ブログが書けたよ!

自分がやってきたことだけなんでも書く、ジャンルむちゃくちゃマガジンx

タラちゃんの足音に学ぶSEとBGMの違いについて。

 - 日記

      2016/07/28

印象的な音が鳴るアニメといえば、僕はサザエさんを思い出します。

特にタラちゃんが歩くときの音は奇っ怪そのもの。
普通人間が歩くとザッザッという衣擦れの音か、ドスドスという足踏みの音が鳴るはずですが、彼に至っては「ティロリロリン」というおよそ人間離れした足音がしています。

で、ふと「あれってBGMっていうんだっけ、いやSEだったかな」と思い、
僕の他に悩む人がいるかもしれないのでまとめました。

いなかったとしても自己満で書いておきます。

スポンサーリンク

BGMとSEの違い

もう名前からして違うわけですが、BGMは「BACK GROUND MUSIC」のこと。
つまり背景で鳴っている”音楽”ですね。

サザエさんで言うと、「テロレロレン テロレロレン テロレロレッレッレーン♪」ってヤツとか。
カツオが「ネエサンだってあの時ーーー」とか言って入る回想シーンでの「ツッテーン ツッツテーン」ってヤツとか。

要するにそのシーンになんとなく合っている音楽で、実際に普段生活している分には鳴ってない音です。

対してSEは「SOUND EFFECT」。効果”音”のこと。

例えば漫画などで人を殴るシーンでは「バキィッ」とか鳴ったりします。
たまに「ギャアアアーーン」みたいな謎の効果音もありますが、どちらかというとその時の行動をよりわかりやすく表すのに効果的な音と言った感じです。

これは実際の生活でも鳴っている音ですね。

言葉では「音楽」か「音」かという違い、
使いドコロでは「実際の生活で鳴っているかどうか」という違いがありそうです。

おわりに

ただ、例えば「バキィッ」なんて音は、実際に殴られた殴った事がある人なら「そんな音はしない」ってわかるじゃないですか。
本当はもっとこう、重い「ゴッ」って音ですよね。

でもそれをわかりやすく表したのが「バキィッ」であり、効果音というのは「リアルな音である必要はない」のかもしれません。

だからタラちゃんの足音も、「ティロリロリン」という、なんとなく軽快に歩いてそうな音が使われたんじゃないですかね。
実際にあれぐらいの年齢の子だったら大人よりうるさい足音で歩くはずですからね。

というわけで、なんとなくBGMとSEの違いについてでした。
あってるかどうかはわかりません。

スポンサーリンク
この記事が少しでもお役に立てたらシェアして頂けると嬉しいです。

  こちらの記事もおすすめ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です