本と全然違うじゃん!!

って思いますよね。
これが、ハッピーセットトミカなんです。

パーツごとの色分けや、塗装なんかは最低限のみ施されているだけで、あとはシールでそれを補っていくという仕様。

それを知った上で、上記のラインナップをもう一度見てみると結構面白いです。
NSXの特徴的なサイドインテークとか、シールで再現されてますからね・・・!

そして、オールプラ製なので・・・なかなかチープ。

大人だったら「ここからどう本格的に仕上げていくか・・・!?」みたいなのを楽しむベース車両としてはかなりいいかもしれません。
プラだから加工もしやすいし。

息子がシールを貼って仕上げた最終形態がこちら。
※ドア付近はあまりにヘタクソに貼ってしまうとギミック(ドア開閉)が使えなくなるため、大人が手伝いましたw

おわりに

というわけで、2018年のハッピーセットトミカについてでした。

期間は上でも書いたとおり、前半4種(はたらくクルマ)が4月13日から26日までの2週間。
後半4種(スポーツカー)が4月27日から5月10日までの2週間。
5月11日からは全8種類が「おもちゃがなくなるまで」です。

第一弾および第二弾があまりにも人気だった場合、第三弾は早期終了もありえるということ。
そう思うと、欲しいアイテムがある場合にはそれぞれ第一弾または第二弾のうちにゲットしておく方がいいと思います。

また、4月14日、15日の2日間のみオリジナルのDVDが配布されるので、この機会に行くとさらにお得。
例年通りならDVDにはトミカチケットがついていて・・・何かしらのオリジナルトミカを買う権利が貰えるハズ・・・(確信はない)。

・・・これは明日また行くしか。。。

2017年のハッピーセットトミカがスタート!マクドナルド仕様のハチロクなど熱い展開!

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ